北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢・玉泉院丸庭園の紅葉 2015.11.23

20151123_0362

金沢の新名所、NHKのブラタモリでも紹介された、石垣を借景とする庭園「玉泉院丸庭園」

2015年3月に開園してから、初めての秋を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0360

休憩所からは庭園が切り取られたように見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0368

玉泉院丸庭園は、池泉回遊式庭園なので、池のほとりから様々なアングルで紅葉を楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0381

金沢城から見た、休憩所と庭園に架かる橋、池です。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0384

金沢城の石垣を借景とした紅葉です。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0385

最後は金沢城公園の生い茂る木々で…。

 

【参考記事】

金沢城 紅葉 2014年

金沢城ライトアップ 秋の段


スポンサーサイト

富山駅前・アパヴィラビル 建設記録

富山駅前に建設していたアパヴィラビルが2015年11月2日にグランドオープンしました。

過去の建設風景と交えてまとめてみました。

 

アパヴィラビルは、ホテル、マンション、商業施設とそれぞれ異なる機能を持つ 3 つの建物を供給する『アパ富山駅前総合都市開発事業』の一環で建設されました。

 

■概要

アパヴィラビル

所在地:富山県富山市桜町1丁目5-1

規模:鉄骨造、地上5階

敷地面積:1,599.70㎡

建築面積:1,300.63㎡

延床面積:5,991.50㎡

1階 店舗 3店舗

2~5階 立体駐車場 222台

 

 

 

 

【2015年4月】

DSC07780

着工したての様子です。

 

 

 

 

 

 

DSC07781

鉄板が敷地内に敷き詰められています。

 

 

 

 

 

 

 

【2015年5月】

DSC09279

鉄骨が組み立てられています。

この時点で5階まで組みあがってました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC09280

真新しい鉄骨が組み立てられています。

ちなみに写真左側はAPAマンション「プレミア富山駅前」、右奥は「アパヴィラホテル 富山駅前」です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC09281

看板も立ってました。

 

 

 

 

 

 

 

【2015年11月】

20151107sony329

アパヴィラビルがグランドオープンしました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony328

APAが展開する商業施設は富山が初めてではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony330

入り口の柱も凝った作りになってます。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony332

テナントは、

「オリーブオイルキッチン(地中海料理)」

「七十二(しちじゅうに)北陸の旨い酒と肴と蕎麦と (和風居酒屋)」

「富山育ち (和風焼肉)」

 

が出店しました。

上から2店舗は、IMMフードサービスが運営します。金沢では森山ナポリやハンバーガーのワンダフルなどを出店している会社です。オリーブオイルキッチンは金沢駅前にもあり大変人気です。

富山育ちは隣接した場所にありましたが、桜町再開発事業に伴い、こちらに移転開業という形になりました。

 

 

 

 

アパヴィラビルの完成で、ホテル「アパヴィラホテル<富山駅前>(246 室)」、マンション「プレミア<富山駅前>(122 戸)」とともに、一街区にホテル、マンション、ホテルを建設する『アパ富山駅前総合都市開発事業「アパヴィラシティ」』が完成しました。


金沢・兼六園の紅葉 2015.11.23

20151123_0387

金沢・兼六園へ紅葉を見に行ってきました。

金沢のシンボル・琴柱灯篭です。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0389

そして、金沢冬の風物詩「雪吊り」が施されています。

金沢の雪は水分を多く含み、重いため、雪吊りをして樹木への負担を軽減しています。

空に向かって伸びる姿、幾何学模様が美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0395

見晴らし台から見た、卯辰山の紅葉です。

うーむ、正直、今年の紅葉はイマイチです…

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0396

今年の紅葉は昨年と比較すると、寒暖の差が少なく、日照時間も少ないので、色づきが悪いです…が、兼六園の木々はしっかり管理されているためか、美しい紅葉を見ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0398

黄色に染まったカエデ。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0399

夕暮れ時には、落ち葉を西日が照らします。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0414

こちらは、兼六園で最も紅葉が美しいスポットである「山崎山」

山崎山は兼六園でも金沢城から最も離れたエリアにあるため、気づかず帰ってしまう方もいますが、金沢で紅葉を見ると言えばココですよね。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0416

山崎山はカエデや銀杏が植えてあり、一面、赤や黄に染まります。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0418

期待を裏切らない美しさ!!庭園って素晴らしい!兼六園って素晴らしい!と思える瞬間です。

 

 

 

 

 

 

20151123_0426

金沢市中心部にありながら、まるで本格的な山中にいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0439

山崎山近くの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

20151123_0447

多くの方が一面に広がる紅葉を撮っていました。

さすが、兼六園でした。

 

