北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢城 鼠多門・鼠多橋復元工事 2016.10

20161022_0088 
現在、金沢城 鼠多門・鼠多橋復元工事に向けての発掘・調査が行われています。
 
 
 

◆概要


 
nezumi.jpg 
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/chiji/kisya/h28_1_4/03.html より引用)
 
鼠多門の特徴
・金沢城三御門(石川門・河北門・橋爪門)とは異なり、連続した石垣内に扉がある
・石垣の上に、威容を誇る2層2階の櫓が建つ
・三御門の枡形門とは異なる単体の門
 
また、明治時代に陸軍が石垣をふさいだため、藩政期の城の入り口で唯一閉ざされていた門(付近のいもり坂は陸軍が整備した道路なので藩政期には無かった)でもあります。復活すれば、約130年ぶりとなります。
 
鼠多橋
・金谷出丸(現在の尾山神社)と玉泉院丸を結んでいた橋。
・当初は尾山神社裏の、現在道路になっているあたりにお堀があり、橋を架ける必要があった。
 
復元整備の意義
・城外周部の市街地に面した建物、魅力ある城下町の景観の創出。
・「加賀藩ゆかりの歴史的回遊ルート」が明確となり、金沢城のシンボル性がより高まる。
・伝統的建造技術の継承、石川の匠の技の発信
 
 
kaiyuusei.jpg 
鼠多門、鼠多橋が完成すると、尾山神社から玉泉院丸庭園が一直線で結ばれるため、回遊性が大幅に向上し、長町武家屋敷→尾山神社→鼠多橋→玉泉院丸庭園→金沢城公園→石川橋→兼六園と、加賀藩ゆかりのスポットが線で結ばれることになります。

 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0089
尾山神社側から見た現在の鼠多門の様子です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0090
発掘調査が現在も続いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0091
尾山神社側でも発掘調査が行われていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0092
この辺りから、鼠多橋が伸びることとなっているようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0094
現在道路となっているところにはかつてお堀がありました。
左側が尾山神社で、右側が金沢城となります。
 
 
 
 

イメージしにくいので、書き込んでみました!


 
20161022_0094-2
非常に雑で申し訳ないです…
右側が鼠多門で、そこから尾山神社を結ぶ、鼠多橋が架かっているイメージです。
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0138
続いては玉泉院丸庭園からの様子です。
発掘調査が続いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0139

予定では新年度(平成29年度)に着工し、2021年(平成33年)完成予定を目指しているそうです。
 
 
復元計画は通常の建築物と違い、埋蔵文化財調査や資料から忠実に再現するため時間がかかりますが、完成すれば、金沢城の入口としてさらに魅力が高まりそうです。








◆過去記事


金沢城 鼠多門・鼠多橋復元工事 2015.10
金沢城 鼠多門・鼠多橋復元工事 2015.7

スポンサーサイト

金沢城・鶴の丸休憩所 再整備工事 2016.10

20161022_0183
金沢城・鶴の丸休憩所 再整備工事は、平成13年の全国都市緑化フェアの際に休憩所として暫定的に整備された鶴の丸休憩所が老朽化していることに伴う再整備工事で、現在、「金沢城第Ⅲ期整備計画」の主要事業の一つとして建設が進んでいます。
 
 
 
 
 
 
完成イメージ図・平面図

turunomaru_1
 
 
turunomaru_2
 
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kouen/siro/turunomaru/documents/ichizu_hp.pdf より引用)


完成イメージと平面図です。
金沢城の菱櫓や五十間長屋が見える側がガラス張りになり、屋外にはテラスも設けられます。
休憩スペースにはテーブルと椅子が配置されるようですね。
また、従来通り、案内・展示スペースも設けられます。
 
休憩所には新たに「飲食コーナー」が設けられ、金沢市内を中心にカフェやレストランを展開する「メープルハウス」が出店することが決定しました!
メープルハウスは、金沢21世紀美術館内にもカフェ・レストラン「フュージョン21」を出店しています。
20161022lr_0352
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0160 
現在の様子です。
基礎工事が進んでおり、15年間存在した鶴の丸休憩所前の池は埋立てられたようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0172
近づいてみると、フェンスで見えない状態でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0174
園路に沿って工事用フェンスが並んでいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0176

