北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小松基地航空祭 2015 地上展示 帰投フライト

【地上展示】

小松基地航空祭では今年も様々な地上展示がありました

DSC_1955

今年の地上展示は色彩豊かな戦闘機が並んでいました!

 

 

 

 

 

 

DSC_1958

洋上迷彩のF-2戦闘機

 

 

 

 

 

 

DSC_1971

飛行実験開発団のF-2戦闘機

 

この2機が小松基地に揃い踏みするのは珍しいと思います。

 

 

 

 

 

 

DSC00201

装備品展示も行われていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_1925

第一輸送航空隊のC-130です。

 

 

 

 

 

 

DSC_1939

C-130の内部では機動衛生ユニットの展示が行われていました。

機動衛生ユニットの導入により、輸送機で重症患者を輸送することも可能になりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0109

小松気象隊のテルテル坊主は北陸新幹線をイメージした「かがやいテル」

 

 

 

 

DSC_0111

駅名票のように航空祭の日程が…前回は三沢、次は秋田で航空祭が行われます

 

 

 

 

DSC_0110

そして、電光掲示板風に今後の航空祭のスケジュール

私も、「かがやいテル 605号」に乗って、秋田や岐阜へ行ってみたいです~(笑)

 

 

 

 

 

 

DSC_1161

こちらも、北陸新幹線かがやき塗装…

あやかりすぎ!って突っ込みたくなるほど、小松基地航空祭は北陸新幹線にあやかっていました(笑)

 

 

 

 

 

【帰投フライト】

ブルーインパルスのアクロバット飛行も終わり、地上展示の撮影も終わり、しばらく待っていると、15時30分頃から所属基地へ帰る、帰投フライトが行われます。

 

DSC_0057

F-2戦闘機とANA機とのコラボ

 

 

 

 

 

 

DSC_0084

RF-4Eファントム

 

 

 

 

 

 

DSC_0098

帰投していきました。

最後に機体を左右に振ってバイバイとしていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0115

丸っこい機体のOH-6

 

 

 

 

 

 

DSC_0127 

AH-1 コブラ です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0135

戦闘ヘリということもあり、後ろ姿もカッコイイですね!!

 

 

 

 

 

 

DSC_0138

機体前面に取り付けられている、ガトリング砲を左右に動かしていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0144

コブラとアパッチのコラボ2ショット

 

 

 

 

 

 

DSC_0155 

AH-64 アパッチ

 

 

 

 

 

 

DSC_0163

最後は、コブラとアパッチが仲良く飛んでいきました。


スポンサーサイト

小松基地航空祭 2015 救難展示 F2戦闘機 グライダー

【U-125A UH‐60による救難展示】

DSC_1083

救難捜索機による救難展示です。

救難者に物資を投下している様子です。

 

 

 

 

 

 

DSC_1093

そして、上空にいたUH-60からパラシュート降下が行われました

 

 

 

 

 

 

DSC_1103

こちらがUH-60 救難ヘリです。

先の鬼怒川の大水害の時にも被災者の救出に大きく貢献しました。

 

 

 

 

 

 

DSC_1116

先日の大水害を思い出してしまいます。

 

 

 

 

 

 

DSC_1126

以上、小松救難隊による救難展示でした。

 

 

 

 

 

 

【F2戦闘機による訓練展示】

DSC_1194

今回、訓練展示してくれたF‐2戦闘機は岐阜に拠点を置く飛行開発実験団のF-2Aです。

北陸新幹線の「かがやき」にも若干配色が似ているでしょうか。

 

 

 

 

 

 

DSC_1212

機敏に動くF-2A戦闘機

ベイパー引きまくりでカッコイイです。

 

 

 

 

 

 

DSC_1268

曇り空でベイパーが見えづらいですが…

 

 

 

 

 

 

DSC_1288

F-2戦闘機は機敏で小さいので、カメラに収めるのがなかなか難しいです。

 

 

 

 

 

 

DSC_1304

撮ってもこのサイズが精いっぱい(汗)

 

 

 

 

 

 

DSC_1336

タッチアンドゴーも実演してくれました!