【過去記事】

兼六園ライトアップ 秋の段 2014 山崎山

兼六園ライトアップ 秋の段 2014 雪吊り

兼六園 秋 2014 雪吊り

兼六園 秋 2014 山崎山

 

こうやってみるとやっぱり、去年の紅葉は色づき方が美しい…来年に期待しましょう。


総曲輪西再開発事業 2015.11

20151107sony423

総曲輪西再開発事業 は、路面電車(以下セントラム)の電停前に位置しており、総曲輪通り商店街の最西端に位置するなど、中心商店街の玄関口としての役割が期待できることから、「駅前広場」に変わる「(仮称)トランジットプラザ」を整備し、セントラム、バス、自動車、自転車、徒歩など異なる交通モード間の結節機能強化を 図り、各商業施設やシネマコンプレックス、駐車場の出入口を総曲輪通りに面して設置することで複合施設のメインストリートとして高い集客効果と利便性を持ち合わせた回遊動線を創出することを目指しております。

総曲輪西再開発事業 より引用)
■概要
敷地面積 約5686㎡
延床面積 約25580㎡
規模 地上9階 地下1階
2016年春完成予定
再開発ビル内にはドーミーインの展開する和風のホテル(150室)や、駐車場(480台収容)、店舗、金子興業の映画館(1200席)、トランジットプラザ(仮称)などが入居される予定です。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony419

左側のドーミーインが入るホテル棟は外壁が完成してきました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony420

映画館棟の様子です。

写真では分かりにくいですが、映画館の階段状の座席が見えました。

おそらく、お客さんは北側を向いて座ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony421

ホテル棟と映画館棟。まだ、駐車場棟は着工していません。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony422

最後に再開発エリア全体を望みます。

ホテル棟、映画館棟の工事が落ち着き次第、立体駐車場が一気に建てられるのだと思われます。


富山・富山西武跡地再開発 2015.11

20151107sony390

 

総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業は、西武富山店跡地を中心とした再開発事業です。

西武富山店は2006年3月に閉店し、跡地利用が課題となってました。

 

WindowsLiveWriter_1b3ff60bdfae_88CB_a6d543f2-f509-4745-8ca4-53c845f0f438_thumb
■概要

名称:総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業
住所:富山市総曲輪3丁目4番地
用途:共同住宅、店舗、事務所
敷地面積:3,797.00㎡
建築面積:3,026.18㎡
延床面積:33,887.83㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上23階、地下1階
高さ:80m
着工予定:2016年(平成28年)3月1日
竣工予定:2019年(平成31年)1月31日
設計:三四五建築研究所・日本設計

 

 

こちらは今月末から解体工事が始まるようです。

以前、当ブログで書いた、「富山西武跡地の再開発が動き出す!」では、22階建てという情報でしたが、富山市中心部において、マンション販売が好調であることから、23階建てになることが決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony346

再開発エリアにあったお店は移転の張り紙がありました。

このうち、コニシ写真場さんは、西武跡地再開発のため「仮営業所」オープンと書かれています。

仮営業所ということは、再開発ビル完成後はテナントの一つとして入居する可能性が高いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony354

この地で75年間営業を続けてきたお店も閉店セールを行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony355

エイチ・アイ・エスは新店舗で営業再開しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony357

写真に写っているお店も再開発エリアにあるので、取り壊される予定です。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony361

そして、富山西武跡地は長年廃墟となってました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony342

裏手へ回ると、資源回収用の鉄製の箱が置かれていました。

西武の姿も見納めです。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony392

華やかにデザインされたエレベーターもまだ現存していました。

富山西武は入ったことがないので想い入れ等はありませんが、地方における百貨店の建築がまた一つ取り壊されることは少し寂しいです。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony358

ちなみに、西武富山店の建物も、1976年7月に総曲輪地区市街地再開発事業で誕生した建物です。

だから、実質的には再々開発となるわけです。


小松基地航空祭 過去記事

小松基地航空祭についての記事を過去も含めてまとめてみました。

小松基地航空祭は生まれも育ちも小松市の私にとっては馴染みのあるイベントです。(とは言っても小松市民はあまり会場には行かなかったりします)毎年、1日で小松市の人口(約10万人)を上回る11万人~13万人が訪れる石川県内でも最大級のイベントです。

P9201856

 

昨年以前の記事は画像サイズが小さくボケていたり、天候が悪くお粗末な写真もあります。(画像が小さい件については時間があれば画像差し替えも検討)

 

