北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大特集】香林坊東急スクエアが開業!館内レポート!

DSC_0659

2016年4月28日 香林坊東急スクエアがオープンしました!!

 

香林坊109時代と比べてどのように変化したのか、写真を交えながらレポートします!

 

 

 

 

 

 

 

 

外装がリニューアル!

DSC_0669

まずは外装から見ていきましょう!

香林坊109のシンボルであった円筒状の建物は残っていますが、「109」の看板が外されました。

低層部はアースカラーを用いた新しい商業施設の雰囲気を醸しています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0679

裏側にある、G階のダイソーは香林坊東急スクエア開業後も健在です。

ただ、入口にあった香林坊109の取っ手は無くなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0681

自動販売機も木目調になり周辺と調和しています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0682

せせらぎ通り沿いの様子です。

石畳調となり、アースカラーでまとめられた親水空間が演出されていました!!

さりげない、東急スクエアのロゴがまたいい感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0683

ベンチや植栽がされ、金沢には無い、オシャレな空間となっています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0685

G階の一角には、「東急ハンズ」のお知らせ看板が!

全館開業が楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0686

そして、せせらぎ通り沿いのショーウィンドウにはマネキンもおかれていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0689

1階の駐輪場は香林坊東急スクエア仕様になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01230

駐輪場から香林坊東急スクエア正面入り口側を望む。

109時代からあったイベント広場「アーバンヒル」はそのままで、先日も二人組のアーティストがストリートライブを行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0692

広坂通り側から見た様子です。

こちら側からも香林坊東急スクエアのロゴが見えます。

 

 

 

 

 

 

百万石通り沿いにユナイテッドアローズの路面店誕生!

DSC01259

香林坊東急スクエアの百万石通りに面した部分にユナイテッドアローズの路面店が誕生しました!

香林坊には、「ビームス」「ジャーナルスタンダード」「エンポリオアルマーニ」「ポールスミス」が1階、2階、「トリーバーチ」「グッチ」「ルイヴィトン」などが1階に路面店を設けており、周辺一帯の魅力がさらに増しました。

 

 

 

 

 

 

 

正面入口

DSC01232

正面入り口は植栽された花々が歓迎してくれます!

東急はこのあたりの商業空間の作り方が素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01234

正面入り口の天井部です。

ナチュラル系の配色がされています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01235

入り口の吹き抜け空間の様子です。

写真が飾られています。真ん中にはなんと、香林坊109時代の写真が飾られています!

これから、また東急スクエアとして新たなストーリーが始まりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

館内レポート

DSC01237

1階は床から天井までリニューアルされており、30~40代をターゲットにした大人を意識した商業施設に生まれ変わっていました。

若者を意識していた、香林坊109時代と比べると分からないくらいの変貌ぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01238

ゆとりがある通路に、店舗面積も大きくとられているため、店舗数は少ないもののゆったりと買い物ができる空間になっています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01239

エスカレーター周辺もオシャレになりました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01241

エレベーターホールもオシャレにまとめられています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01243

東急ホテルと東急スクエアの共用部分です。

天井は木板が使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01244

金沢東急ホテルは2014年にエクセルホテルからブランド格上げされました。

対面する2つの「TOKYU」ブランドが輝いています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC01246

3階は今までの109と変わらない雰囲気でした。

しかし、こちらも今秋には改装されます。

 

0211kohrinbo

 

完成イメージがこちらです!

こちらも上質な雰囲気となりそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC01253

こちらは現在のG階の様子です。

109時代の雰囲気が残っています。今秋までに改装され、東急ハンズが出店します!

 

 

 

 

 

 

 

DSC01254

最後にG階から見た地下1階の様子です。

地下1階はうつのみや書店香林坊本店が入居しました。

木目調の床に植栽がされ、地下1階の雰囲気がかなり良くなった気がします。さらに、うつのみや書店の出店で幅広い年齢層が香林坊東急スクエアを訪れるようになった気がします。

 

 

今回の開業はまだ暫定開業なので、今秋のグランドオープンに向けて大いに期待が高まっています。


スポンサーサイト

(仮称)金沢パーキング 新築工事 2016.5

DSC_0777

(仮称)金沢パーキング 新築工事 は、積水ハウスが金沢駅西口に面する金沢パークビル裏手に建設している立体駐車場の新築工事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0782

◆概要

金沢パーキング(仮称)

敷地面積:1117㎡

地上4階建て

延床面積:3864㎡

設計・施工 積水ハウス

2016年7月完成予定

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0778

柵の間から見た様子です。

基礎工事が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0779

延床面積3800㎡で地上4階建ての立体駐車場ということで、駐車台数は100台程度でしょうか…?

