北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクウェイウエスト航空が小松空港に国内初就航!

2016021800700

久しぶりに飛行機の話題です!

シルクウェイウエスト航空が小松空港に2016年1月より就航しました。

就航するのは、日本国内の空港で初めてということで、就航してからはランウェイエンドには多くのカメラマンが集結しています。

 

 

 

 

 

 

【シルクウェイウエスト航空とは?】

logo

silk way west airlines より引用)

シルクウェイウエスト航空はアゼルバイジャンを拠点とする航空会社で、主に航空貨物(カーゴ)を取り扱っています。

世界各国にシルクウェイウエスト航空の航空貨物便が就航しており、日本国内では2016年1月、小松空港に初就航しました。

小松空港へは2016年2月現在、木曜日、日曜日に、B747-8F、B747-400Fのいずれかでアゼルバイジャンの首都バクーからやって来ます。

 

 

 

 

 

 

私は、2月の木曜日に撮影に行ってきました。

2016021800703

撮影当日の手持ちはコンデジで、自分の思うままに撮れなかったのが悔やまれますが、ランウェイエンドで撮影しました。

青い空に青と白の機体が映えますね!

最高の雪レフだったので機体もきれいに撮れました!

 

 

 

 

 

 

2016021800704

この日は、初めてボーイング747-400Fでの飛来となりました。

なんと、この機体、以前カーゴルクス航空で使用されていた機体ということです。

カーゴルクス航空も日本国内で唯一小松空港に就航していますが、こんな奇跡もあるのですね…!

 

 

 

 

 

 

 

2016021800705

エンジンに架かれたSWの文字もなかなかいいものです!

 

 

 

 

 

 

 

2016021800710

すいません…有刺鉄線に絡まってしまったような写真となってしまいました・・・(汗)

 

 

 

 

 

 

 

2016021800729

着陸後は小松空港へ直行です!

この日は白山もとっても美しく見えました。

 

 

 

 

 

 

 

2016021800740

展望デッキから荷下ろし作業の様子です。

カーゴルクス航空のように正面の口はパカッとならず、後部からの荷下ろしのみでした。

主に、アゼルバイジャンからは医療用検査装置や工作機械などが輸入され、日本からは自動車部品などが輸出されるようです。

 

 

 

 

 

 

2016021800727

小松空港としては2路線目となる国際貨物定期便の就航。日本とアゼルバイジャンは航空協定を結んでいないため、1年ごとの更新となり、今年度の輸出入次第で来年の更新か撤退か判断されます。

 

国際貨物定期便が2路線就航しているのは地方空港としてはかなりのレアケースです。

小松空港に就航する主な理由としては、

・国際貨物定期便に対応した、2700m滑走路が存在すること

・荷捌き施設などの体制が整っていること

・東京、名古屋、大阪の三大都市圏へほぼ同時間でアクセス可能なこと

が挙げられています。

 

北陸新幹線開業で、羽田便が減便するなど明るいニュースが無かっただけに、明るいニュースとなりました。

今後は小松空港の強みを生かして、羽田便の存続と同時に、国際貨物便や国際線にも力を入れるべきです。

さいごに、

 

 

【カーゴルクス航空とシルクウェイウエスト航空は、いつ来る?何曜日に来る?】

2016年2月現在は、

水曜日、金曜日、土曜日に「カーゴルクス航空」が、B747-8Fでやって来ます。

木曜日、日曜日に「シルクウェイウエスト航空」が、B747-8F、B747-400Fでやって来ます。

 

DSC_1364

(参考記事:久しぶりにカーゴルクス航空! 2015.8

 

時間帯はいずれも15時以降です。時間がまちまちなので正確な時間はわかりませんが、私がシルクウェイウエスト航空を撮影したのは16時30分ごろでした。時々18時ごろになったりもするのでフライトレーダーを確認しながら行ってみることをおすすめします…


スポンサーサイト

石川県立中央病院建設工事 2016.2

20160211_0057

石川県立中央病院建設工事は、築30年以上が経過し老朽化し、全国でも最も古い部類となった石川県立中央病院を建て替えるもので、石川県民に信頼される高度専門病院として、平成29年の開院を目指し工事が行われています。

 

 

 

 

