北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山城址公園のアジサイ 2015.6

DSC_0474

先日、NikonD5300を持って、富山城址公園へ6月らしい写真をテーマに撮りに行きました。

本当は、金沢の街をぶらつきたいのですが、なかなかスケジュールが合わなくて・・・

もうしばらくお待ちを・・・(汗)

 

 

 

 

 

 

DSC_0475

松川べりで綺麗なガクアジサイに出会いました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0514

美しい青色のアジサイも咲いていましたよ

 

 

 

 

 

 

DSC_0515

望遠レンズで圧縮効果を生かして。

 

 

 

 

 

 

DSC_0516

見頃ですね~

 

 

 

 

 

 

DSC_0520

富山城を背景に・・・(分かるかな?)

 

 

 

 

 

+++++++++++++++++++PLUS+++++++++++++++++++++

DSC_0523

さかさまの世界

あまりにも水面が静かだったので^^

 

 

 

 

 

 

DSC_0528

日が長くなったのも6月らしいでしょうか。18時でもまだ暗くなる気配がありません。

 

 

 

 

 

 

DSC_0530

最後に、はじける噴水を見ながら・・・・


スポンサーサイト

呉羽トンネル近くから北陸新幹線を撮影 2015.5

DSC_0140

西日が差す中、呉羽丘陵西側にある、北陸新幹線呉羽トンネル入り口付近から北陸新幹線W7/E7系を撮影しました。

この付近では呉羽トンネルに出入りするW7・E7系を撮影することが出来ます。

 

 

 

 

 

DSC_0149

富山駅方面から金沢駅方面へ向かうW7系

右側にはあいの風の普通列車が。

 

 

 

 

 

DSC_0156

在来線は、北陸新幹線開業後は淋しくなりました。

少し前までは12両編成の特急が走っていたのに、今では2~6両編成の普通列車が行き交うだけに・・・。

 

 

 

 

 

DSC_0164

富山駅方面へ向かう新幹線がやって来ました。

 

 

 

 

 

DSC_0192

ヘッドライトを輝かせて向かってくるW7系がカッコイイ!

 

 

 

 

 

DSC_0204

ここ、本当に迫力ある写真が撮れるので好きな場所です。

望遠レンズもバッチリです。

 

 

 

 

 

DSC_0213

大きな蛇が穴の中に吸い込まれるように、去っていきました。


富山西武跡地の再開発が動き出す!

富山市中心部、民間主導で再開発 西武跡地に22階ビル

 富山市中心部の総曲輪地区の再開発が民間主導で動き出す。2006年に閉店した西武百貨店富山店(富山西武)の跡地について、大和小田急建設など地権者12者が16日、総曲輪三丁目地区市街地再開発組合を立ち上げる。来年3月末までに現在の建物を解体し、18年度中に商業施設やマンションなどで構成する複合ビルを建設する。同市が推進する中心市街地活性化の象徴になりそうだ。

 敷地面積は3800平方メートルになる。計画によると、高さ85メートルで22階建てのビルを建設する。市内ではANAクラウンプラザホテル富山を抜き、トップ級の高層ビルとなる。大和小田急建設などの地権者は本組合設立を受けて建物の実施設計に着手する。

 西武跡地の再開発は同市中心部に残された最後の大型案件とされる。今年5月には近隣の旧大和富山店跡地に富山市ガラス美術館や富山第一銀行本店が入居する複合ビル「TOYAMAキラリ」が竣工。来年2月には現大和富山店のすぐ近くにシネマコンプレックス(複合映画館)やホテルなどで構成するビルも完成する。複合ビル完成により、中心市街地は一新される。

 富山市は都市の機能を中心部に集めてにぎわいを取り戻す「コンパクトシティー」を政策の中心に据えている。総曲輪や西町など中心市街地の活性化は実現に向け重要な柱となっている。

 複合ビルに入るマンションの供給戸数はこれから詰める。タカラレーベンが近隣に建設したマンションが短期間でほぼ完売するなど、中心市街地での住宅需要は強いとみられる。市も街中居住に対しては補助金を出すなど、支援している。

