北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢で分譲マンションの建設ラッシュ!億ションも続々と…

金沢市中心部・駅周辺・郊外でマンションの建設ラッシュが起こっています。

特徴的なのは、2012年に書いた、「金沢にマンション建設ラッシュ到来!Part1」「金沢にマンション建設ラッシュ到来!Part2」では、大和ハウスとAPAが金沢市内に何棟も建てたのが理由でしたが、今回は、多くのデベロッパーが金沢市内に新規参入してきています。

そして、2012年は賃貸マンションも含めていましたが、今回は分譲マンションのみ載せています。

 

k-mantion

(金沢市中心部のマンション建設の状況)

 

■金沢市中心部■

◆プレミスト香林坊

67714490S01

物件名称:プレミスト香林坊
総戸数:113戸・店舗2戸・スカイラウンジ1戸・管理事務室1戸
売主:大和ハウス工業株式会社
敷地面積:1,755.65m2
階数:地上14階地下1階
施工会社:佐藤工業株式会社北陸支店
工事完了予定年月日:平成28年2月下旬
入居予定:平成28年3月下旬

 

香林坊の超一等地に位置するマンションです。1億5000万円の億ションが2戸販売されましたが既に完売済みです。

1階には店舗区画もあり、どういったテナントが入るのか楽しみです。

(建設状況はこちら(2015.10) http://kanamachigation.blog.fc2.com/blog-entry-868.html

 

 

 

 

 

 

 

◆北國銀行跡 三菱地所レジデンスがマンション開発

DSC_0091_thumb

2014年11月に金沢駅西口に本店を移した北國銀行。

旧本店跡地は解体工事が進んでおり、跡地は「ホテルドーミーイン」を展開する共立メンテナンスと、「ザ・パークハウス」を展開する三菱地所レジデンスが土地を取得する見込みです。

三菱地所レジデンスがマンション展開するのは、日本海側初でブランドと立地の良さから、良い物件になるのではないでしょうか。

まだ具体的な詳細は未定です。

 

 

 

 

 

 

 

◆武蔵南再開発事業で大京が分譲マンション

msasi

武蔵南再開発事業は「ライオンズマンション」ブランドで知られる、大京が事業協力者となりました。

計画では、組合施行での第一種市街地再開発事業を予定しており、住宅、商業施設、駐車場などが整備されます。

対象区域は約5000㎡となります。

詳細は未定ですが、金沢駅から1km圏内で、武蔵が辻にも近いので人気が出そうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆プレミスト金沢本町

phpLwiKxa_559f62e1615e8

プレミスト金沢本町

敷地面積 4532.11㎡
建築面積 1488.60㎡
延床面積 13052.53㎡
高さ 45.0m
階数 地上14階
棟数 6棟
設計 日興設計
工事完了予定日 2016年6月ごろ

戸数 117戸

 

プレミスト金沢本町も金沢駅1km圏内で、人気が高そうな物件です。

完成イメージを見る感じだと、ガラスが多く用いられクリアな外観ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆マストスクエア金沢

ff2c067b957c17d881b5cd73dbb22faf-300x212

名称:マストスクエア金沢

敷地面積:2,486.96㎡

建築面積:13,391.04㎡

総戸数:101戸(店舗4戸を含む)

構造・規模:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上15階建て

完成時期:平成28年11月下旬予定

入居時期:平成29年1月下旬予定

 

こちらは金沢駅西口バスターミナルに面する、金沢駅に最も近いマンションとなります。こちらも億ションとなり、最高価格は1億5000万円を超えるそうです。バスターミナルに面した部分には店舗棟も建設されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆プレミスト駅西本町(仮称)

大和ハウスが金沢駅西エリアの駅西本町でマンションを計画中です。

規模は14階建てで51戸が計画されています。

最近開発が進む金沢駅西。今後もさらにマンション開発が進みそうですね。

 

 

 

 

■金沢市郊外■

◆プレミア増泉

無題

金沢市郊外ではAPAのプレミア増泉が今秋竣工しました。

10階建て、69戸の分譲です。黒を基調とした外観がカッコイイです。

 

 

 

◆プレミア泉が丘

APAのプレミア泉が丘が金沢の文教地区である泉が丘に建設されます。計画では51戸です。

 

 

 