 

 

minamigawagaikan

(石川県立中央病院完成イメージ)

perspective-birdseyeview

(鳥瞰図の完成イメージ)

(いずれも、県立中央病院建設推進室 より引用)

 

◆概要

建設場所:石川県金沢市鞍月東2丁目地内

敷地面積:96,000平方メートル

延床面積:62,000平方メートル

構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)

階数:地下1階、地上10階、屋上ヘリポート

病床数:630床

駐車台数:900台

設計:日建設計

 

また、病棟の構造が十字型に構成した病棟を2ユニット配置した「ツインクロス」構造で、全ての病床に窓が設けることができ、スタッフステーションを取り囲むように病室が配置され、看護動線の短縮ができるなどのメリットがあります。

 

 

 

 

 

20160211_0061

タワークレーンが3基現れ、本格的に建物の工事が始まろうとしていました!

このクレーンの配置カッコイイですね。

ジャパンディスプレイ白山工場の建設工事を思い出します。

 

石川県のホームページを見ると、なんとタワークレーンに愛称が名付けられており、左から、

・のと号

・かが号

・はくさん号

だそうですよ。なんだか愛着が持てますね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

20160211_0067

かが号とはくさん号の2ショットです(※タワークレーン擬人化ブログではありませんw)

 

 

 

 

 

 

 

20160211_0070

敷地北側には事務所が設けられていました。

 

 

 

 

 

 

20160211_0074

現在の石川県立中央病院です。金沢駅西副都心の開発エリアにいち早く進出し、築30年以上が経過しています。

 

 

 

 

 

 

20160211_0071

3つのタワークレーンがこれから建設費が200億円とも言われている石川県立中央病院建て替えという大プロジェクトを支えていくことでしょう。

 

石川県ホームページより、石川県立中央病院の建設工事について進捗状況が詳しく載っています!(詳しくはこちら!


富山駅周辺整備事業 2016.2

2016022100958

富山駅周辺整備事業は富山駅周辺地区の一体的な街づくりを推進するため、駅前広場や都市計画道路などの基盤整備と合わせ、駅周辺における土地利用の高度化を図るものです。

広場の整備がほとんど終わりました。完成編です。

 

 

 

 

 

 

2016022100955 

広場が完成し、レンタサイクルのシクロシティのサイクルポートが駅前広場に出現しました。

 

 

 

 

 

 

2016022100956

駅前は、大きな広場となりました。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100957

植栽も所々にあり、金沢駅や福井駅とはまた違った雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100959

富山城址公園にもあった、「AMAZING TOYAMA」のオブジェが富山駅前にも設置されていました。

奥には市内電車も通るので、枠内に収めて記念撮影も可能ですね。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100961

富山駅西側へ渡る、市内電車用踏切も整備されていました。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100962

いずれ、南北接続が予定されている、市内電車の富山駅電停です。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100963

富山駅前の西側広場の様子です。

まだ柵がしてあるものの、ほぼ完成しています。

樹木とポールが整然と並んでいます

 

 

 

 

 

 

 

2016022100964

新たな富山駅前の風景です。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100965

富山駅の西側にはかつての富山駅が建っていた広大な跡地が広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100966

何か開発する予定かと思ったら…コインパーキングが建設中でした。

富山駅の表玄関にコインパーキングはなんだかもったいない気も…

ちなみに、駅前道路に面した敷地には、暫定的に魚市場が設けられるとか…。

 

どちらも暫定利用なので、富山駅の景観のためにも、早期の開発を期待したいものです。

一応候補としては、都市型ホテルを検討中だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

2016022100969

富山駅前に建設されるコインパーキングと富山市内電車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016022100970

富山駅前広場はほぼ完成し、残りはこのエリア一帯の開発や、路面電車の南北接続、富山駅北口の整備に工事が移っていくことになります。


小松天満宮 輪中堤の工事が進んでいます 2016.2

2016021900848

小松天満宮では輪中堤の工事が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900853

梯川が氾濫を起こす危険な川であるため、上流から下流まで堤防の幅を広げる工事が計画的に行われています。

梯川に隣接する小松天満宮も例外ではなく、堤防の幅を広げる計画の範囲内となってしまいました。

一時は、小松天満宮の移転も想定されましたが、国の重要文化財である小松天満宮の移転に反対の声もあり、全国では初めてのケースとなる、分水路を建設し、小松天満宮を輪中堤で囲む事業が行われています。

