北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水鏡の世界







田んぼに水が貼り水鏡になってました。





金沢まちゲーション -kanazawa machigation-













金沢まちゲーション -kanazawa machigation-



車も鏡のように反射してました。



















金沢まちゲーション -kanazawa machigation-



小松ガスのガスタンクも逆さまにしても同じように見えますね。

























金沢まちゲーション -kanazawa machigation-






青空と白い雲が綺麗に映ってました^^

























金沢まちゲーション -kanazawa machigation-





電柱が連なり水面に映ります。
























金沢まちゲーション -kanazawa machigation-





あともう少ししたら田植えも始まりそうです。




スポンサーサイト

武蔵が辻周辺の開発情報 2013.5

撮影日は4月28日ですが5月とさせていただきます。ご了承を。











さて、まずはルキューブ金沢から~




金沢まちゲーション -kanazawa machigation-


建設現場はついにクレーンが建ちました。





ルキューブ金沢はマンションと福うさぎの店舗等で構成される複合ビルです。



























金沢まちゲーション -kanazawa machigation-



地下躯体が見えますね。


















金沢まちゲーション -kanazawa machigation-



鉄骨が建つのもそろそろかもしてませんね。















金沢まちゲーション -kanazawa machigation-



これからも建設を見ていきます。





















金沢まちゲーション -kanazawa machigation-






武蔵が辻をジオラマ風に・・・





















金沢まちゲーション -kanazawa machigation-
 





続いてはこちら、コメダ珈琲店が先日開店しました。今日も多くの人が出入りする様子が伺えました。






金沢まちゲーション -kanazawa machigation-
 


餃子の王将は5月中旬オープンです。


新緑に包まれる香林坊周辺

今日は金沢へ行ってきました~!



GWは金沢に行けないので今回の3連休に行っておこうと思ってました。




今回は長町武家屋敷なども行きましたが、まずは新緑の香林坊の街をお届けします。




金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

香林坊2丁目から~



香林坊を包むケヤキを撮りに行きました。








金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

私の好きなビル群(・∀・)




金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

茶色のビルに遅咲き桜が綺麗でした。






金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

さてさて、香林坊大和前です。今年もケヤキの葉が綺麗だなぁ。







金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

ルイヴィトンとケヤキ並木







金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

香林坊は10年ほど前と比べるとかなりオシャレな高級感が増したストリートになりました。


人通りも多かったです。








金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

こういうブランドストリートを走るボンネットバスが金沢らしいところですかね。


このボンネットバスは金沢城下町周遊バスで200円で金沢の城下町(メジャーな観光地)をぐるり一周します。






金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

香林坊一丁目交差点前







金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

ケヤキ並木の下を、トリーバーチの路面店とビームスの路面店が軒を連ねます。


この部分だけ見るとまるで表参道??










金沢まちゲーション -kanazawa machigation-


このあたりだけで20枚ほど撮影してます(笑)


ケヤキ並木は最もビル群と合う街路樹だと思っているので・・・











金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

このあたりは再開発してH&Mとかできたらいいなとか勝手に思ってます。σ(^_^;)










金沢まちゲーション -kanazawa machigation-




以上、香林坊の新緑レポートでした!


日本海側初のアウトレットモール計画 生き残れるか金沢市中心部! ②


前回の続きをそのまま書いていきます。



金沢市中心部が生き残るためには様々な個人的な思いがあります。




まずは、中心商店街が一体となって観光と一体となった金沢流のショッピングスタイルの確立です。
例えばファッション店で○千円以上買ったらチケットのようなものを発券し地元の飲食店や21世紀美術館などの公共施設、バスなどの公共機関の割引のいずれかに使えるようにすればまちなかの回遊性も高まると思います。

それとも商店街ぐるみでポイントカードを作成するのも一手かと思います。



そして、アウトレット(富山)には無い、金沢にだけあるものを集めれば誘客できるはずです。例えば、LOFTや東急ハンズなどの都市型ホームセンター・雑貨店に分類されるもの、ビックカメラやヨドバシカメラなどの都市型家電量販店、メロンブックスやとらのあななどのアキバ系のショップ、H&Mなどのファストファッション店舗、IKEAやコストコなどの大型外資系商業施設などまだまだ北陸にないかつアウトレットに出店しないようなお店があります。これらを誘致すればアウトレットモールにも対抗できそうです。


なおかつ地元資本と共存していくのは難しいことですが…


アウトレットモールのブームは過ぎ去ったので三井アウトレットパーク滋賀竜王の閑散ぶりを見た部分でも、さほどアウトレットモールと中心市街地の衰退との因果関係はそこまで無いように思われます。




私の最終的な意図としては、中心商店街の関係者がアウトレットモール計画に中心部の危機感を持っていただいて、再開発や対抗策となるものを様々に計画、適切に誘致して欲しいです。そういう意味でもラブロ片町再開発のテナント誘致はアウトレットモールのことも考えて慎重におこなっていただきたいです。