◆プレミア東金沢駅前 第3期プロジェクト

IRいしかわ鉄道東金沢駅前では、APAがプレミア東金沢駅前第3期プロジェクトを準備中で、2016年1月中に着工し、2017年3月下旬に完成予定です。

13階建てで高さは41mとなる予定です。第1期、第2期プロジェクトで誕生したマンションよりも階数は1階低いです。

 

 

 

 

他にも、タカラレーベンが金沢駅周辺で土地を探していたりするので、今後さらにマンション計画が発表されそうです。


スポンサーサイト

プレミスト香林坊 新築工事 2016.1

DSC00498

プレミスト香林坊 新築工事 は、旧第一生命香林坊第一ビルと旧NTT香林坊ビル跡地を再開発して、大和ハウスのマンション「プレミスト香林坊」を新築するプロジェクトです。低層階にはテナントも入居予定です。

物件名称:プレミスト香林坊
総戸数:113戸・店舗2戸・スカイラウンジ1戸・管理事務室1戸
売主:大和ハウス工業株式会社
敷地面積:1,755.65m2
階数:地上14階地下1階
施工会社:佐藤工業株式会社北陸支店
工事完了予定年月日:平成28年2月下旬
入居予定:平成28年3月下旬

 

 

 

 

 

 

 

DSC00492

広坂通り側から見た様子です。

最上階まで組みあがり、順次シートが外れてきています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00493

敷地東側から見た様子です。縦に伸びる黒のラインと横に伸びるガラスの水色がアクセントとなっており、中心部のマンションに相応しい外観となっています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00494

南側は特に、隣接する高層建築物もないため、見晴らしも良好そうですね。

 

 

 

 

 

 

DSC00497

青空にも映えています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00500

柿木畠にある、蛇の目寿司本店前から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00504

片町きらら前から見た様子です。(写真中央)

 

 

 

 

 

 

 

DSC00489

いしかわ四高記念公園から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

DSC00490

最後は旧四高本館と絡めてみました。

14階まで建つとずいぶん大きな印象を受けます。

 

来月完成予定です。


プレミスト金沢本町 新築工事 2016.1

DSC00463

プレミスト金沢本町 新築工事

敷地面積 4532.11㎡
建築面積 1488.60㎡
延床面積 13052.53㎡
高さ 45.0m
階数 地上14階
棟数 6棟
設計 日興設計
工事完了予定日 2015年5月

戸数 117戸

 

 

 

 

 

 

 

DSC00463

2015年7月以来の取材です。

最上階まで組みあがり、内外装工事が進んでいます。随分と横にも長いマンションとなり、意外と大きな印象です。

 

 

 

 

 

 

DSC00464

そして、金沢駅前通り線のマンション群と絡めてみました。

元々、町家等の低層住宅が並んでいたエリアも幅36mの道路が通り、再開発でこれだけマンションが建ち、景色も大きく変化しましたね。

(武蔵が辻の再開発プロジェクト完成の模様はこちらhttp://kanamachigation.blog.fc2.com/blog-entry-446.html

 

 

 

 

 

 

phpLwiKxa_559f62e1615e8

ちなみにプレミスト金沢本町の完成イメージはこちらです。

透明感ある建物となりそうです。

 

 

 

 

最後に、プレミスト金沢本町の公式サイトはこちらです。

http://www.daiwahouse.co.jp/mansion/chubu/ishikawa/k117/index.html


尾山神社の新授与所が完成!

DSC00481

尾山神社の新授与所が昨年12月に完成しました。

(尾山神社に新授与所を建設へ!)

 

尾山神社の境内にありながら、総ガラス張りのモダンな授与所となりました。

 

 

 

 

 

 

DSC00482

神社にありそうでないデザインで洗練されています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00483

衝突防止のために梅家紋がガラスにあしらわれています。

内部もガラスと木材の融合がカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

DSC00484

尾山神社の拝殿と絡めて。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00485

写真左奥が新授与所です。景観に溶け込んでいますね。

 

 

 

 

 

 

DSC00479

尾山神社は非常に面白い神社で、疑洋風建築の神門や、境内の赤レンガ壁、境内のモニュメントなど、神社の最先端を常に走っている感じがします。

今回の新授与所も尾山神社だから実現できた、尾山神社ならではのデザインですね。

 

 

 

 

+++++++++++++++++PLUS+++++++++++++++++

20151115_0795

ちなみに、夜の授与所もカッコイイですよ!!!!!