 

もし、増水した際も梯川の本水路と分水路で水が分散され、効率よく水が下流まで流れるような仕組みとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900849

赤い欄干の橋がかけられました。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900850

分水路の工事の様子です。分水路外側の堤防もほぼ完成しています。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900852

輪中堤の様子です。落ち着いた色のブロックで固めてあります。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900851

分水路の深さはこんな感じです。写真左側の土の山を移動させれば、梯川の本流と分水路が通水されます。

今年完成予定です。是非珍しい方式で治水対策を行っている小松天満宮へお越し下さい。

(古い記事ですが2011年に訪問した記事がありました。画像が小さいですがよかったらどうぞ→http://kanamachigation.blog.fc2.com/blog-entry-56.html


イオンモール小松沖(仮称) 建設工事 2016.2

2016021900769

イオンモール小松沖(仮称)建設工事は、石川県小松市でイオンモールが建設する商業施設です。石川県内で2店舗目となるイオンモールで、完成すれば北陸最大級のイオンモールとなります。

 

 

 

 

 

 

イオンモール小松

(イオンモール小松沖の完成イメージ図((「(仮称)イオンモール小松沖」の開発計画について  を引用しました) ))

 

詳細は、(参考記事:(仮称)イオンモール小松沖 の概要が発表!2017年春の開業を目指す!)に書きました。

 

 

2016021900777

 

◆(仮称)イオンモール小松沖の概要
所在地 : 石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内、三田町 
施設名称 : (仮称)イオンモール小松沖
敷地面積 : 約128,000㎡ 
延床面積 : 約 83,000㎡
総賃貸面積 : 約60,000㎡ 
駐車台数 : 約3,200台
開店予定日: 2017年春

設計:鹿島建設株式会社

用途:物販、飲食、映画館、駐車場

建築面積:約33290㎡

階数:地上4階 塔屋1階

棟数:本体棟、別棟22棟、計23棟

完成予定年月日:平成29年4月

 

 

 

oki

今回も分かりにくいので、地図で示します。

 

まず、①地点から②地点まで順に撮影しました。

2016021900772

①地点です。フェンスがされ、クローラークレーンが稼働中でした。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900773

②地点方向へ歩いていきます。

イオンモール小松沖 2017年春オープンの看板がありました。

 

 

 

 

 

 

2016021900776

現場事務所などが設置されていました。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900783

②地点を少し南下した場所です。

地盤改良工事が行われていました。

 

 

 

 

 

 

2016021900789

③地点から眺めてみました。東西の広い範囲で工事がされていることが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900791

③地点から①地点を望みます。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900793

再び①地点方向。このあたりは計画が決まってからおよそ5~6年放置された土地であったため湿地化していました。

そのため、地盤改良工事が欠かせませんね。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900794

まだ着工されたばかりのイオンモール小松沖。

150テナント+映画館という南加賀地区最大の商業施設が誕生することとなり、商圏にどのような変化をもたらすか注視されます。


金沢21世紀美術館周辺環境整備工事が行われています。

DSC00622

金沢21世紀美術館の地下駐車場入り口付近で整備工事が行われていました。

 

これは、いよいよ新たなシンボルが設置されるための工事です!(この記事の後半で述べます)

 

設計はSANAA事務所、監修は金沢市役所の営繕課となっています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00623

どうやら、かつてあった駐輪場を取り壊しているようです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0226_thumb

かつては駐輪スペースから自転車があふれている状況でした。

駐輪場は2015年11月に移転し、快適に利用できるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00624

そのため、2016年3月18日まで、金沢市役所・金沢21世紀美術館地下駐車場の金沢21世紀美術館入り口が利用できなくなっているので、利用する際は注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この整備を行っている理由としては、金沢21世紀美術館の開館10周年記念オブジェ「まる」を設置するためです。

 

marumarumaru

金沢21世紀美術館 開館10周年記念事業 より引用)

 

オブジェ「まる」は金沢21世紀美術館の設計者であるSANAAが手掛け、「周囲の風景をやわらかく反射するオブジェ(SANAA)」ということです。

また休憩所という機能も備えている?らしく、一体どんなオブジェになるのか気になりますね!