フェンスの隙間から撮影した様子です。
休憩施設が完成すると、このようなアングルで金沢城が見えるのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 


金沢城公園の変遷


現在、金沢城公園の紹介スペースがないため、フェンスに、金沢城公園の変遷が書かれたパネルが並んでいました。
 
20161022_0180

江戸時代前期は「鶴之御丸」と書かれています。
建物はあまりなく、井戸が点在しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0179
江戸後期になると「鶴之丸」になり、辰巳用水の流路も変形しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0178
明治になると、金沢城一帯は陸軍の用地になります。
歩兵第七聯隊の兵舎の一部となっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0177
戦後は金沢城一帯が金沢大学となります。
教育学部があった敷地の一部となりました。
 
 
そして、金沢大学が角間へ移転後に、金沢城公園鶴の丸園地として整備されました。
加賀藩→陸軍(国)→金沢大学→石川県 と、400年間、金沢城の敷地が分割されずに、残ってきたことが金沢城公園の整備に大きく貢献しています。
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0182
最後は余談になりましたが、鶴の丸休憩所の再整備工事は来年春まで行われ、2017年春に供用される予定です。
 
 
 
 
◆過去記事
金沢城・鶴の丸休憩所再整備(解体前の様子) 2016.6

金沢城鶴の丸園地の休憩所が建て替えへ!

金沢21世紀美術館周辺環境整備工事 2016.10

 marumarumaru.png
現在、金沢21世紀美術館では開館10周年記念オブジェ「まる」の設置準備が進んでいます。
 
 
 
 
 

◆過去記事


金沢21世紀美術館周辺環境整備工事 2016.9
金沢21世紀美術館周辺環境整備工事 2016.8
金沢21世紀美術館周辺環境整備工事が行われています。2016.2
金沢21世紀美術館 駐輪場移設工事が行われています 2015.10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0198
フェンスが外され、仮囲いのみとなっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022lr_0199
既に、全体が完成しているようでした。
地面には細い物体が突き刺さっているようなデザインですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022_0200.jpg 
遊歩道とも接続されるようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022_0201.jpg 
完成すると、どうやって撮影者が写らないように撮影するか、考えてしまうほど美しい鏡面加工です(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022_0203.jpg 
金沢21世紀美術館地下駐車場入り口から見た様子です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022_0202.jpg

写真左側には「まる」が反射しています。
 
一般に供用されるのは金沢21世紀美術館の開館日の10月9日かと思ってましたが、過ぎてしまったので、早ければ文化の日あたりに公開されそうですね。

全館開業直前!香林坊東急スクエア の工事の様子! 2016.10

20161022lr_0210.jpg  
香林坊東急スクエアは2016年10月28日に秋のリニューアルと題して、実質的な全面開業を行うことに伴い、現在も工事が続いています。
 
 

今回オープンするテナントは?


 
今回オープンするテナントは6店です!
・東急ハンズ
・GOODNESS
・MOMI&TOY’S
・金沢玉寿司
・きものレンタルwargo
・保険見直し本舗
 
店舗の詳細や概要は、以前書いたこちらの記事に詳しく書いてあります。
香林坊東急スクエアは2016年10月28日に全面開業へ!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


東急ハンズの看板がお目見え!!


20161022_0204
工事の様子を見ていきます。
工事自体は最終段階に入っており、ファサードから見ていくと、ついに東急ハンズの看板が金沢の地にお目見えしました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0205
まだ明かりはついてなかったものの、緑色の「TOKYU HANDS」の文字が!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0216
GFの入口の看板は既に点灯されていました!!
東急ハンズの看板が設置されるだけで、一気に都会になった雰囲気です。
同時に東急ハンズ金沢店10月28日オープンのポスターも掲げられています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022lr_0258
せせらぎ通り側をパシャリ。
居酒屋やオシャレな雑貨屋からバルまで並ぶせせらぎ通りの入口に東急ハンズの看板があります。(写真右側)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0221
こちらは、香林坊交差点側のGF入口の様子です。
この入り口には「香林坊東急スクエア」の看板が無く「東急ハンズ」の看板のみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0224

こちらは、香林坊パセオ(地下道)側からのGF入り口です。
香林坊パセオを香林坊東急スクエア側へ歩いていくと、巨大な東急ハンズの看板が目に入ってきます!
 