金沢市第二庁舎を建設へ!本庁舎とは地下通路で接続へ

13204864af82ee384c1c62e3ca331b40-1024x491

金沢市第二庁舎が建設される方針で計画が進んでいます。

2015年9月には金沢市第二庁舎の設計が五井建築研究所に決まり、完成イメージ図(上写真)も公開されました。

(引用元:五井建築研究所 金沢市第二庁舎

 

 

 

 

 

 

場所は、石川県知事公舎向かいの金沢市南分室のある敷地です。

chousha

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC09839

こちらが、現在の金沢市庁舎南分室です。

金沢市庁舎南分室は、北陸学院の校舎→石川県庁南分室→金沢市庁舎南分室という歴史があり、築55年が経過し老朽化しています。

そこで、南分室を解体し、金沢市第二庁舎として、金沢市議会や危機管理センター、外郭団体などが入居することを想定して計画が進められています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC09834

また、既存の金沢市庁舎とは、雨にぬれず移動するためや景観に配慮することを考え、地下通路で接続するそうです。

 

建設のスケジュール等は未定ですが、来年度には具体的なスケジュールが出てくることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

+++++++++++++++++PLUS+++++++++++++++++

DSC09843 

金沢市庁舎南分室には、かつてプラネタリウムがありました。


北國銀行旧本館解体工事 2016.1

 

DSC00474

北國銀行旧本館解体工事は、北國銀行の本店機能が2014年11月に金沢駅西口の北國銀行本店ビルに移転したことに伴い、昭和33年から使用されてきた北國銀行旧本館及び、北國銀行第二本館を解体する工事が行われています。

それぞれの跡地利用は、

  • 北國銀行本館 → ホテル「ドーミーイン」を展開する共立メンテナンスとマンション「パークハウス」を展開する三菱地所レジデンスによる再開発(詳しくはこちら
  • 北國銀行第二本館 → ホテル「ユニゾイン」を展開する常和ホールディングスによる再開発(詳しくはこちら

が計画されています。

(このうち、当ブログでは第二本館の解体工事および再開発は「ユニゾイン金沢(仮称)新築工事」に転送しました)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00477

とうとう、北國銀行本館跡地は綺麗さっぱり無くなりました!

本館に隣接した貯金事務センターの解体もほとんど終わり、金沢市中心部に広大な土地が出現しました。

 

 

 

 

 

 

DSC00473

なんだか青空が広くなった感じがして不思議な感じです(笑)

はじめは、こんな狭い敷地に、三菱地所レジデンスとドーミーインの2棟が建設できるのかと疑問でしたが、想像以上に広大な敷地で驚いております。

 

 

 

 

 

 

DSC00476

更地になったおかげで、戦前に建てられた建築と言われている、三井住友銀行金沢支店の南側部分もあらわになっています。(写真左側)

 

 

 

 

 

 

DSC00465

北國銀行本館跡地の裏側へ行ってみると、まだシャッター等が残っていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00467

北國銀行があったことを示すものとしてはこれが最後の遺構でしょうか。

ガムテープで本店の文字を隠しています。

 

次回訪れたときは解体されているでしょう。

北國銀行本館が解体されたことは少し寂しいですが、今年は、ドーミーイン、三菱地所レジデンスから再開発の概要が発表される可能性が高いので、デザインや規模含め、期待しています。

 

(在りし日の北國銀行本館の写真等はこちら→http://kanamachigation.blog.fc2.com/blog-entry-798.html


マストスクエア金沢 建設工事 2016.1

DSC00445

マストスクエア金沢 は、駅西口バスターミナルに面した部分に、全面ガラス張りの店舗棟(地上3階 テナント4区画)が建てられ、その背後に、白を基調としたマンション用のタワーパーキング(地上15階相当)と、マンション(地上15階 97戸)が建設されます。

マンションの名前は、積和不動産中部が手がけるマンションブランド「マストスクエア」が名前に入った「マストスクエア金沢」となり、2LDK~4LDK(60㎡~170㎡台)を予定しています。

また、最上階の15階には、1億数千万円の物件も計画しているとのことです。

 

 


◆概要
名称:マストスクエア金沢
敷地面積:2,486.96㎡
建築面積:13,391.04㎡
総戸数:101戸(店舗4戸を含む)
構造・規模:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上15階建て
完成時期:平成28年11月下旬予定
入居時期:平成29年1月下旬予定
最高部高さは44.915mとのことです。

ff2c067b957c17d881b5cd73dbb22faf-300x212

完成イメージ図です(引用元:http://meikokensetsu-web.net/?p=840)