 

オブジェは今年3月に設置予定です。金沢21世紀美術館の新たなシンボルとなること間違いなしです!

 

 

 

 

2014年10月で開館10周年となった金沢21世紀美術館は、来館者数が10年間で1400万人超となる人出を記録し、地方都市の美術館では驚異的な記録となっています。日本国内の美術館来館者数ランキング(2014年)では、国立新美術館(東京)、東京国立博物館(東京)に次いで国内3番目の集客がある美術館であります。(ソース:http://www.sougouranking.net/ranking/nyujyou_museum/

 

これからも、「まちに開かれた公園のような美術館」のコンセプトのもと、親しまれる美術館として根付いていってほしいです。


KOHRINBO109 全館改装工事 2016.2

金沢・香林坊のファッションビル「KOHRINBO109」で、開業以来最大規模となる、全館改装工事に着手しました。

KOHRINBO109は、2016年4月より「香林坊東急スクエア」に生まれ変わることが決まっています。

(最新参考記事:金沢・香林坊 KOHRINBO109が「香林坊東急スクエア」へ!

(過去の参考記事: 金沢・香林坊 「KOHRINBO109」が全面改装!名称変更も検討へ!

 

香林坊01

リニューアルイメージ:(東急電鉄 ニュースリリース:

金沢・香林坊エリアにおいて「人」と「街」をつなぐ施設を目指して
KOHRINBO 109の全面改装を実施
~2016年春より順次リニューアルオープン~

より引用)

(東急モールズデベロップメント:「KOHRINBO109」が生まれ変わる 2016年4月下旬「香林坊東急スクエア」が金沢にオープン

 

 

 

 

 

 

 

DSC00614

外観はまだKOHRINBO109のままです。

この看板も見納めですね…。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00608

店内には、書籍の「うつのみや」が仮店舗をG階にオープンしていました。

うつのみやの仮店舗は完全にマルキュー系店舗の居抜きに入っているようで、天井に金属製のハートマークの飾りがあったり、本屋にないようなカオスぶりとなっており、面白いです。2016年4月開業の香林坊東急スクエアでは、地下1階を貸し切り、うつのみやの本店として本格的にオープン予定です。構想ではカフェなどの設置も予定しているとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00607

G階から地下1階や1階へとつながるエスカレーター部分はシャッターが降りていました。

次にシャッターが開くときは香林坊東急スクエア開業日でしょうか。どういった空間が内部に広がるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00613

香林坊109の駐輪場から見た様子です。正面入り口は完全に安全柵でおおわれています。

 

 

香林坊109は現在、G階と3階、4階のみ営業していますが、うつのみやがあるおかげか、今までは見られなかった男性の中年~年配の来館者も増えました。

香林坊東急スクエアでは幅広いニーズにこたえた商業施設になる予定なので、さらに老若男女が訪れやすい商業施設になりそうですね。


【大規模改装】KOHRINBO109に入っていたテナントの閉店・移転情報(暫定)

2016年春に香林坊109が大規模改装されます。(詳しくはこちら

 

香林坊01

リニューアルイメージ:(東急電鉄 ニュースリリース:

金沢・香林坊エリアにおいて「人」と「街」をつなぐ施設を目指して
KOHRINBO 109の全面改装を実施
~2016年春より順次リニューアルオープン~

より引用)

 

 

 

大規模改装に伴い、閉店や移転が予定されている店舗の情報を掲載します。

なお、以下の情報は暫定的な情報で、必ずしも正確な情報ではないことはご了承ください。

また、閉店や移転情報または、訂正があれば、メールやコメントで一報いただければ嬉しいです。

(2016年1月12日公開、2016年2月17日、2016年2月18日 更新)

 

【閉店】

ドスチ
・リアン
テイクファイブ
・エリマキ
エル・チャンス
パティカラ
・ブルーブルーエ

・ダイアナ アモロサ
・マーキュリーデュオ
・ムルーア
・リズリサ
・リップサービス
・ロイヤルパーティー
・スピンズ
・スプレイ
・ダズリン
・デイライルノアール
・バックス
・フィグ&ヴァイパー
・ミーア
・レピピアルマリオ