東急ハンズの看板の隣に扉があるので、地下道直結で東急ハンズの店舗内に入れるようになりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0232

せせらぎ通り側からのGF入り口です。
こちらは、「香林坊東急スクエア」、「東急ハンズ」の看板が横並びで表記されています。
 
香林坊東急スクエアの看板の下にはとろけるクレープの「MOMI&TOY’S」がオープンします!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開店直前!東急ハンズ金沢店の様子


20161022_0222
ガラス張りの扉の隙間から撮影しました。
内部は既に商品が陳列済みです。手帳等がたくさん並んでいるのが見えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0234
せせらぎ通り側のGF入口から入ると東急ハンズ一色でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0237
香林坊交差点側のGF入口に貼ってあったポスターがありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0236

英語表記のオシャレなポスターも!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0235
そして、フロアガイドもありました!!
せせらぎ通り側入口を入るとすぐに、傘・レインウェア売り場があるようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161022_0238
GFの通路は東急ハンズのど真ん中を通る形になっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その他の様子


20161022_0233
先ほども少し紹介したように、せせらぎ通り側入口にはとろけるクレープの「MOMI&TOY’S」が出店します。
ガラス張りの店舗がありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022_0229.jpg 
せせらぎ通り沿いの様子です。
写真中央の擦りガラスとなっている部分に「きものレンタルwargo」が出店します!
きものレンタルwargoはてっきりダイソー跡に入るものだと思っていたので意外でした(笑)
 
 
写真左側の防音壁に覆われている部分には「金澤玉寿司」が出店します!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022lr_0228.jpg 
せせらぎ通り沿いは植栽され、雰囲気もかなり良くなり、通行量も確実に増えました!!
東急さんのチカラはすごいですね・・・!
全館開業後はさらに増えるものだと思われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022_0231.jpg 
ダイソー跡地はシャッターが降りています。
周辺の整備は進んでいますが、10月28日の全館開業には間に合わないみたいです。
…となると、ダイソー跡地は敷地面積も大きいので話題性のあるテナントに期待です。
 
 
 
 
 
 
 
 

生まれ変わった香林坊東急スクエアの夜の様子


 20161022lr_0219.jpg


正面入り口の様子です。
入り口にも多くの植栽がされ、現代らしさがあるオシャレなエントランスとなりました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022lr_0260.jpg 
百万石通り側の様子です。
ユナイテッドアローズの大型店が通りに面している光景は、都会的な雰囲気を演出しています。
暖色系の照明でとてもきらびやかで、北陸の商業の中心地である香林坊にふさわしい上質な空間となっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 20161022_0230.jpg

いかがでしたか?
 
香林坊東急スクエアの全館開業は、2016年10月28日です!!
 
また、開業した際はレポートしたいと思っています!!
 
 
 
 
 
 

◆参考記事


香林坊東急スクエア 全館改装工事 2016.9

香林坊東急スクエア 全館改装工事 2016.8
金沢・香林坊に東急ハンズが出店へ!!
【大特集】香林坊東急スクエアが開業!館内レポート!2016.5
【特集】香林坊東急スクエア の開業まとめ ~109から東急スクエアへ~

隠れたモダン建築 旧黒部市庁舎

20161007_1_0991
旧黒部市役所黒部庁舎 は、1951年(昭和26年)に建設された庁舎です。
黒部市役所が2015年10月13日から新庁舎に移転したため、間もなく解体工事が行われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0993
向かって右側が旧館(1951年築)、左側が新館(1964年築)となっています。
旧館の部分は黒部市となる前の桜井町役場として建設されたもので、昭和の大合併前の庁舎がつい最近まで現役で使用されていた事例は珍しいのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0994
正面からの様子です。
スクラッチタイルが施され、モダンかつ堅牢な建築は、大正12年築の旧石川県庁舎にも似ています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0995-2