 

基礎工事が終われば一気に縦に鉄骨が伸びてくるものと思われます。

 

 

前回の様子はこちら


リビタが金沢・上堤町でリノベーションホテル「ハレマ金沢」を開業へ!

今夏金沢市で開業のリビタのホテル、名称は「ハレマ」に

d8644-41-469590-1

 京王電鉄系の不動産会社リビタ(東京・渋谷)は7日、金沢市で計画中のホテルについて「Halema(ハレマ)金沢」の名称で今夏に開業すると発表した。同社が18日に金沢市内で開業するホテルと同様に相部屋を設けるほか、「スイートルーム」と銘打った比較的高価格の部屋も設ける。差異化した2軒のホテルを営業し、幅広い顧客層を取り込む。

 ハレマ金沢は繁華街である武蔵ケ辻と香林坊を結ぶ道路沿いにある築43年のビルを改装して開業する。7階建てで全29室を備え、172人を収容できる。相部屋方式の「ドミトリー」を中心に多彩な部屋をそろえる。宿泊料金などは今後公表するという。2階にはブライダル関連で使えるスペースも用意する。

(中略)

ハレマ金沢については「文化の発信の場所としても使いたい」(同社)としており、芸術関連のイベントなども開く。

2016/3/8 6:00 日本経済新聞

 

 

 

 

 

 

2016032101118

ハレマ金沢として、リノベーションされる物件は、金沢市中心部のオフィス街にある「金江ビルディング」です。

1972年の建築で築43年が経過した建物です。概要は以下の通りです。

敷地面積:499.98㎡
延床面積:2803.15平米(847.95坪)
建築面積:  434.70平米(131.49坪)

 

 

 

 

 

d8644-41-276321-3

シェア型複合ホテル「THE SHARE HOTELS」第二号店、グローバルな視点から “これからの金沢” を表現するホテル「Halema 金沢」 より引用)

 

完成イメージとフロア構成は以上の通りです。

リビタがTHE SHARE HOTELSの第1号店として、金沢市橋場町に開業させた「HATCHi 金沢」とは、また違うコンセプトで、5階、6階にスイートルームができることが大きな特徴です。リノベーションホテルでありながら、都市型ホテルのような機能も備わった全国初の試みとなりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016032101122

まだ改装に着工したばかりなので、上階は窓辺りが少し散らかっているようにも見えました。

築43年の建物ですが、新しい建物とはまた違う、独特の味を引き出し、ハレの場となるようなホテルを目指してほしいです。

 

 

ハレマ金沢の概要やプロジェクトメンバーについてはこちら

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000008644.html

 

ハレマ金沢の公式サイトはこちら

http://www.thesharehotels.com/halema/


金沢駅北にフージャースコーポレーションがマンションを建設へ!

kanamannshon

フージャースコーポレーションが金沢市堀川新町のファーストコンピューター専門学校があった場所です。

ファーストコンピューター専門学校は移転し、現在、校舎の解体工事が行われています。

 

場所は、金沢市堀川新町の金沢駅北土地区画整理事業が行われたエリアで「金沢駅北」と呼ばれる場所です。

敷地面積は約1000㎡。

敷地を見てみると、北陸鉄道浅野川線と北陸新幹線・IRいしかわ鉄道の高架に挟まれたエリアであり、トレインビューが期待できる場所です。

 

 

計画では、15階建てで2~3LDKを中心に60~70戸程度の規模となるようです。

今夏以降に着工し2018年初めの完成を目指すそうです。

 

金沢駅に非常に近く、首都圏在住者のUターン住宅やセカンドハウスとしての利用も想定とのこと。

 

 

フージャースコーポレーションは2015年春に日本海側に初進出し、金沢市玉川町に「デュオヒルズ金沢玉川町」(72戸)を分譲し、完売しました。

2棟目の計画があるのか気になっていましたが、駅周辺の好立地に新たに建設が決まり、今後も金沢でマンションを建設する意欲があるのだとわかります。

最近では、大京穴吹工務店が北陸支社を開設、再びマンション供給を開始予定であったり、北國銀行本店跡地では三菱地所レジデンスがマンションを計画していたりと、金沢市中心部のマンション業者の参入が目立ちます。今後、好立地を中心にさらに競合が増すものと思われます。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。