 

 

 

 

 

 

DSC00444

マストスクエア金沢は昨年9月ぶりの記事です。(http://kanamachigation.blog.fc2.com/blog-entry-852.html

目測では7階部分までは躯体が完成しています。

店舗棟はまだ着工していない模様でした。

 

 

 

 

 

 

DSC00447

まだ、タワークレーンも健在で、これから、さらに活躍することでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00448

南側の様子です。こちら側もシートには覆われているものの、ビルとしての雰囲気は出てきました。

 

 

 

 

 

 

DSC00439

金沢駅西口バスターミナルに面した部分には、マストスクエア金沢の第2期販売が今年2月中旬より始まると書いてありました。最近は、テレビCMも放映されており、富山県にいてもマストスクエア金沢のCMを見ます。

 

 

 

 

 

 

DSC00441

完成イメージ図も載っています。当初はもっと白い外観になるのかと思いきや、暖色系となるようですね。

そして、1階、2階の店舗フロアのテナント募集も同時に掲載されています。完成イメージでは3階建ての店舗棟ですが、テナント募集は1階、2階のみなのですね。3階のテナントは既に決定済みなのか、元々使用しない予定なのか気になるところではありますが…。

 

 

 

 

 

 

DSC00446

最後に、金沢駅西口バスターミナルから撮影したマストスクエア金沢です。

金沢駅に最も近いマンションとなり、注目も高まります。


近江町市場の再開発第2弾の計画が始まる!

DSC02971

近江町市場で、第2弾となる再開発が始まります!!

 

 

 

 

 

 

 

DSC01929

近江町市場といえば、2009年に完成した近江町いちば館が印象的でしょうか。

近江町いちば館は近江町市場の正面に位置するエリアで、1階は再開発前の市場の原型と雰囲気を残しつつ、2階と地下1階は飲食系・生活系のテナントが新たに入居し、3階、4階、5階は公共施設や事務所が入居する再開発ビルとなりました。この再開発は全国的にも”再開発の成功例”として視察もあります。

 

 

 

 

 

 

kanaou

第1弾である、近江町いちば館との位置関係はこんな感じです。

第2弾は主に、近江町市場名店街と呼ばれる建物の建て替えがメインです。

(敷地面積は2400㎡)

 

 

 

 

 

 

20151123_0299

こちらが、再開発用地に建っている、近江町市場名店街です。

近江町市場名店街は1974年竣工で、地上5階建ての建物です。

ご覧の通り老朽化が進んでいます。

余談ですが、駐車場のPマークは、この駐車場が建つ前にあったツバメの巣を取り壊すことになり、その記憶を後世に伝えるためツバメを図案化したPマークになっています。

 

 

 

 

 

 

20151123_0302

近江町市場名店街は1階に鮮魚店を中心に入居しています。

 

 

 

 

 

 

20151123_0286

反対側から見た、近江町市場名店街の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0293

この建物で有名なものといえばエレベーターですね。

ウシ、バナナ、タイと書かれたエレベーターがあり、どのエレベーターから乗降すればよいか目印になっています。

金沢市民ならほとんどの人がご存じのはず??

 

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0282

一階の様子です。市場らしい雰囲気です。

 

 

 

これらの建物を再開発しますが、再開発を担当するのは、近江町いちば館を担当したRIAです。

RIAは大手の設計事務所で、金沢市内では近江町いちば館のほかに、香林坊大和や香林坊109、ANAクラウンプラザ金沢、ポルテ金沢、片町のプレーゴ、片町きららなど、金沢の再開発のほとんどに携わっています。

 

また、成功例と言われるような建物になってほしいですね。

スケジュール的には、近江町市場開場300年を迎える2021年までに完成予定とのことです。

北國新聞の2015年12月の記事では、2018年度着工、2019年度開業予定と書かれていました。

現在の構想では、近江町いちば館と同じく、商業+業務+公益機能と駐車場が併設された建物となるようです。

 

そして、再開発ビルに新たにフードコートを設ける構想が出ています。

個人的な話になりますが、友人を金沢へ案内した際に買った食べ物を食べるスペースや休憩するスペースが少なく、地下1階のわずかなスペースで休みました。もう少し大きなものがあれば、それぞれのお店で買ったものを座って食べることが出来て便利かもしれませんね。食べられるスペースが出来れば、通りの混雑も軽減でき、地元の人の近江町市場への回帰もあるかもしれません。