エントランス付近の様子です。
設計者等は不明ですが戦後の庁舎建築にモダンさも取り入れたオリジナルとなっている点が素晴らしいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0999
黒部庁舎裏側の様子です。裏側はシンプルにコンクリート造りの建築が見えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_1000-2

こうやってみるとこちらも解体される前の旧石川県庁舎もこんな感じだったなぁとしみじみ。
縦のストライプが強調されたファサードはいかにも堅牢な感じがして好きです。
2階のカーテンがある部分は市長室でしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_1005-2
再び正面に戻ってきました。
戦前に建築されたものではないものの、スクラッチタイルをあしらい、シンメトリーの建築は美しいですね。
富山第一銀行旧本店ビル(1951年築)を見ても分かるように、戦後5~6年の建築はまだ戦前の意匠を引き継いだ建築が目立つ点が興味深いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_1006-2
撮影日は澄んだ青空で、庁舎がとても美しく映え、夢中になり、何枚もパシャパシャ撮っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_1006
モノクロも良かったので、載せておきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_1008-2
旧黒部市庁舎はモダン建築散策サイトや全国の建築散策サイトにも掲載されておらず、今後、解体も予定されているため訪れるなら今のうちです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_1010
建物は解体予定で、跡地は図書館にする方向で検討が進められているようです。
 
旧石川県庁舎がしいのき迎賓館になったように、一部活用しても面白いと思いますが…。
 
 
 
旧黒部市庁舎は今回の黒部取材の目玉の一つでした。
 
興味を持った方はなるべくお早めに訪れた方が良いかもしれません。
 
 
 

◆参考記事


レトロ駅探訪・・・富山地方鉄道東三日市駅

香林坊東急スクエアは2016年10月28日に全面開業へ!!

20160809_0870
香林坊東急スクエアは2016年10月28日に秋のリニューアルと題して、実質的な全面開業をすることが明らかになりました!
 


2016年9月24日 公開
2016年10月20日 一部加筆 しました。

   
 
 
 
cname_20160915204624
10月28日(金)NEW SHOP OPEN!!
「香林坊東急スクエア」が、2016年10月28日(金)に秋のリニューアルを実施致します。
今回のリニューアルは、4月28日に「香林坊東急スクエア」として開業後、第二弾のリニューアルとなり、
北陸初出店の「東急ハンズ」がオープン致します。
 
(香林坊東急スクエア 公式サイト より引用)

 
 
 
 
 
 
 

新たにオープンするテナントは?


今回新たにオープンするテナントは現在発表済みのもので、4店です。 6店です。(2016年10月20日加筆)
・東急ハンズ 
・GOODNESS 
・MOMI&TOY’S 
・金沢玉寿司
きものレンタルwargo
保険見直し本舗
 

東急ハンズ


今回新たにオープンするテナントの目玉は、東急ハンズ です!
20161028_kanazawa-thumb-800x451-165976
(画像:北陸に初めてのハンズがオープン! -東急ハンズ より引用)
 
東急ハンズは香林坊東急スクエアのG階に出店、本州日本海側初出店となります。 

■東急ハンズ金沢店概要 
出店場所 : 石川県金沢市香林坊 2-1-1 香林坊東急スクエア GF(グランドフロア) 
交 通 : 北陸鉄道・西日本ジェイアール バス 「香林坊」 下車 1 分
営業時間 : 10:00~20:00 
店舗面積 : 約 1,800 ㎡ 
開 業 日 : 2016 年 10 月 28 日(金) 
出店形態 : 直営
取り扱いアイテム数 : 約 35,000SKU(うち店舗独自アイテム数:約 150SKU) 


主なアイテムは、


ヒントスペース


ハンズからのおすすめアイテムをご紹介!