 

 

 

 

 

 

DSC_1398

着陸しました~

 

 

 

 

 

 

【グライダー 飛行展示】

DSC_1425

今年の小松基地にはグライダーがやって来ました。

2機は紐で結ばれて、飛行しています。

 

 

 

 

 

 

DSC_1423

DSC_1424

どちらも、お隣の福井空港在籍で個人所有とのこと。

 

 

 

 

 

 

DSC_1431

鳥が飛ぶように気持ちよさそうに飛んでいました。


小松基地航空祭 2015 F15戦闘機

DSC_1021

今年はここ10年では最高の人出だった小松基地航空祭!

続いては、F15戦闘機をいろいろと撮ったやつを載せます。

 

 

前回の記事でも書きましたが、まさかの寝坊してしまったので、機動飛行の終わりくらいから参加しました(汗)

上の写真は機動飛行が終わり滑走路へ侵入する、イーグル特別塗装機です。

 

 

 

 

 

 

DSC_1051

編隊飛行は基地内から見ることが出来ました。

303飛行隊 ファイティングドラゴン

2機編隊で離陸

 

 

 

 

 

 

DSC_1073

306飛行隊 ゴールデンイーグル

2機編隊で離陸

 

 

 

 

 

 

DSC_1142

カッコイイですが、小松に住んでた頃から見慣れているのでどうしても感動が薄くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

DSC_1150

しかし、ブレが無く飛行するにはかなりの飛行技術が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

DSC_1173

様々な編隊を組んで会場上空を通過して行きます。

速度はゆっくりと。

 

 

 

 

 

 

DSC_1183

背景が北陸の空なので、あまり映えることがありません(戦闘機なので映えてもらっても困りますが...(笑))

 

 

 

 

 

 

DSC_1415

着陸後です~

 

 

 

 

 

 

DSC_1420

個人的に、地上で見た方がメカメカしくて大きくてカッコイイです。

 

 

 

 

 

 

DSC_1440

格納庫に収納されているF15戦闘機

 

 

 

 

 

 

DSC_1444

うわーカッコイイですー!

コックピット体験搭乗が行われていました。

 

 

 

 

 

最後は地上展示です~

DSC_1967

今年の306飛行隊の特別塗装機です。

イヌワシが描かれています。会場内では、「なんでイヌワシなん?」という声が聞こえていましたが、”””部隊マークは、石川県の県鳥「白山のイヌワシ」を図案化したもので、勇猛果敢な攻撃精神と電光石火の機動性を表現している。”””(Wikipediaより引用)とのことです。

 

 

 

 

 

 

DSC_1969

前の方には白山と稲妻が書かれています。

 

 

 

 

 

 

DSC_1977

一方、303飛行隊はファイティングドラゴンと言われるだけあって、龍がF15戦闘機に巻き付かれているようです。

どちらもカッコイイですね。

 

 

 

 

 

最後に、306飛行隊と303飛行隊の2015年版塗装機を見比べてみましょう。

DSC_1978

DSC_1981

 

来年には、航空自衛隊最強部隊である、飛行教導隊(アグレッサー)が、はるばる宮崎県の新田原基地から小松基地へ移転してきます!

この移転により国内のF15戦闘機200機のうち、4分の1にあたる50機が小松基地所属となります。離着陸回数も今までの1.2倍に増えるそうです。

来年はさらに混雑することが予想されますが、303飛行隊、306飛行隊、飛行教導隊による機動飛行や編隊飛行が楽しみです。


小松基地航空祭 2015 ブルーインパルス

DSC_1509

小松基地航空祭2015 へ行ってきました!

 

 

今回は、Nikon D5300を用いて撮影に挑もうと気合が入っていたのですが・・・

前日までの早朝のお仕事が終わり、気が抜けてしまったせいで、当日は予定起床時間より2時間寝坊しちゃいました(笑)

 

 

 

 

 

さて、会場へ到着すると、去年より多い人だなという印象。

目で見て分かるレベルで去年より人が多い・・・

 

DSC00206

 

DSC00193

 

それもそのはず、今年の小松基地航空祭の来場者数は・・・

147000人!!!!!

去年より1万5千人多く、過去10年間で最高の来場者数だったそうです!

 

 

 

 

 

 

 

大盛況の15’小松基地航空祭 でしたが、毎年最も観客が訪れるブルーインパルスのアクロバット飛行の写真から!