 

 

まだ計画は始まったばかりですが、どのような建物になるのか注目です。


KOHRINBO109 全館改装工事 2016.1

金沢・香林坊のファッションビル「KOHRINBO109」で、開業以来最大規模となる、全館改装工事に着手しました。

KOHRINBO109は、名称変更も検討中で、2016年春より順次リニューアル予定です。

(当ブログ掲載の参考記事: 金沢・香林坊 「KOHRINBO109」が全面改装!名称変更も検討へ!

香林坊01

リニューアルイメージ:(東急電鉄 ニュースリリース:

金沢・香林坊エリアにおいて「人」と「街」をつなぐ施設を目指して
KOHRINBO 109の全面改装を実施
~2016年春より順次リニューアルオープン~

より引用)

 

 

 

 

 

DSC00505

香林坊109入り口の天井には足場が組まれています。

 

 

 

 

 

 

DSC00506

109の通り沿いの安全柵には、店内のショップの看板が登場しました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00507

香林坊交差点に面した部分では工事が続いています。

 

 

 

 

 

 

DSC00508

現在のところ、既存テナントで「リズリサ」「スピンズ」「リップサービス」「セシルマクビー」「サマンサベガ」「MURUA」「ダズリン」「ミーア」の閉店情報があります。

できれば、閉店よりも移転が理想ですが…残念ながら109に入居しているファッション店舗のほとんどは閉店してしまうとの情報です(噂ですが)。

(ほんの一部は、金沢フォーラスへ移転するブランドがあるそうですが。)

 

 

 

 

現在は地下1階の改装工事が進んでおり、来春までには1階、2階の改装工事も始まりそうです。

ファミリー向けの商業施設になるということですが、まだどのようなテナントが入るかは聞こえてきません。東急というブランド繋がりでハンズが出店してくれたら理想ですが…

 

また情報があり次第書きます。


うつのみや本店が香林坊地区に移転へ!

400

金沢市柿木畠にある、うつのみや本店(写真左側)が2016年4月をめどに香林坊地区への本店移転を決めました。

詳細については現在のところ未定ですが、2016年1月中旬からは香林坊109内で仮店舗営業を行います。

それに伴い、現在の本店は閉店し、跡地(地上4階建て地下1階)は、賃貸で1棟貸しとなる予定です。

移転先の売り場面積は現在よりも広くなる予定で、カフェコーナーを新設する構想もあるそうです。

 

 

 

あまりにも唐突すぎたため、疑問点も多いです。

 

 

095

うつのみや本店が仮店舗を設ける香林坊109は、現在ファミリー向けの商業施設にするため改装工事が進んでおり、仮店舗は何階に設けられるのか不明です。現実的には、改装中の地下1階しかないと思われますが…。そして、柿木畠のうつのみや本店は2016年1月11日に閉店するため、現在、移転セールが行われています。

 

 

 

 

 

 

 

256

はじめは、店舗を新設するのかと思い、新設する敷地はシネマストリート跡かなと勝手に思っていましたが、2016年4月に移転完了となることから、店舗の新築はあり得ないでしょう。

 

 

新築はあり得ないため、既存施設への入居、さらには現本店(店舗面積1222㎡)より大きな面積を借りられる場所となると、個人的予想では、香林坊109の新商業施設への入居か、香林坊アトリオへの入居、プレミスト香林坊の入居が考えられます。ただし、プレミスト香林坊は本店と近いのと、テナントスペースが既存の本店より狭いため考えにくく、香林坊アトリオも紀伊国屋書店が香林坊大和にあることを考えると除外されます。

だから、香林坊109の新商業施設に入居するのではないかという個人的見解です。

 

うつのみやの公式Twitterに問い合わせてみたところ、

”お問い合わせありがとうございます。移転の詳細はまだ明らかにできない状況でございます。あらためて正式に決定次第ニュースリリースいたします。”

とのことでした。

 

 

最近は、郊外において、県内資本の書店が富山県資本の明文堂や文苑堂、中田書店などの進出により、苦戦を強いられています。

金沢市中心部に何でもそろう大きな本屋は多くの方が望んでいるところなので、リニューアルする際はそういった点も配慮してほしいですね。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。