 3月14日の北陸新幹線の開業で、北陸を訪れる観光客やビジネス客が増え、企業の拠点進出が期待される。西武跡地の再開発が動き出すことで、コンパクトシティーや中心市街地活性化に弾みがつきそうだ。

 富山西武は1976年に開業した。当時は大和富山店と並ぶ有力百貨店として、ピーク時の売上高は175億円に達した。ただ、郊外への大型商業施設の進出などで業績が悪化し、06年に閉店した。

(日本経済新聞 2015年4月16日)

 

a6d543f2-f509-4745-8ca4-53c845f0f438

(画像は北日本新聞 2015年4月17日 から引用)

 

富山西武跡地再開発は、富山西武跡地周辺3800㎡を再開発し、1~5階が商業・業務フロア、6~22階が分譲マンションとなる再開発ビル(地上85m)が建設されます。

商業フロアには飲食やファッションのテナントが想定されており、再開発事業組合は、北陸初出店となる集客力が高いテナントを入居させたいと仰っています。分譲マンションは190戸で、北陸エリアでは指折りの最高層マンションとなります。西武跡地を取得したのは大和小田急建設ということを考えると、マンションはダイワハウスのプレミストブランドの可能性が高いです。

2018年の開業を目指しています。

 

 

 

DSC09254

現在の様子です。

富山西武は2006年に閉店しており、閉店してから今年で9年目です。現在は駐輪場や休憩スペースに使われているほかは、厚い安全柵に覆われ、薄暗い雰囲気となっています。

 

 

 

 

 

DSC09260

西武跡地前には市電の中町北電停が数年前に供用開始されました。これも再開発ビル開業に向けた準備でしょうか?

 

 

 

 

 

DSC09261

建物裏側(敷地北側)の様子です。こちらも安全柵に覆われています。

再開発が決定したので取り壊されるのも時間の問題でしょう。

 

富山西武が閉店して9年目にしての再開発ビルが正式決定しました。賑わいが戻るのは富山西武が閉店して12年経つ時なので、もう少し早くから再開発して欲しかったという声も聞かれます。

2015年3月に北陸新幹線が開業し、富山駅周辺は通行量が大きく増えたように感じますが、総曲輪商店街は変化がほとんどないように感じます。西武跡地の再開発ビルには商業施設も4フロア設けられる予定なので、総曲輪フェリオと映画館が入居予定の総曲輪西再開発ビルを一つのコアととらえ、西武跡地をもう一つのコアで総曲輪商店街がコア同士を結ぶモールだと考えると、郊外型商業施設に見られる「2コア1モール」という形態に似ていると思います。

だから、郊外型商業施設に見られる賑わいの方程式を中心部にも当てはめることが出来ればもしかしたら、総曲輪商店街も賑わいへと導けるかもしれません。

総曲輪・西町エリアの命運をかけた再開発ビルとなるだけに、期待が高まります。


earth music&ecology と スターバックスコーヒー の併設店が金沢市鞍月エリアに出店へ!

earth music&ecologyの新業態店舗 と スターバックスコーヒー が同じ敷地内で展開する新たなストアが金沢にオープンするそうです!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 
earth music&ecology 大型路面店の出店拡大
~異業種と共に新しい店舗づくりへの取り組みも~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 
 株式会社クロスカンパニー(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴)は、主力ブランド「earth music&ecology」(以下、アース)の大型路面店「earth music&ecology Living store」の展開を拡大し、年間10店舗のペースで出店してまいります。さらに、昨今の消費者ニーズに応えるべく、LSC(ライフスタイルセンター)※の概念のもと、新しい店舗づくりも行ってまいります。
 アースは“ライフスタイル提案型“店舗として、ロードサイドの大型路面店を、昨秋の函館店を皮切りに計5店舗オープンいたしました。従来のアースの商品に加え、メンズラインやインテリア、子供向けの雑貨も揃えるこの路面店は、家族で買い物を楽しめる店舗として各地で好評を博しております。
 当社は、下半期も引き続きこの大型路面店を積極的に出店してまいります。今秋は新たに滋賀県と石川県に各1店舗ずつオープンし、この2店舗は大手コーヒーチェーンと同じ敷地内に出店予定です。幅広い年齢層の顧客を持ち、ライフスタイルを大切にするなどの共通点がある両社が同じ敷地内に出店することにより、訪れるお客様に、新たな時間の使い方や楽しみ方を提供していきたいと考えております。
また、同敷地内に出店する企業・店舗との協業イベントの実施なども検討しています。
 このようなLSCの考え方に基づいた大型路面店の出店を通じ、訪れる方々のライフスタイルが豊かになり、地域に根付く場所づくりを目指していきます。そして、当社は今後も、アパレルの枠にとどまらない「ライフスタイル&テクノロジー」企業として、新たなライフスタイル創造や価値提案の挑戦を続けてまいります。