バラエティ


携帯電話用品・シーズンバラエティ・ラッピング

ステーショナリー


筆記具・事務用品・事務機器・ダイアリー・アルバム・レター・カード・シール

身の回り小物


財布・パスケース・傘・レインウェア

ハウスウエア


キッチン
鍋・フライパン・包丁・調理道具・調理家電・弁当箱・水筒・保存容器・卓上用品・箸・カトラリー・製菓用品・コーヒー用品・バー用品
バス・トイレタリー
バス用品・タオル・バスマット・トイレ用品・便座カバー
クリーン・ランドリー
清掃用品・ダストボックス・家庭用洗剤・ワックス・物干し・アイロン台・洗濯用洗剤・洗濯小物

ツール&マテリアル


靴補修・接着補修

ヘルス&ビューティ


健康用品
マッサージ用品・リラックス用品・アロマ・フィットネス用品・インソール
ビューティ
石けん・シャンプー・歯ブラシ・スキンケア・ボディケア用品・化粧品

 
を取り扱うそうです。 







東急ハンズ金沢店のストアコンセプト


『金沢いつモノ全集』

日々の暮らしにあふれる、やっぱり良いもの=「いつもの」 
金沢と北陸が育んだ、とびきりの良いもの=「逸モノ」

とし、金沢の暮らしを彩る良いものを集め、地元客でも金沢発の商品を再発見でき、ギフトに遅れるような金沢ならではの商品も販売されます。観光客にとっても金沢のおみやげになるようなものが発見できそうです。


東急ハンズで人気のコーナーも金沢店で展開されます。

・カード・ラッピング用品
とペーパー雑貨の「for gathering」
・良質な洋服ブラシ・ランドリー用
品・靴のお手入れ用品の「and CARE」
・こだわりのあるステーショナリーとパーソナルスタイル小物を組み合わせを提案する「in my pocket」

・女性に大人気の「BeautyLine」
女性
が美しくあるために必要なものを「素材」と
考え、コスメから、メイク道具、ケア用品ま
で幅広く取り揃えます。


詳しくはこちら↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GOODNESS


GOODNESSは1階に出店します。香林坊東急スクエア入り口横の、期間限定出店だった「オーバーライド」跡地に入居します。
主にアクセサリー・ファッション雑貨を扱うお店で、中部エリア初出店です。
詳しくはこちら↓
http://tanje.jp/shop.html

 
 
 
 
 
 
 
 
 

MOMI&TOY’S


MOMI&TOY’SはG階に出店します。
G階のせせらぎ通り沿いに出店。とろけるクレープのお店で、北陸初出店です。
公式サイト見ているだけで早く食べたくなります(笑)
詳しくはこちら↓
http://www.momiandtoy.com/
 
 
 
 
 
 
 
 

金澤玉寿司


金澤玉寿司はG階の六角堂隣りに出店します。
廻らない寿司屋で、金沢市内に4店舗を展開中。
なんと、金沢競馬場にも出店しているお寿司屋さんです。
片町にある総本店は能舞台を背景に寿司を握ってくれます。外国人観光客にも大人気なんだそうです。
詳しくはこちら↓
http://www.kanazawa-tamazushi.com/
 
 
 
  


きものレンタルwargo
きものレンタルwargoは、G階のダイソー跡に出店します。京都発のきものレンタル店で、京都以外では、大阪、浅草、鎌倉に出店しており、北陸初出店です。長町武家屋敷に近い立地から、国内外、多くの観光客需要が見込めると思います。さらに金沢を着物姿で歩く方が増えそうです。



保険見直し本舗
保険見直し本舗は全国226店舗展開しているお店で、石川県ではイオン御経塚店、香林坊アトリオ店に次いで3店舗目です。(香林坊アトリオ店が香林坊東急スクエアへ移転??)
全国展開・全店直営の相談窓口で、保険選びや見直しができる保険ショップで、お客様のニーズに合わせて最適な保険プランを提案するそうです。


