北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢駅北に建設予定のフージャースコーポレーションによるマンション建設地の様子 2016.6

20160626_0361

フージャースコーポレーションが金沢市堀川新町で建設予定のマンション建設予定地を見てきました。

かつてここにあった、ファーストコンピューター専門学校は移転し、現在は解体工事が終わり、更地になっています。

敷地面積は約1000㎡あり、計画では、ここに15階建て・2~3LDKを中心に60~70戸程度の規模のマンションを建設します。

2016年夏以降に着工し2018年初めの完成予定。

金沢駅に非常に近く、首都圏在住者のUターン住宅やセカンドハウスとしての利用も想定しているそうです。

 

 

 

 

 

 

20160626_0362 

まだ建設のお知らせ看板は無く、設計中でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0363

付近には区画整理事業によって整備された公園もあります。

開発イメージとしては、ガソリンスタンドとその奥に見えるマンションの間に建設される感じです。

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0364

公園には、区画整理事業の完成記念碑がありました。金沢駅から近いことがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0366

建設予定地に隣接して、北陸鉄道浅野川線が地下へと潜る地点があります。

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0369

最後に、金沢駅北地区の様子です。

 

フージャースコーポレーションは2015年春に日本海側に初進出し、金沢市玉川町に「デュオヒルズ金沢玉川町」(72戸)を分譲し、完売しました。

スポンサーサイト

(仮称)金沢パーキング 新築工事 2016.6

20160626_0336

(仮称)金沢パーキング 新築工事 は、積水ハウスが金沢駅西口に面する金沢パークビル裏手に建設している立体駐車場の新築工事です。

 

◆概要

金沢パーキング(仮称)

敷地面積:1117㎡

地上4階建て

延床面積:3864㎡

設計・施工 積水ハウス

2016年7月完成予定

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0330

およそ2か月ぶりの取材です。鉄骨が全て組みあがっていました!

 

 

 

 

 

 

20160626_0333

日本パーキング株式会社(NPC)による時間貸の立体駐車場としてオープンするそうです。

2016年8月下旬OPENです!日本パーキング株式会社は富山市中心部の再開発ビル「ユウタウン総曲輪」でも立体駐車場を運営しています。

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0328

敷地東側から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0329

敷地北側に面した道路(金沢パークビル裏)が駐車場入り口となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

20160626_0335

真横(敷地西側)から見た様子です。緩やかな勾配でらせん状になっています。

この規模だと、金沢市南町に建設された「北國パークビル」に似ています。

hokkokupark

(北國パークビル 2013年竣工)

(建設工事の様子はこちら

 

 

 

 

 

20160626_0336

最後に金沢パークビルと絡めて。

最近は駅から少し離れた場所にも県外ナンバーの車が多く止まっていることを考えると、慢性的な駐車場不足が続いているので解消されるといいですね。

 

◆参考

(仮称)金沢パーキング 新築工事 2016.5

(仮称)金沢パーキング 新築工事 2016.3


富山・富山西武跡地再開発 2016.6

DSC_0124

 

総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業は、西武富山店跡地を中心とした再開発事業です。

西武富山店は2006年3月に閉店し、跡地利用が課題となってました。

WindowsLiveWriter_1b3ff60bdfae_88CB_a6d543f2-f509-4745-8ca4-53c845f0f438_thumb
■概要

名称:総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業
住所:富山市総曲輪3丁目4番地
用途:共同住宅、店舗、事務所
敷地面積:3,797.00㎡
建築面積:3,026.18㎡
延床面積:33,887.83㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上23階、地下1階
高さ:80m
着工予定:2016年(平成28年)3月1日
竣工予定:2019年(平成31年)1月31日
設計:三四五建築研究所・日本設計

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0125

大変久しぶりの更新です。西武富山店の解体工事が進行中です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0127

中央通り側に面した部分では防音シートに覆われていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0128

裏側から見た様子です。

西武富山店跡は鉄骨がむき出しとなり、順調に解体工事が進んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0129

写真左側には非常階段と思われる階段があります。

内装は面影があるのかと思っていましたが、天井も壁も既に無くなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0131