◯過去5年の小松基地航空祭当日の天候

2010年 曇り、ごく一部で青空が見える。
2011年 燃料タンク落下事故により中止。
2012年 曇り、午前は雨、ブルーインパルスは第3区分に。
2013年 曇り、パッとしない空、予行は快晴。
2014年 晴れ、7~8年ぶりに青空が見えた。
2015年 曇り時々晴れ、一日中あまりぱっとしない空

 P9201960  P9202205

 P9201397  P9200994

 

2015年

過去最高の来場者数を記録。全国の航空祭の中でも3番目の人出に。

ブルーインパルス アクロバット飛行(さくらも披露)
F15機動飛行、地上展示
F2戦闘機、救難展示、グライダー
地上展示、帰投フライト(一部で画像が乱れているので差し替え予定です)

 

2014年

航空自衛隊60周年

303飛行隊・306飛行隊 F-15機動飛行 岐阜基地 F-2訓練展示
小松救難隊 U-125 UH-60 救難展示
ブルーインパルス アクロバット飛行(前半)
ブルーインパルス アクロバット飛行(後半)
航空機等展示(塗装機展示)
民間機・出来事等

 

 

2013年

都合上、撮影したのがブルーインパルスのみになってしまいました。その上、天気も残念でしたが…。(撮影地:安宅海岸)

ブルーインパルス アクロバット飛行 1
ブルーインパルス アクロバット飛行 2
ブルーインパルス アクロバット飛行 3
【おまけ】11月に行われた、F-15、F-4EJ、EC-1、C-130、F-2、C-1 合同訓練

 

 

2012年

2年ぶりの小松航空祭。この年はブルーインパルス目的で行きました。

予定より30分遅れでTake off。(撮影地:末広町の農道)

ブルーインパルス アクロバット飛行 1
ブルーインパルス アクロバット飛行 2
ブルーインパルス アクロバット飛行 3
ブルーインパルス エプロン展示
航空機等展示(エプロン)
F-15、T-4 地上展示

 

 

2011年

燃料タンク落下事故により中止が決定・・・。

F-15 燃料タンク落下

 

103

(2013年11月)


大きく変わった 金沢駅西口!

金沢駅西口の再開発もひと段落したので、金沢駅西口の新たな風景を紹介します。

 

20151001_0004

金沢駅西広場(2014)

金沢駅兼六園口のもてなしドーム・鼓門とは対照的な、自然をテーマにした広場になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0005

金沢駅西口は長年、駅裏のイメージがありましたが、今では新都心としての機能がますます高まってきました。

地価調査でも、金沢駅西口が商業地区では全国1位の伸び率を記録するなど、地方都市の中ではめまぐるしく景観が一変したエリアでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0006-2

ABホテル(2015)

北陸鉄道と大和ハウスが建設した建物で、ホテルと商業施設、バス待合室の複合ビルです。

 

隣接するエリアには、

マストスクエア金沢(建設中)があります。マンションと店舗棟(4区画)で構成される複合ビルです。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0008-2

バスターミナルと広岡交差点の間には、

TRLビル(トヨタレンタリース金沢駅西口店)(2015)があります。

かつては平屋だった建物を、需要の高まりと景観の配慮から、地上3階建て+タワーパーキングに建て替えました。

最近では、トヨタレンタリースのCMにこの建物が登場し、全国放送されています。

 

右に写る建物は、

プレミスト金沢駅西口(2014)です。

マンションは1週間ちょっとで完売した大人気物件でした。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0009

今まで金沢駅西口には、金沢パークビル(写真右)しか建ってませんでしたが、

北國銀行本店ビル(2014)が完成し、金沢駅西口を代表するシンボルタワーとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0011-2

広岡交差点から南方向を覗くと、写真左側のレンガっぽい建物は、

大原学園金沢校舎(2013)です。

この写真に写る建物の半分以上が、ここ2年で完成した建物なので驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0013-2

金沢パークビルから北國銀行本店ビルを見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0017-2

もう少し歩くと、

ホテルマイステイズ金沢(2014)が建っています。

一時期はリーマンショックにより凍結していましたが、無事完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0022-2

新都心としての機能が高まる、金沢駅西の新たな風景です

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0021

金沢パークビルに隣接するエリアでは、NHK金沢放送局の新社屋が建設されます。

img3

来年度から本格的に工事が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

20151001_0025-2

そして、金沢パークビル裏側には、JR広岡社宅跡地(30000㎡)があり、この一帯も将来的に再開発されます。

実際に第1弾として、

JR金沢駅西第一NKビル(2014)が建設されました。

現在、JR金沢駅西第二NKビルが計画中です。

 

 