 

【移転】

・セシルマクビー
→2016年2月26日に金沢百番街へ移転(情報:公式ブログ、北國新聞 2016年2月18日)

・サマンサベガ

→2016年3月18日に金沢百番街へ移転(情報:北國新聞 2016年2月18日)

・ロデオクラウンズ

→2016年3月18日に金沢フォーラスに移転開業(情報:公式instagram)

・スライ

→2016年2月27日に金沢フォーラスに移転開業(情報:北國新聞 2016年2月16日)

・マウジー
2016年2月27日に金沢フォーラスに移転開業(情報:北國新聞 2016年2月16日)

・リエンダ

→2016年2月27日に金沢フォーラスに移転開業(情報:公式ブログ)

 

【仮店舗】

・エゴイスト

→2016年1月12日~1月16日は臨時休業

→2016年1月17日~4月10日は香林坊109GFで仮店舗営業

→2016年4月11日~4月27日は臨時休業

→2016年4月28日に香林坊109にリニューアルオープン

(情報:公式Twitter)

 

 

香林坊109の公式サイトには、閉店後のお問い合わせについて掲載されています(http://kohrinbo109.com/whatsnew/4647/)。

 

また、今月中旬には書店の「うつのみや 本店」が柿木畠から仮店舗として移転オープンし、2016年4月にKOHRINBO109の後に開業する、香林坊東急スクエアの地下1階に完全移転オープンするとのことです。(詳しくはこちら

 

 

095

 

 

これで、香林坊109の地下1階、1階、2階が閉店し改装工事に入ることとなりました。

これだけ多くの店舗が閉店となりましたが、また要望等があれば再出店も考えられるでしょう。

まだ、香林坊109の大規模改装に伴う新規出店情報はわかりませんが、ターゲット層がファミリー層に生まれ変わるということで、どのようなテナントが出店するのかまた注目です。


ユニゾイン金沢(仮称) 新築工事 2016.1

DSC00466

ユニゾイン金沢(仮称)は、北國銀行第二本館跡地に建設される、ユニゾホールディングスが手掛けるホテルです。

全国で18番目となる当ホテルは、地上13階建てで、1階にはテナントを設けられる予定です。客室は200室程度とのことです。

 

■概要

名称:ユニゾイン金沢(仮称)

規模:地上13階地下1階

延床面積:4335.84㎡

建築面積:516.29㎡

敷地面積:679.84㎡

設計:大建設計

高さ:43.92m

客室数:約200室程度

着工:2016年4月(予定)

竣工:2017年5月末(予定)

 

yunizo1 

完成イメージはこちらです。縦に細長い建物となります。

http://www.unizoinn.com/pdf/kanazawa01.pdf(詳細はこちら)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00468

北國銀行第二本館の解体工事もほぼ終わり、ユニゾイン金沢(仮称)の建設スケジュールも決まりました。

当初予定では2017年度冬のオープンを予定していましたが、少し前倒しされたようです。

ビルを建てるには狭い敷地ですが45m高さ制限ギリギリの建物となるようでスカイライン統一という意味でも景観が良くなりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00472

建設現場前には、お知らせ看板も立っていました。

1階のテナントはどのようなテナントが入居するのか楽しみですね。おそらく、飲食系のテナントだと思われます。

 

いよいよ動き出した、北國銀行第二本館跡地。金沢城や近江町市場にも近い好立地を活かしたホテルは人気が出そうですね。


金沢・香林坊 KOHRINBO109が「香林坊東急スクエア」へ!

金沢市香林坊にある商業施設、KOHRINBO109(香林坊109)が、2016年4月から香林坊東急スクエアとなることが報道されました!