解体工事はもうしばらく続きそうです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0133

最後に解体工事全景です。

西武跡地の解体後は写真左側にある雑居ビルの解体も始まりそうです。


ユウタウン総曲輪が開業しました! 2016.6

ご無沙汰しております。最近は忙しく、ブログの更新や取材をする時間が無く、更新が滞っていますが、できる限り更新したいと思っているので今後もよろしくお願いします。

 

さて、富山市中心部の総曲輪地区に複合ビル「ユウタウン総曲輪」が開業しました。

再開発ビルの映画館開業初日(2016年6月4日)の訪問レポートを書きたいと思います。

 

 

DSC_0140

ユウタウン総曲輪は総曲輪西再開発事業により、整備された複合再開発ビルです。

 

総曲輪西再開発事業 は、路面電車(以下セントラム)の電停前に位置しており、総曲輪通り商店街の最西端に位置するなど、中心商店街の玄関口としての役割が期待できることから、「駅前広場」に変わる「(仮称)トランジットプラザ」を整備し、セントラム、バス、自動車、自転車、徒歩など異なる交通モード間の結節機能強化を 図り、各商業施設やシネマコンプレックス、駐車場の出入口を総曲輪通りに面して設置することで複合施設のメインストリートとして高い集客効果と利便性を持ち合わせた回遊動線を創出することを目指しております。

総曲輪西再開発事業 より引用)
■概要
敷地面積 約5686㎡
延床面積 約25580㎡
規模 地上9階 地下1階

 

 

 

 

 


 

DSC_0144 

再開発ビルの中央には全面アーケードが設けられ、再開発前の総曲輪西地区にあったアーケードが復活したことになります。

そして、写真左側には、ドーミーインを展開する共立メンテナンスが和風ホテル「野乃」を鳥取・境港に次いで、全国2番目に開業しました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0142

また、和風ホテルからアーケードを挟んだ向かいには、480台収容の立体駐車場「NPCパーキング」がオープンしました。

中心市街地にあるため、縦ラインの美しいデザインになっています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0146

早速、アーケードの中へ入ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0148

アーケードの内部の様子です。

従来よりアーケードの高さが高くなった感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0151

映画館(後述します)の開業初日ということもあり、テレビカメラもいました。

そして、アーケード内には机と椅子があり、移動販売車もいました。また、楽器を自由に触ることが出来るコーナーもありました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0152

奥に見える総曲輪アーケードとも連続した空間になっています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0157

そして、ユウタウン総曲輪の目玉、8スクリーンを備えたシネマコンプレックス「JMAXシアターとやま」が開業しました。

JMAXシアターは上越の金子興業が運営する映画館で、新潟県以外での進出は初めてです。

 

富山市中心部では、シアター系のフォルツァ総曲輪に次いで2館目です。(なお、フォルツァ総曲輪は今秋より休館予定です)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0145

国道41号線に面した部分では、サークルKがオープンし、大きなイートインスペース付きの、(おそらく)富山県で最も店舗面積が大きなコンビニとなります。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0158

反対側の大手モールから見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0161

大手モール側入り口は、「トランジットプラザ」となっており、交通結節点の役割のほか、イベント広場としての役割も果たすそうです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0162

大手モール側のアーケードの入り口です。

裏表がない再開発ビル(どちらも正面のようなファサード)というのが特徴的ですね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0164

ユウタウン総曲輪前には、富山地鉄市内電車の大手モール駅があります。(時間が無くて、市内電車との2ショットは撮影できませんでした)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0165

電停とユウタウン総曲輪を絡めて…

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0166

ユウタウン総曲輪の南側には、地権者用のマンションが整備されました。情報によると一部は分譲(賃貸?)されているようです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0159

ユウタウン総曲輪の案内板です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0160

実は、ユウタウン総曲輪の開業日に全テナントが間に合わず、まだ空きテナントも多い状況になっています。

どうやら、テナントは決まっているけどテナントの開業時期は揃わない形になります。

(一部は現在も決まっていないという噂も)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0172

まだ、全面開業していないので評価はできませんが、映画館は郊外と差別化を図ることで、中心市街地に滞在し、回遊性が生まれるといいですね。

中心市街地に映画館(シネコン)を開業させる試みは、鹿児島などでも事例はありますが、北陸・富山でも成功するのか注目していきたいです。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。