北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山 岩瀬浜散策 ② 2014.4



前回の続きです。

岩瀬浜海水浴場を後にして、近くの富山港展望台に上ってきました。


富山港展望台は地上25mのタワーで入館料は無料です。








中に入ると、網や浮きを使った展示がしてありました。

階段をぐるぐる登っていくと・・・








展望台に到着!

こちらは、ロシア向けに中古車を輸出する港になってます。

沢山の中古車がひしめくように停車してました。

奥がロシア行きの貨物船になります。








車をよく見てみると、一部が破損していたり、窓ガラスに何か書いてあったり、ガムテープを張られたいる車がたくさん並んでいます。本当に乗る目的なのかな??と思ったりもしますがどうなのでしょうか。









中古車たちをミニチュアで撮りました。


ちなみに近くにはロシア語の看板やロシア語で書かれたお店などがありました。









新湊の方向です。

手前から奥にかけて火力発電所群が、さらに右側には新港大橋があります。


まさに「THE 富山」といった光景ですね。

本当に個人的に富山と言ったら、立山連峰かこの写真通りのイメージなんですよね(笑)




岩瀬浜の街並みです。

残念ながら立山連峰は望めませんでした。

皆様もぜひ立山連峰を見に訪れるといいかもしれません。

本当にタダで海と立山が見れる施設はここしかありません!ぜひおこしあれ^^







【おまけ】



こちらは、明治時代の岩瀬浜の街並みです。

岩瀬浜は北前船の寄港地として繁栄しました。

金沢でいう金石や大野界隈といったところでしょうか。


しかし、金石や大野と違う点は、大型船の寄港地としても生き残れたことでしょうか。

今でも岩瀬浜には洋館風の建築も多少残ってました。

富山の海運を担ってた港ということもあり、豪商も沢山いたことでしょう。

そんな明治時代の岩瀬浜の町の区画をよく覚えてください。






そして、こちらが現在の岩瀬浜です。

どうです?ほぼ区画が変わってません。


特に埠頭付近のカーブの道路は変わってませんね。

昔の面影を今に伝える、岩瀬浜は歴史的風情あふれる素敵な港町です。



さて、次回は岩瀬浜の街並みです~



スポンサーサイト

富山 岩瀬浜散策 ① 2014.4















日曜日に天気が良かったので、岩瀬浜まで行ってきました。










海鳥が沢山いましたが、なかなか撮るのは難しいものですね。












奥が神通川河口になります。












漁港です。


岩瀬浜は金沢でいう金石や大野のように北前船で栄えた当時の雰囲気が色濃く残ってます。












こちらは岩瀬浜海水浴場です。美しい砂浜と富山湾の穏やかな波が砂浜に寄せられ、天気が良ければ立山連峰が一望できる、そんな海岸です。














埠頭にはロシア船籍の船が停泊してました。






次回へ続く・・・!


富山 松川沿い散策 2014.4

大分、日をあけてしまいました。

皆様ご無沙汰しております。


ようやく落ち着いてきたので、富山の松川べりを散策してきました。



まずは、富山城址公園から。

城址公園は北陸新幹線開業に向けて庭園を造園中でした。




枝垂桜が街に溶け込み美しいです。




そして、私好みのうっそうとした庭園もありました。

小松市の芦城公園のような雰囲気でした。




富山市中心部を流れる松川です。

明治時代までは、こちらが「神通川」として流れていた川です。

川幅は大分縮小したものの、今も川として残っており市民の憩いの場になってます。





富山県警など官公庁が立ち並びます。

あと数週間早ければ満開の桜が撮れたのですが・・・(汗)






モミジの花が咲いており、本格的な春の訪れを感じさせました。




こちらは、サンシップとやま という福祉会館です。

設計は、池原義郎・建築設計事務所で、船をモデルにした建築だそうです。

かなり斬新ですよね。







遊歩道を神通川へ向かって歩いていくと・・・



富山大橋を渡った場所からは富山市街地が一望できました。

金沢も素敵な街で大好きですが、富山にも少し愛着がわきました。









新しくなった金沢商工会議所



金沢商工会議所 新会館
地上3階、地下1階
総面積: 6117m2
地下1階 屋内駐車場(60台)
地上1階 金沢商工会議所、経済記者室、交流ロビー、ホール
地上2階 大会議室、研修室1~3、特別会議室
地上3階 テナント


金沢商工会議所はもともと老朽化が進んでいたため、隣接していた中小企業会館とともに取り壊され、建て替え工事をしてました。






大きな庇と円柱の柱、そしてガラス張りが特徴的ですね。まるで、現在建設中の北國銀行新本店ビルやラブロ片町再開発のイメージパースを複合したようなデザインとなり、最近の流行している建築をふんだんに使った建物に感じました。