クロスカンパニー プレスリリース 2015年6月11日

 

424_1

 

earth music&ecology が郊外を中心に展開する、大型路面店「earth music&ecology Living store」は、2015年4月に野々市市の国道8号線沿いに出店しています(北陸初出店)。

今秋、金沢市戸水に出店するお店は、earth music&ecology Living storeとスターバックスコーヒーが同じ敷地に出店する、新たな形態(国内2号店となる予定)となります。出店場所はおそらく、ジャック鞍月店近くの、居酒屋跡地となります。

スタバは駅西地区、ベイエリアに進出するのは初めてで県庁やオフィスが立ち並ぶ鞍月地区においても需要があるでしょうね。今までは駅西地区の方は金沢駅や中心部へ行かないとスタバはありませんでした。

 

 

 

近年は、ファッションを取り扱うお店がカフェを展開する形態も増えています。ジャーナルスタンダードが展開するカフェ、「J.S.パンケーキカフェ」は金沢駅の百番街Rintoに出店し、niko and…が未来屋書店とコラボしたカフェが金沢フォーラスに出店しています。

earth music&ecologyの場合はカフェを直接展開していませんが、スタバの出店により相乗効果も高まりそうです。

スタバも先月、鳥取県に出店し、47都道府県に出店しました。昔は都市の指標として、扱われた時代もありましたが、スタバが全国あらゆる場所に出店している今、店舗ごとの工夫が必要なのかもしれません。


【特集】名古屋駅周辺の摩天楼巡り!

所要で名古屋へ行った合間にササッと撮った名古屋摩天楼の超高層ビルを載せます!

建設中の建物は2015年3月のものなので、ご了承ください。

 

DSC05865

DSC05869

JRセントラルタワーズ
高さ: 245.1m (ホテル棟226m)
階数: 地上51階 地下4階 塔屋3階
敷地面積: 82,191㎡
建築面積: 18,220㎡
延床面積: 416,565㎡
着工: 1994年8月25日
竣工: 1999年12月20日(1999年12月23日開業)
用途: 店舗、事務所、ホテル、駐車場

名古屋駅と言えば、JRセントラルタワーズですね。世界一背の高い駅ビルとしてもギネスに認定されています。(近々、あべのハルカスが登録されるとか・・・)

ビル内には高島屋やマリオットホテルが入居しています。

 

 

 

 

 

 

DSC05873

ミッドランドスクエア
高さ: 247m
階数: 地上47階 地下6階 塔屋2階
敷地面積: 11,643㎡
建築面積: 8,093㎡
延床面積: 193,450㎡
着工: 2003年1月26日
竣工: 2006年9月29日
用途: 店舗、事務所、駐車場

ミッドランドスクエアは中部一高いビルで、トヨタ自動車などが入居しています。シースルーのダブルデッキエレベーターが初めて導入されました。

 

 

 

 

 

 

DSC05879

モード学園スパイラルタワーズ
高さ: 170m
階数: 地上36階 地下3階
敷地面積: 3,540㎡
建築面積: 2,478㎡
延床面積: 48,988㎡
着工: 2005年10月
竣工: 2008年3月25日(2008年3月26日開業)
用途: 店舗、学校施設、駐車場

保守的な外観の日本国内の超高層ビルの中でも独創的な外観を持った建物です。学校法人モード学園が入居しています。

 

 

 

 

 

 