 

香林坊01 

リニューアルイメージ:(東急電鉄 ニュースリリース:

金沢・香林坊エリアにおいて「人」と「街」をつなぐ施設を目指して
KOHRINBO 109の全面改装を実施
~2016年春より順次リニューアルオープン~

より引用)

 

 香林坊109の大規模改装計画が発表されたのは2015年3月です(当ブログ掲載の参考記事: 金沢・香林坊 「KOHRINBO109」が全面改装!名称変更も検討へ!)。当時から、”香林坊109”という名称も変更される可能性については言われていました。

 私が知ったのは、年が明けてすぐのこと、求人情報誌に出店場所が、香林坊東急スクエア(仮称)となっていたことから、「もしかしたら、東急スクエアになるのでは?」と思っていましたが、今回、同名称にほぼ確定という報道がされました。

 

 

 

 

 

 

095 

まずは、名称変更がほぼ確実となり、名前が消えてしまう「KOHRINBO109」について書きたいと思います。

 

【香林坊109は石川県民の”自慢”】

 Twitterのアンケート(2016年2月3日~4日実施 456票)でも、「香林坊109の名称変更が濃厚らしいです。やはり今のところ『香林坊東急スクエア』になるらしい」との投げかけに、「109の名前を残してほしい」という人が全体の42%を占める結果となりました。

 実際に香林坊109は、よく石川県民のプチ自慢に使われることが多く、新幹線開業前までは「金沢には新幹線は通ってないけど109はあるげんよ」といったようなジョークが聞かれたりしていました。私も県外の友人に金沢の街を案内するときは香林坊109を何気なく紹介していました(笑)

 日本国内の流行の最先端を行く、SHIBUYA109に代表されるマルキューが石川県にあることはネタでも自慢でも使われることが多くそれだけ親しみはあったということでしょうか。

 

 

 

【香林坊109は地方進出”1号店”】

 香林坊109は1985年に香林坊の大規模再開発により誕生しました。”109”のブランドとしては、渋谷の次に出店し、現在進出している、町田や静岡、阿倍野、鹿児島、(閉店済みの宇都宮、富山)などの109出店の先駆けとなりました。香林坊109が金沢のまちに誕生してから今年で31年目です。

 また、地域名+109というスタイルは香林坊が初めて(SHIBUYA109は当時、ファッションコミュニティー109)で、なおかつ、KANAZAWA109ではなく、KOHRINBO109という名称がミソですね。北陸最大の繁華街である香林坊を確固たるブランドにしたのも109が寄与した面が大きいでしょう。

(どうでもいいかもしれませんが、)鹿児島や大阪・阿倍野に進出している109は、SHIBUYA109+地域名となっており、いずれも109ブランドというよりもSHIBUYA109ブランドといった感じでしょう。

 ちなみに、現在の竪町のべルセルとなっている建物は、かつて、109-2となっていたそうです。

 

 

 

 

【地方都市では厳しくなってきたファッションビルの運営】

近年は、ネット通販やブランド服離れが進む中で、10~20代の女性がターゲットの商業施設自体が次第に成り立たなくなっていると思われます。実際に、2016年1月末には地方都市である新潟や姫路の中心部にあった「ラフォーレ原宿新潟」や「姫路フォーラス」は閉店・撤退しました。新潟は万代地区の商業施設、姫路は姫路駅前の商業施設がオープンした影響もあるのかもしれませんが、それぞれ人口では金沢を上回る都市ですら複数のファッションビルを運営することは難しくなってきている状況にあります。実際に、109の”本丸”である渋谷109もお店の入れ替わりが激しい状態が続いているそうで、香林坊109も金沢が北陸新幹線開業に沸く中、売り上げが前年比で1割減少したそうです。

だから、109ブランドの求心力も低下している中、開業から31年経過した香林坊109の大規模改装は妥当な判断と言えるでしょう。

  

 

 

 

 

 

 

続いては、新たにOPENする「香林坊東急スクエア」を見ていきましょう。

kohrinbo1

(2016年2月4日 北國新聞より画像引用)

2016年2月4日付けの北國新聞には、新たに発表された、香林坊東急スクエアのロゴが乗っていました。

”東急スクエア”ブランドは、青葉台、武蔵小杉、八王子、田園調布など、東京近郊のエリアに出店しており、金沢に出店する店舗は「東急スクエア」として地方都市進出1号店となります。少し気になったのですが、香林坊109の表記は「KOHRINBO109」だったのに対して、香林坊東急スクエアの表記は「KORINBO TOKYU SQUARE」なんですね。KOHRINBO の”H”表記が無くなりました。