かつての金沢商工会議所は金沢市出身で世界的に有名な建築家、谷口吉生氏が設計に携わっていた建物でした。取り壊され、景観に配慮するために地下化された駐車場とガラス張りの建物に生まれ変わりましたが、向かいにある金沢中央ビルも谷口吉生氏が設計に携わっているとのことです。

ガラスに反射している金沢中央ビルが後世へバトンタッチしているようでした。

北國銀行新本店ビル新築工事 2014.3下旬



北國銀行新本店ビル


■概要
建設敷地面積 約4,700㎡
敷地面積 約7,200㎡
延床面積 約17,500㎡
階数 地上11階、塔屋1階(但し11階は機械室のみ) 
高さ 54.50m(金沢パークビルと同等)
事業費 約70億円
◯2014年11月竣工予定
■設計・施工
設計 株式会社三菱地所設計
施工 清水建設株式会社


・新本店ビルの入口は17m(1階~3階)の吹き抜けとなるそうで、銀行の堅苦しい雰囲気が一気に開放的空間に生まれかわります。

・さらに、照明は全てLED照明、地熱利用の空調システムも取り入れるそうで、環境にも配慮したビルになります。




北側から見た北國銀行新本店ビルです。
大方の鉄骨は組み上がってます。
完成すると50m道路のケヤキ並木と建物がすごくマッチしそうで楽しみにしてます^ ^
低層部は総ガラス張りとなります。鉄骨からして特徴的ですよね。






さらに、間近で北國銀行新本店ビルを…
上にのびる円柱の鉄骨がまるで神殿のようです…
新たな銀行建築の幕開けでしょうか。


広岡2丁目ビル新築工事 2014.3下旬




広岡2丁目ビル は広岡2丁目に建設中のオフィスとホテルの複合ビルです。2008年頃からリーマンショックが重なり、長らく鉄骨むき出したまま建設が止まっていました。ようやく、2014年2月から建設が再開されました。

○広岡2丁目ビル(仮称) の概要
地上11階建て 43.2m
敷地面積 約2191㎡
建築面積 約1706㎡
延床面積 約15595㎡
4階~11階 ホテルマイステイズ金沢(仮称)(244室)
3階 貸事務所⁇
2階 貸事務所(オフィスフロア)、レストラン
1階 エントランスホール、ピロティ、店舗







1階には路面店舗が設けられ、2階の50m道路に面した側にはレストランが出店し、オフィスフロアもできます。

そして、4階から11階は、北陸初進出となる、フレックステイ・ホテルチェーンの「ホテルマイステイズ金沢」が進出します。(http://www.flexstayhm.jp/information/detail.php?id=vdXjVJJW)


グレーのシートには「熊谷組」と書かれてました。建設は急ピッチで進められているようにも見えました。

(手前のNHK金沢放送局の敷地ではボーリング作業が行われていました。)

JR金沢駅第3NKビル 新築工事 2014.3下旬



JR金沢駅第3NKビル は、JR西日本不動産開発が広岡3丁目に建設中のオフィスビルです。



地上7階建て
2014年4月完成予定
敷地面積4987㎡
建築面積1802㎡
延床面積9652㎡

オフィスビルに入居するテナントは、
7階 一般テナント(予定)
6階 ユニー北陸事務所
5階 JR西日本金沢支社
4階 JR西日本金沢支社
3階 JR西日本金沢支社
2階 日本旅行金沢支店 JR西日本金沢支社
1階 サークルKサンクス JR西日本金沢支社

(http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20140123302.html)



日本旅行は金沢駅構内の金沢百番街から、JR西日本金沢支社は東金沢駅周辺からそれぞれ移転してきます。


いよいよ、覆っていたシートが取れ、外観が露わになりました!





目の前まで来ると、カメラに収まらないほどの大きさで、想像以上に大きなオフィスビルとなりました。
縦に入った白のストライプ調が特徴的です。
色彩は白とグレーが中心なので、目立つこと無く、まわりの景観にも配慮した落ち着きがあります。




北側からの建物です。駅まですぐそこです。立地は最高ですね。





南西側からの建物です。
裏側もストライプで景観配慮をしています。今月中完成で、今夏にはJR西日本金沢支社が移転予定です。

このオフィスビル一つで駅西の歩行者数も増えそうで、好影響では無いでしょうか?

当建物はJR西日本金沢支社の社宅跡地再開発第一弾として建設されたもので、医療ビルが検討中、商業施設やマンションが構想中です。

駅西の賑わいの起爆剤となるのか、今後の動向も注目されます。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。