DSC_1493

今回は、最も迫力のある第一区分の途中から平面の飛行演目が多い第三区分になる変則的な演目でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1514

4機がダイヤモンドテイクオフ&ダーティーターンからスタート!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1525

宙返りする6番機

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1554

4機によるダイヤモンド編隊で行うファンブレイク!4機の絶妙なバランスがたまりません!

昨年まで使用していた1万円前後のコンデジとは大違いです(笑)

 

 

 

 

 

 

DSC_1578

チェンジオーバーターン!

大空のキャンバスに五線譜を描きます

 

 

 

 

 

 

DSC_1603

快晴の空とはいきませんでしたが、わずかに覗く青空とのコントラストが最高です。

 

 

 

 

 

 

DSC_1625

5番機による、インバーテッド&コンティニアスロールです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1632

サンライズ!!!

スモークが長い!長い!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1644

展開!!!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1651

かすかにベイパー引きながら上昇していきます

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1703

バックトゥバック!こちらはブルーインパルスの中でも5年ほど前からの新課目だそうです。

2機がお腹合わせで、ギリギリを飛行します

 

 

 

 

 

 

DSC_1755

フォーシップインバート 4機がさかさまになって飛行します(画像を逆さまにしているわけではありません!)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1780

5番機による演目、360ループ

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1824

6機によるデルタロール

ループのスモークがまだ残ってます。

 

 

 

 

 

 

DSC_1856

デルタループ

お気に入りの1枚です^^

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1877

タッククロス!!ここまで来たら終盤に近づいてまいります。

 

 

 

 

 

 

DSC_1897

コークスクリュー!この技はいつも歓声が上がりますね!

 

 

 

 

 

 

 

あ、忘れてました!

 

DSC00221

バーティカルキューピッド!空に大きなハートが♡

矢を射抜くまでは見えてませんね

 

 

 

 

 

 

そして、そして、小松基地航空祭の本番では初披露??私が見るのも初めての

DSC00238

さくら も披露してくれました!!

どっちかというと前田家の梅鉢家紋にも似ている??

いや、さくらですね、さくら!

 

このほかにも様々な技を披露してくれましたよ!

ブルーインパルス、今年も小松で素晴らしいアクロバット飛行ありがとうございました!!!!

まだ余韻に浸ってます~~

 

(続く…)


総曲輪西再開発事業 2015.9

DSC00162

 

総曲輪西再開発事業 は、路面電車(以下セントラム)の電停前に位置しており、総曲輪通り商店街の最西端に位置するなど、中心商店街の玄関口としての役割が期待できることから、「駅前広場」に変わる「(仮称)トランジットプラザ」を整備し、セントラム、バス、自動車、自転車、徒歩など異なる交通モード間の結節機能強化を 図り、各商業施設やシネマコンプレックス、駐車場の出入口を総曲輪通りに面して設置することで複合施設のメインストリートとして高い集客効果と利便性を持ち合わせた回遊動線を創出することを目指しております。

総曲輪西再開発事業 より引用)
■概要
敷地面積 約5686㎡
延床面積 約25580㎡
規模 地上9階 地下1階
2016年春完成予定
再開発ビル内にはドーミーインの展開する和風のホテル(150室)や、駐車場(480台収容)、店舗、金子興業の映画館(1200席)、トランジットプラザ(仮称)などが入居される予定です。

 

 

 

 

 

 

DSC00163

4か月空いたため、ホテル棟もだいぶ組みあがっていました。

 

 

 

 

 

 

DSC00166

こちら、大きな鉄骨が組みあがっているのは、映画館棟の部分だと思われます。

映画館だけあって天井高ですね。

 

 

 

 

 

 

DSC00169

奥がホテル、手前が映画館です。複合ビルなので、それぞれの用途に応じた形で建設が進められています。

 

 

 

 

 

 

DSC00171

敷地南側の様子です。今春に竣工したオフィスビル「一番町スクエア」を囲むように建設されています。

角地は住宅棟になる予定ですが、まだ低層部しか組みあがっていませんね。

 

 

 

 

 

 

DSC00173

富山大和前から見た様子です。

ホテルドーミーインの鉄骨がほぼすべて組みあがったようです。

 

 

 

 

 

 

DSC00174

最後に、隣の一番町スクエアとの2ショット

 

以前までは低層住宅地や商店が広がっていましたが、ビルの谷間感が出てきました。


TOYAMAキラリ へ行ってきました!