他にも香林坊東急スクエアには空き店舗がいくつか残っていますが、各店舗の詳細情報とオープンイベントについては10月中旬を目処にニュースリリースを発信すると東急モールズデベロップメントの公式サイトに掲載しているので、今後さらに出店テナントが明らかになる可能性も高いです。20160922_0198
 
また、今回の全面開業に合わせて、G階、3階、4階の内装も一新します(また次回以降のブログ記事にて詳しく紹介)。
そして、シネモンド、コンタクトのアイシティも内装がリニューアルしました。
 
 
 
 
香林坊109から完全に生まれ変わる香林坊東急スクエア。
全面開業が楽しみです。

レトロ駅探訪・・・富山地方鉄道東三日市駅

20161007_1_0956
今回は「レトロ駅探訪」と題して、東三日市駅を取り上げます。
 
東三日市駅は、富山県黒部市にある、富山地方鉄道本線の駅で黒部市の中心市街地に位置する駅の一つです。
1922年(大正11年)に富山地方鉄道の前身会社の一つである、黒部鉄道の駅として開業し、駅舎は開業当時のままです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0959
東三日市駅の銘板です。
モルタルの壁に、このレトロなフォントがたまらないですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0961-2
踏切より、駅舎と線路を眺めます。
ホームも当時のままでしょうか。この先には北陸新幹線の停車駅である黒部宇奈月温泉駅や、トロッコ電車で有名な宇奈月温泉駅があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0962
レトロ駅舎はモノクロの方が味が出ていいかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 

駅周辺


20161007_2_0020-2
駅周辺の様子です。
駅周辺は「東三日市商店街」となっており、これまたレトロな商店が軒を連ねています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_1_0964-2
歴史がありそうな町家建築もありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 




20161007_2_0022-2
再び駅舎に戻り、駅構内の様子です。
これまたいい雰囲気ですね・・・!
 
構内の基本的構造も大正時代から変わっていないと思います。
駅員室の斜めにせり出している感じが特徴的です。
あと、改札部分の天井に掲げられている「定期券拝見」の文字もいいですね。
 
現在は平日の朝のみ駅員が配置されているようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20161007_2_0021-2
最後に駅舎全景です。
黒部市にはレトロな街並み探訪のために訪れました。
東三日市駅には本来寄る予定はなかったですが、レトロでいい雰囲気を出していたので急遽取材しました。
 
二見書房刊の『訪ねておきたい名駅舎 絶滅危惧駅舎』(2010年)にも掲載されているそうです。
こういった駅舎も今では貴重となってしまったので、今後も保存してほしい駅舎ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 

◆参考記事


【大特集】北陸新幹線富山駅 見学会に行ってきました! 2015.2.1
JR西金沢駅周辺整備事業
【特集】 まるで美術館!伝統工芸品あふれる金沢駅の魅力!

ユニゾイン金沢(仮称) 新築工事 2016.9

20160922_0121
ユニゾイン金沢(仮称)は、北國銀行第二本館跡地に建設される、ユニゾホールディングスが手掛けるホテルです。
全国で18番目となる当ホテルは、地上13階建てで、1階にはテナントを設けられる予定です。客室は200室程度とのことです。

◆概要



名称:ユニゾイン金沢(仮称)
規模:地上13階地下1階



延床面積:4335.84㎡
建築面積:516.29㎡
敷地面積:679.84㎡
設計:大建設計
高さ:43.92m
客室数:200室
着工:2016年4月(予定)
開業:2017年冬(予定)


yunizo1 

http://www.unizoinn.com/pdf/kanazawa01.pdf(詳細はこちら)




 
 
 
 
 

◆過去記事


ユニゾイン金沢(仮称) 新築工事 2016.8
ユニゾイン金沢(仮称) 新築工事 2016.2
ユニゾイン金沢(仮称) 新築工事 2016.1
北國銀行旧本館 解体工事 2015.10
北國銀行旧本館 解体工事 2015.7
北國銀行第二本館跡地にホテル「ユニゾイン」が進出!
 