DSC05861

DSC05875

DSC05885

大名古屋ビルヂング
高さ: 174m
階数: 地上34階 地下4階 塔屋1階
敷地面積: 9,155㎡
建築面積: 6,563㎡
延床面積: 146,698㎡
着工: 2013年5月23日
竣工: 2015年10月竣工予定
用途: 店舗、事務所

大名古屋ビルヂングは、1965年に竣工した「大名古屋ビルヂング」を再開発して、現在建設中です。商業施設は、三越伊勢丹ホールディングスが中型店を出店する予定です。ランダムに配置されたガラスのカーテンウォールが美しいですね。

 

 

 

 

 

 

DSC05859

DSC05867

DSC05871

JRゲートタワー
高さ: 220m
階数: 地上46階 地下6階
敷地面積: 11,700㎡
建築面積: 不明
延床面積: 約260,000㎡
着工: 2012年9月
竣工: 2017年2月
用途: オフィス、店舗、ホテル、バスターミナル、駐車場

JPゲートタワーは、JRセントラルタワーズの隣接地に建設中の超高層ビルです。商業フロアには、旧ビルに入居していた、ジェイアール名古屋タカシマヤのほか、ヨドバシカメラが入居します。上層階は名古屋JRゲートタワーホテルやオフィスが入居予定です。

 

 

 

 

 

 

 

DSC05877

(写真奥の建物です)

JPタワー名古屋
高さ: 195m
階数: 地上40階 地下3階
敷地面積: 12,177㎡
建築面積: 9737㎡
延床面積: 180,173㎡
着工: 2012年9月
竣工: 2015年11月(予定)
用途: 事務所、店舗、郵便局、カンファレンス、駐車場

JPタワー名古屋は日本郵便がJRゲートタワーの隣接地で建設中の超高層ビルです。低層部は商業施設「KITTE名古屋」が開業予定です。その他、ハイグレードなオフィスフロアが設けられます。

 

 

 

 

名古屋摩天楼巡りは以上です。(名古屋ルーセントタワー(高さ180m)を撮るの忘れてました)

 

DSC05881

名古屋は2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の先行開業区間の終着駅となる予定で、さらに超高層ビルが増えそうなエリアですね。また改めて撮影してきたいです。


富岩運河 中島閘門 2015.6

DSC_0243

先日、富岩運河の中島閘門へ行ってきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0247

中島閘門は、パナマ運河方式の閘門(複扉室閘門)で、水位差2.5mを調整するために設けられています。

竣工年:昭和9年(1934年)8月

国の重要文化財に指定されています。

 

 

 

 

 

DSC_0246

中島閘門は富岩運河環水公園から北へ数キロ行った場所にあります。

富岩運河(ふがんうんが)は、山と瀬を結ぶ運河として開削され、富山の工業発展に大きく寄与しました。80年ほど経った現在でも運河と閘門は現存しています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0248

閘室はこんな感じになっております。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0250

中島閘門操作室です。

平成22年に復元されました!モダンな作りをしています。

 

 

 

 

 

DSC_0251

北方向(岩瀬方面)を望みます。

 

 

 

 

 

DSC_0252

中島橋もコンクリート製の古い橋です。

 

 

 

 

 

DSC_0253

下流部から見た写真です。

手前が放水路、奥が閘門となっています。

 

 

 

 

 

DSC_0254

放水門です。

 

 

 

 

 

DSC_0255

水が流れていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0256

水しぶきを上げて

 

 

 

 

 

DSC_0257

最後に、中島橋から中島閘門全体を撮りました。

富山では富岩運河環水公園は有名ですが、富岩運河に着目したことはありませんでした。

行ってみると、昭和初期に突如現れた運河と閘門を見て、とてもハイカラだと驚く当時の人の顔が浮かびました。


浅野川に架かる天神橋

DSC04160

天神橋は、浅野川に架かる橋です。

梅の橋から眺めてみました。

 

 

 

 

 

DSC04161

昭和30年竣工で、ローゼ橋と呼ばれる、アーチ橋の一種の橋です。

 

 

 

 

 

DSC04162

卯辰山公園への玄関口となっている天神橋

 

 

 

 

 

DSC04163

杜の里方面を望む。浅野川の落ち着いた景観が広がる。

 

 

 

 

 

DSC04166

鉄骨に寄ってみました。

 

 

 

 

 

DSC04167

卯辰山側から。

 

 

 

 

 

 

DSC04168

橋の下には旧橋の橋脚が残っています。

東山や主計町から少し上流まで歩くと、観光客が多い浅野川大橋や梅の橋とはまた違った、地域の方がよく利用する橋と風情に出会うことが出来ます。


タカラレーベンが富山駅北に18階建てマンション建設へ!