まだまだ開発計画が控えている金沢駅西口です。

最終的にどこまで変わっていくのでしょうか。


富山駅周辺整備事業 2015.11

20151107_0238

富山駅周辺整備事業は富山駅周辺地区の一体的な街づくりを推進するため、駅前広場や都市計画道路などの基盤整備と合わせ、駅周辺における土地利用の高度化を図るものです。

現在は、広場の整備が行われています。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0228

2015年2月以来の記事更新となります。

北陸新幹線開業後は、広場整備はあまり変化がなく、富山駅旧駅舎解体工事がメインでした。

 

2015年11月になって変化があり、広場整備工事が動き出しました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0234

広場では植栽が進んでおり、木々が植えられるだけでも雰囲気がガラリと変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0236

広場にタイルを敷く工事も進められています。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0239

このあたりには小さな築山ができる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0240

こちらではタイルを敷く工事と照明工事が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0241

広場の中を市内電車が通過して行きます。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0245

広場西側でも広場整備工事が進んでいます。この敷地、かつての富山駅仮駅舎があった場所です。

今はロードヒーティングの工事をしています。

 

 

こうやってみると、富山駅南口広場も大きい広場だと思います。


富山・桜町1丁目市街地再開発事業 2015.11

20151107sony311

桜町1丁目市街地再開発事業は、富山駅南口のホテルや雑居ビルが立ち並ぶ一帯を再開発し、マンション、ホテル、専門学校、店舗等が入居する複合ビルを建設する計画です。

現在は、解体工事が進んでいます。


■概要
名称:富山市桜町1丁目4番地区第一種市街地再開発事業
用途:共同住宅、各種学校、ホテル、飲食店、物販店舗、駐車場
敷地面積:3350.84㎡
建築面積:2616.98㎡
延床面積:23126.71㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m
設計:RIA
住戸:75戸(タカラレーベン) ホテル:314室(東横イン) 学校:大原専門学校

 

 

 

 

 

 

 


 

20151107sony317

11月から解体工事が始まりました。2016年3月着工を目指しています。建築計画看板がありました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony320

東横インもいったん閉店し、再開発でビジネス・観光客需要から300室超えの大型ホテルとなります。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony321

いよいよ、シネマ食堂街が敷地南東側(裏側)から取り壊されています。

駅前一等地ながら、レトロな雰囲気がある空間がなくなるのは淋しいですね。

シネマ食堂街の写真はこちら

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony322

このあたりは富山シネマを中心とする、雑居ビル密集地区でした。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony323

解体工事が先日始まったばかりですが、進行スピードは思ったより早いです。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony326

中央のコンクリートの建物は富山シネマでしょうか。重機が次第に近づいています。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony335

CICビル前からの様子です。足場が組まれ始めています。

 

 

 

 

 

 

 

20151107sony337

この一角の最期の様子です。

来週にはこの光景がなくなっているかもしれません…

 

 

 

 

 

 

20151107_0260

最後に、桜町再開発事業エリア一帯の遠景です。


旧富山駅舎跡地が更地になりました!

20151107_0246

とうとう、旧富山駅舎、富山駅仮駅舎跡地が更地になりました。

写真の場所はバス・タクシー発着場でした。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0248

こちらも仮設バスターミナル跡地です。

今は仮設屋根が残っているのみです。

 

 

 

 

 

 

20151107_0250

駐輪場と交番が残っていますが、将来的には取り壊される予定です。

そうなると、富山駅前に約9000㎡の空間が誕生することとなります。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0251

富山駅仮駅舎跡地です。

更地となり、高低差もなくなりました。なんだか不思議な光景です。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0253

北陸新幹線富山駅が見渡せます。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0254

一部ではまだ地ならしが行われています。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0255

更地の奥に広がる街並み…今限定です。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0263

そして、市内電車もご覧のアングルで見られるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

20151107_0270

一部では広場の整備工事が進行中です。

 

富山駅南口広場に面する9000㎡の土地活用については、現在のところ商業施設は建設しない方向で、都市型ホテルを軸に検討されていますが、まだ具体的には決まっていません。

土地の所有が富山県と富山市で分かれているため、話がまとまっていないのが現状です。さらに、富山駅前交番の移転先も決まっておらず、駅前の一等地の方向性が見えないままです。一応、富山市は暫定施設として魚市場を検討しているそうです。そして、観光バス発着場を整備してほしいとの意見もありますが県と市のどちらが整備するか擦り付け合いで、情けない話です…。

活用方法を吟味したうえで、土地を塩漬けのままにしておくのではなく、相応しいものを建てるべきです。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。