 
 
 
 
20160922_0123
ついにタワークレーンが設置されました!
周囲は建物に囲まれた密集地なので、タワークレーンが一段と大きく見えます。
写真右側は、三菱地所レジデンスのマンション、ホテルドーミーインが建設される予定の敷地です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0124
建物はちょうどタワークレーンの最頂部より少し高い位置まで建つ予定でしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0127
付近は道も狭く、オフィスビルもあるので工事車両も周辺に配慮する必要のあるプロジェクトとなりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0128
敷地正面の様子です。
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0131
看板も建っていました。
設計は大建設計、施工は熊谷組です。
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0133
敷地裏側の様子です。

石川県立図書館の移転計画が始動、金大工学部跡地に建設へ!

20160922_0273
石川県立図書館の老朽化に伴い、移転するプロジェクトが始動しました!
 
 
 
 
 
 

石川県立図書館の現状


石川県立図書館は明治11年に兼六園内の県勧業博物館内に図書室を設置したのがはじまりで、2019年で140年を迎えます。
現在の建物は昭和41年に建てられたもので、昭和57年に増改築工事がされたのち、現在に至っています。
建てられてから50年が経過し、耐震基準も満たしていません。全国の都道府県立図書館の中では4番目に古い建物となっています。
 
また図書館の機能も他県と比べると十分ではないのが現状です。
 
石川県が調べたデータによると石川県立図書館と都道府県立47の図書館の平均を比較すると、
・建築面積 2,029㎡ 4,503㎡
・延床面積 8,461㎡ 10,409㎡
・駐車台数 32台   91台
・収蔵能力 85万冊  111万冊
・蔵書冊数 80万冊  100万冊
・年間来館者数 25万人 38万人
・年間貸出冊数 14万冊 39万冊
(石川県立図書館、都道府県立47の図書館の平均の順に掲載)
石川県立図書館の沿革と現状‐石川県

となっており、ここ20年間で建てられた都道府県立図書館7館平均ではさらに差をあけられているという結果でした。
 
 
特に年間貸し出し冊数や来館者数が少ない要因は、駐車台数が少ない上に、館内にゆとりがない石川県立図書館は利用者が少なく、金沢市立図書館(金沢市玉川図書館、金沢市泉野図書館、金沢市海みらい図書館)は比較的新しい上に充実した内容で人気があることもあるのかもしれません。
20160211_0085
(参考記事:【特集】金沢海みらい図書館
 
 
 
 
 
 
 

移転先は?


移転先は、金沢市小立野にある、金沢大学工学部跡地です。
 
toshokanimage.png
 
現在の図書館から東へ2.5km先にある場所で、2007年に金沢大学移転計画の下、角間キャンパスへ移転した後、跡地利用が課題となっていました。
tosho.png
一時期は土壌汚染も見つかり、ここ数年は土を総入れ替えする工事が行われていました。
 
敷地面積は81000㎡あり、中心部にしてはかなり大きな敷地です。
ここを石川県が34000㎡、金沢市が47000㎡取得し、石川県が石川県立図書館、金沢市が金沢美術工芸大学を移転させる計画です。
 
また、石川県と金沢市が取得する土地の境界にはアクセス道路を整備し、山側環状からのアクセスを向上させます。
 
敷地面積は現在の8倍となります。駐車台数も大幅に増えそうですし、ゆとりのある閲覧スペースは十分に確保できる面積です。
 
 
 
 
 
 
気になる問題点も…?
気になるのは、やはりアクセス面です。
アクセス道路により、加賀から能登までパイプをつなぐ山側環状と金沢市中心部を繋ぐ小立野通りで車でのアクセスは向上しますが、バスでのアクセスは場所によっては不便になります。
金沢駅からバスに乗ることを考えた場合、金沢市中心部は運賃が一律200円なので、現在の石川県立図書館までは片道200円で行ける上、香林坊や兼六園も近いためバス路線も充実しています。
これに対し、新しい県立図書館の建設予定地である小立野地区は金沢市中心部の運賃一律区間対象外なので、片道240円となる上、日中は一時間に4~5本となり、従来より本数も減ります。
 