名称変更に伴い、ターゲット層も今までの香林坊109で中心となっていた10~20代の女性から、ファミリー層や観光客までを視野に入れた幅広い客層となるそうです。

 

 

 

 

 

 

【現在出店が噂されているテナント(?)】

香林坊02

リニューアルイメージ:(東急電鉄 ニュースリリース:

金沢・香林坊エリアにおいて「人」と「街」をつなぐ施設を目指して
KOHRINBO 109の全面改装を実施
~2016年春より順次リニューアルオープン~

より引用)

 

やはり、どうしても気になるのがテナントは何が入るのか?ということです。

今朝の朝刊によると、「ユナイテッドアローズ」が北陸初出店となるそうです。ユナイテッドアローズは、昨年末から求人誌には情報が出ていたものの、てっきり金沢駅周辺に出店するものと思っていました。出店位置は香林坊交差点に面したあたりで、昔はセシルマクビーやユニクロの看板が並んでいた辺りがガラス張りとなり、出入口も設けられるそうです。メンズ・レディースを取り扱います。実質的な路面店となりそうですね。

ちなみに、ユナイテッドアローズはグリーンレーベルやビューティーアンドユースは金沢フォーラスに出店済みでしたが本家のユナイテッドアローズは北陸未進出でした。ユナイテッドアローズが出店することで、ビームス、シップスとともにセレクトショップ御三家と呼ばれる人気店が金沢に出店を果たすことになります。

さらに、書店のうつのみや本店が、柿木畠から移転し地下1階に正式出店となります!うつのみやは石川県内に数店舗出店している書店で、本店をまるごと、香林坊東急スクエア地下1階のフロア全体を使って出店するそうです。(参考記事:うつのみや本店が香林坊地区に移転へ!

現在は”仮店舗”として、109のG階に出店しています。移転についての当時の記事では、”移転先の売り場面積は現在よりも広くなる予定で、カフェコーナーを新設する構想もある”という旨の発言もあったため、もしかするとカフェコーナーが併設される可能性もありますね。

その他、求人誌に出ていた情報では、女性向けカジュアルブランドのバンヤードストームや、眼鏡店のZoffが出店するようです。

 

テナント数は香林坊109時代の80店舗から、1店舗当たりの面積を広く取ることで香林坊東急スクエアは40店舗程度となるそうです。

今までの女性向けファッション店舗中心の構成から、アパレル店のほか、生活雑貨や飲食店も充実させるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

【今後の大規模改装スケジュール】

営業しながらの大規模改装となります。今後の大規模改装のスケジュールは以下のようになっています。

■現在
4階 営業中
3階 営業中
2階 改装中
1階 改装中
G階 営業中
B1階 改装中

 

■2016年4月

4階 改装開始

3階 改装開始
2階 グランドオープン
1階 グランドオープン (ユナイテッドアローズなど)
G階 改装開始
B1階 グランドオープン(うつのみや 本店)
 

■2016年秋
4階 グランドオープン
3階 グランドオープン
2階 営業中
1階 営業中 (ユナイテッドアローズなど)
G階 グランドオープン
B1階 営業中(うつのみや 本店)

 

今春の大規模改装第一弾の核テナントとなるのはユナイテッドアローズだそうです。

今秋の大規模改装第二弾は是非、3階、4階に大手雑貨店の進出を期待したいです。

 

 

 

 

 

DSC06283

(香林坊109のロゴ 2015年3月撮影)

 

香林坊109の大規模改装に伴う閉店で、多くのお店が退店することになりました(参考記事:【大規模改装】KOHRINBO109に入っていたテナントの閉店・移転情報(暫定)) が、それ以上の集客力のあるテナントが入らないと、金沢駅周辺に対抗していくことは難しいと思います。近年は金沢市中心部にある有名店がみんな金沢駅前の商業施設に移転しています。金沢駅前は新幹線開業や商業施設の開業により北陸地区においてこれ以上ないレベルの集客力を誇るエリアへと急伸しており、今まで香林坊のシンボルで、北陸の流行の最先端を行く香林坊109の地位は東急スクエアにも継承されてほしいです。

 

 

 

+参考記事

香林坊109全館改装工事 2016年1月

香林坊109が全館改装工事に着手へ!


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。