2015年8月22日に富山市西町にオープンした再開発ビル「TOYAMAキラリ」へようやく行くことが出来ました。

DSC_0846

TOYAMAキラリ

■概要
敷地面積 約4145㎡
建築面積 約3400㎡
延床面積 約26780㎡
規模 地上10階 地下1階
設計 隈研吾建築都市設計事務所 (RIA・隈研吾・三四五設計共同体)
総事業費 約182.8億円
2015年5月9日竣工・引き渡し

用途:美術館、店舗、銀行本店、図書館

 

DSC_0837 DSC_0844

DSC_0845 DSC_0843

上の写真は、過去の建設記録でも既出の写真なので、解説は割愛しておきます。

 

 

 

 

DSC_0839

敷地南側に歯科も開院していました。

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ中へ…

 

 

 

 

 

 

DSC_0848

入った途端に、いかにもと言わんばかり、隈健吾氏の建築の良さが引き出ています。

外観も独創的ですが、内装もこれだけ凝っています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0891

フロアガイドも凝ってて面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0849

建物内には富山第一銀行本店が入居しています。かつての本店を思わせる、御影石をふんだんに使った内装になっています。

(かつての本店はこちら)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0853

2階はこんな感じになっています。公共施設をいい意味で覆している空間です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0855

2階の不室屋カフェです。不室屋は金沢を代表する老舗のお麩のお店です。不室屋カフェは富山県初出店でしょうか。

館内は、独特の字体で統一されており、どことなく近未来感があります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0857

上を見上げてみましょう!

2階から6階までの5層吹き抜け空間が広がっています!うーむ、素晴らしい!

富山県産のスギ材とガラスと組み合わせ、斜めに吹き抜けている見たことのない空間となっています。

2列4層の斜めに並ぶエスカレーターと、建物内を突き抜けるエスカレーターとのバランスも見事です。

 

 

 

 

 

 

DSC_0863

富山市立図書館が移転オープンしました。

こちらも木材がふんだんに使われており、落ち着いた空間です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0864

デザインも統一されており、公立図書館の落ち着きとしては全国屈指ではないかと思われます。図書館単体の施設ではないので比べづらいですが…。

以前の富山市立図書館は2回訪れたことがありますが、老朽化がひどく、負のオーラと言いますか…こんな居心地の悪い図書館は初めて!県庁所在地の図書館でこれって大丈夫か!?と真面目に思ってました。(少し言いすぎかな?(笑))

 

そして、生まれ変わった富山市立図書館。これは、通いたい図書館です。中は今までの市立図書館で見ることが少なかった女性の方や若い方が増えた印象でした。明るくて開放的な図書館…見違えりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0871

隈健吾氏の「TOYAMAキラリ ができるまで展」では、完成に至るまでの思いや、構想、模型などを見ることが出来ます。

閲覧無料、おすすめ、お早めに!

 

 

 

 

 

 

DSC_0878

さて、エスカレーターを上り、6階へ・・・!

6階には富山市ガラス美術館があります。公立のガラス美術館としては北陸では能登島ガラス美術館に次いで2例目の施設です。

一般・大学生は200円と入りやすい設定となっています。(今回は時間の都合上入りませんでした。)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0870

館内にもいたるところにガラス作品の展示がされています。また、ショップではおちょこなどの販売も行っています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0883

ここまで載せた写真はごく一部ですが、隈健吾氏の今後の代表作となるであろう建築を北陸の地で感じられるようになりました。

(早速、建築系のゼミで訪れたであろう、学生と教授らしき方たちが訪れていました。)

どれも高級な材質を用いて作られており、富山市の気合の入り方も感じられます。

 

是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

※建物自体に駐車場がなく、訪れる際は周辺の駐車場に止めるか、公共交通機関をご利用ください。


ダンボーがやってきました!

DSC_0133

とうとう、私のところにもダンボーがやって来ました!

以前から、気になってたので、Amazonでポチッと。

 

どうすれば可愛く撮れるかまだまだ模索中です…

 

 

 

 

 

 

DSC_0134

空を見上げる

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0135

庭で遊んでます

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0136

紫陽花からひょこっと

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0142

木漏れ日とダンボー

 

 

 

 

Coming Soon……


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。