今後、石川県内外の利用や市内の高齢者の増加を考えると、交通機関(バス)を用いてのアクセス向上は図ってほしいところです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

”建築”も重要


20151123_0499
「石川は建築物目当ての観光客が多い。建築としてレベルが高いものに」といった意見や、「インターネット、デジタルで閲覧する時代に備えた配慮が必要」といった指摘が出た(石川県立図書館、金沢大工学部跡に移転 年度内に基本構想‐日本経済新聞)そうで、谷本石川県知事も「21世紀にふさわしい全国の最先端をいく中核図書館に仕上げる」、新図書館について建築も「レガシー」になるよう、質の高いものにすべきとするなど、知事、委員会からも「建築」についても多くの意見が出ていることは個人的には嬉しい事です。
 
 
 
 
 
 
 
 
近年の図書館建築は建築にこだわったものが多く、代表例としては伊東豊雄氏設計の、岐阜市の「ぎふメディアコスモス」などが代表例でしょう。
mediakosmos
(http://www.city.gifu.lg.jp/13422.htm-岐阜市)
 
この開放的で温かみのある館内は、新しい図書館にふさわしい雰囲気ではないでしょうか。
石川県立図書館も居心地が良い図書館になってほしいと思います。
 
 
今年度に構想の結論が出るそうなので、そこから計画策定を行い、設計した後、建設が始まるのでまだしばらく先になるかもしれませんが、できるだけこの大型プロジェクトを追っていきたいです。

NHK新金沢放送会館建設工事 2016.9

 
20160922_0069 
NHK新金沢放送会館建設工事は、NHK金沢放送会館が築50年以上経過し老朽化していることから、金沢市大手町から、金沢市広岡へ放送会館を移転する工事です。


基本コンセプト
(1) 緊急報道と防災・減災に役立つ情報発信への体制強化

    災害や事件・事故発生時において地域の人々が必要とする情報を迅速・的確に放送する体制を整備するとともに、防災・減災のための情報発信を拡充し、


   地域の安全・安心に向けた機能を強化する。
(2)石川県から全国、そして世界に向けての発信拠点とする


   北陸新幹線の金沢開業に伴う交流人口の拡大により地域活性化への期待が高まる石川県の中心という地の利を生かし、県内各地を効率的に取材し、
地域の魅力を全国から国際放送まで多様な情報発信を行う。
(3)人々が訪れやすい、地域文化の交流拠点として整備する
金沢市の駅西地域は、新市街地として都市基盤の整備が進められており、新会館はこの地域の新たなシンボルとして、公開番組やイベントなどを通じて、
県民や地域住民が気軽に立ち寄ることができる放送局とする。
(4)放送機能強化の観点からいかなる災害時にも対応できる建物
免震構造の採用や電源設備の強化など災害に強い建物を実現するとともに太陽光発電設備など地球環境への配慮も追求する。
また、ユネスコ創造都市に認定された金沢市の景観にも配慮した建物とする。
新金沢放送会館移転整備について(NHK)より引用

img3
(NHK新金沢放送会館の完成イメージ)

◆概要


名称:NHK 金沢放送局
所在地:金沢市広岡3丁目
敷地面積:約4,000㎡
延床面積:約5,300㎡
建物高さ:22.9m(一部地上4階)
鉄塔高さ:70m(地上より)
構造形式:免震構造・鉄筋コンクリート造
設計:三菱地所設計
建物竣工:平成30年1月(予定)
 
 

◆過去記事


NHK 新金沢放送会館 建設工事 2016.8
NHK金沢放送局が新放送会館の外観パース公表!
 
 
 
20160922_0065


1か月前と大きな変化はなく、くい打ち工事といった感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0066
敷地北側からの様子です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0068
クローラークレーンとくい打ち機が稼働しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0070



同じく、俯瞰した写真です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0072
50m道路方面の様子です。
奥では大和ハウスのマンション「プレミスト駅西本町」が建設中です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20160922_0075
最後に50m道路側から見た様子です。
くい打ち工事が終わり次第、基礎工事へとなります。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。