マンション開発会社のタカラレーベンが、富山駅北で18階建てマンションを建設するそうです。

 

マンション開発のタカラレーベン(東京)は、JR富山駅北エリアの富山市牛島町に分譲マンションを建設する。地上18階建て総戸数119戸で、同社がこれまでに富山市内で手掛けた分譲マンションでは最大規模となる。完工は2017年7月を予定。富山駅に近接する立地条件と交通の利便性の良さをPRして供給する。(北日本新聞 2015年2月13日 記事抜粋

 

 

DSC09525


[概要]
【名称】 (仮称)レーベン富山Ⅵ新築工事
【住戸数】 119戸
【敷地面積】 2,067.58㎡
【建築面積】 903.05㎡
【延床面積】 13,462.94㎡
【着工予定】 2015年6月12日
【竣工予定】 2017年7月31日
【階数】地上18階
【高さ】53.85m

 

 

 

 

 

DSC09522

現在は立体駐車場の解体工事が進んでいます。

解体工事も終盤なので、順調に着工しそうです。

 

 

 

 

 

DSC09523

敷地北側の様子です。

 

 

 

 

 

DSC09524

敷地西側の様子です。

写真右奥に見える鉄塔の後ろにあるのが富山駅です、近いですよね~

富山駅から近い立地の18階建てマンションということで人気が出そうです。

北陸では高層マンションが少なく、基本的に16階以上は「高層」の部類になるのではないでしょうか(個人的な見解です)。高さも約54mと北陸のマンションにしては高いです。

富山駅北に高い建物が増えるということで、都市景観にも好影響だといいですね。


呉羽山から北陸新幹線を撮影 2015.5

DSC_0090

先日、呉羽山へ北陸新幹線を撮影しに行きました!

 

 

 

・・・とその前に、1つ、ご報告が!

私、ついに、一眼レフデビューしました!!

 

DSC09445

機種は Nikon D5300 です!(ダブルズームキットにしました)

念願の一眼レフ、今後は、SONYのコンデジ RX100 と、D5300で写真を撮っていきます!

(レビュー等は、良い写真が撮れるようになってからにします~)

 

・・・ということで、以下は、D5300で撮影した写真となります。

 

 

 

 

 

DSC_0093

まずは望遠レンズで試し撮り。やっぱり、一眼レフとは解像力が違います!

 

 

 

 

 

DSC_0097

ちょうど、北陸新幹線W7系(もしかしたらE7系)が来ました!

 

 

 

 

 

DSC_0098

連写でカシャカシャ撮ってました

 

 

 

 

 

DSC_0099

西日に照らされています。やっぱり顔がイケメンだなぁ。

 

 

 

 

 

DSC_0102

見えづらいですが、あいの風とやま鉄道の車両との2ショットです。

 

 

 

 

 

以下は、試し撮りのオマケ写真となります。

DSC_0104

西日に照らされるモミジ

絞り値:f/5.6 露出時間:1/1600秒 ISO速度:ISO200 35mm焦点距離:450mm

望遠端で撮ると、きれいにボケてくれました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0108

森の中の石像

絞り値:f/4.8 露出時間:1/125秒 ISO速度:ISO200 35mm焦点距離:157mm

玉ボケが繊細で、さすが一眼レフです。石像の顔はちょっとこわい?です。

 

 

 

 

 

DSC_0110

残雪と立山連峰

絞り値:f/5.6 露出時間:1/1600秒 ISO速度:ISO200 35mm焦点距離:450mm

望遠端300mm、35mm換算で450mmなので、ここまで近づくことが可能です!

 

 

 

最近、忙しいですが、合間に一眼レフを持って街歩きしたいです。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。