アウトレットモールは2015年3月開業予定となっているので、タイムリミットは2年余りです。



photo:01


市街地は良い方向へ変わるのか、今後の動向も見ていきたいです。



iPhoneからの投稿

日本海側初のアウトレットモール計画 生き残れるか金沢市中心部! ①

小矢部にアウトレットモール 国道8号沿い、15年3月開業目指す


 三井不動産(東京)は25日までに、小矢部市が同市西中野などの国道8号沿いに造成 する東部産業団地にアウトレットモールを開業する方針を決めた。北陸三県にアウトレットモールが進出するのは初めてで、北陸新幹線が金沢まで開業する2015年3月ごろの オープンを目指す。桜井森夫市長が同日の定例会見で明らかにした。
 小矢部市と三井不動産は24日、アウトレットモール用地に関して30年間の定期借地 権契約を結ぶことで基本合意した。来年夏をめどに正式契約する。

 三井不動産は全国に12カ所のアウトレットモールを展開しており、本州の日本海側で は初の進出となる。計画ではアウトレットモールの面積は約15ヘクタール、テナントは 衣料品や雑貨などを中心に80~100程度、駐車場は2500~3000台規模になる 見通しで、1000人程度の新規雇用が見込まれる。

 商圏は車で2時間圏内の新潟県南部から福井県北部、岐阜県飛騨地方までを想定し、人口規模は280万人程度となる。

 小矢部市は東部産業団地の造成に向けて、法人を含む地権者56人と買収交渉を終えており、夏ごろに着工する見通し。用地費を含む造成費は約28億6000万円、道路や上下水道など関連施設整備費は約10億6000万円で、市土地開発公社が市の委託を受けて造成工事に当たる。

 アウトレットモールの誘致を進めてきた桜井市長は会見で「小矢部の知名度向上や交流人口の増加、新たな雇用の創出など、地域活性化の起爆剤になることを期待したい」と語った。(北國新聞より引用)








石川県の地方紙じゃ滅多に見ない1面にでかでかと載る富山の話題。





ついに三井不動産が小矢部市にアウトレットモール建設計画を表明しました。





北陸にアウトレットモールができるの?とまだ実感がわかないですね。アウトレットモール誘致といえば、内灘の2001年頃の大京による(当時)日本最大級のアウトレットモール進出計画から始まり、石川県内では2009年頃の津幡のオリックスによるアウトレットモール構想、北陸では小矢部市の誘致の他にも射水市も誘致計画があったような…


様々な経緯があり、小矢部市に辿り着いた形になります。「やっぱり小矢部市か」といった感じがありますが…




小矢部市を少し話すとしたら、何と言ってもまちづくりが下手だなぁ、と思ってました。旧北陸道の宿場町の石動地区は現在もびっしり町家が連なってます。そういう歴史的なものは放っておいて意味不明な「メルヘンの街」宣言。学校や公共建築物を中心にメルヘンチックな建物(かなりバブリーな建物)が並びます。メルヘンなんだと思ってたら、地上100m余りのタワー「クロスランド小矢部」が建てられて、あの辺りは様々なイベントしてるけどね。そして、小矢部と言えばクロスランドとメルヘンの街だと思ってた矢先にアウトレット誘致します、と。もうなんでもアリな小矢部市。これからはアウトレットの街、小矢部となるのでしょうか。






photo:01

さて、アウトレット進出によって危機感があるのが金沢市中心部。2006年の金沢フォーラス開業(189店舗)以来のダメージでしょうか。金沢フォーラスはまだ金沢駅前でついでに市街地いこうとなりますが、アウトレットは完全に郊外店なので回遊性も何もありません。





アウトレットモールは80~100店舗ほどですが、大抵の場合から考えると半数近くが北陸初出店のテナントとなるでしょう。さらに、ブランド店アウトレットは香林坊大和や周辺ブランドストリートとカブる可能性もあり、壊滅的被害も予想されます。

photo:02




新幹線開業とほぼ同時期に開業するアウトレット。金沢は新幹線開業で沢山観光客が訪れるから街は衰退しないだろうという見解は少し甘いかもしれない。

新幹線開業で金沢を訪れるのは観光客であり、金沢でショッピングする事を目的としてません。

問題なのは開業によって金沢市中心部から富山の若者が消える恐れがあります。富山の若者は富山にお店が無いから金沢までショッピングに来るわけで、金沢より近いアウトレットに客足を奪われる可能性もあります。


北陸新幹線金沢開業でまちなかに人が増えたけど、竪町は閑散としている…という事にもなりかねません。


そして、能登が実質的に富山県になる可能性もあります。ちょうど2015年前後に能越道が全線開通予定されており、能登は無料化になったのと里山海道を使って金沢へ行くより能越道でアウトレットやイオンモール高岡、新幹線乗る時は新高岡駅というようになるかもしれません。



能登は商圏や都市規模が小さいといえども今後を考えると能登半島の20万人はとても大事になります。能登の富山化も危機感を持っておいたほうが良いでしょう。





ここまで、危機感を持てといったお話でしたが、私は今さらアウトレットが小矢部市にできても始めはアウトレット見たさに新しいもの好きの北陸人の若者層からシニア層まで大にぎわいとなりそうですが、しばらくすると人足が少なくなるのではないかと予想します。


アウトレットへ行ったことがある方は分かるかもしれませんが、アウトレットで売られている商品はアウトレットらしいものやサイズやカラーバリエーションも少ないものが多く、結局アウトレット来たけどやっぱり帰ろうということになりそうです。



特に本物志向が強い金沢の方は特にやっぱり金沢市内でショッピングしたほうがいいと思うのではないでしょうか。



つまり、アウトレット開業数年後は富山の若者が大半となり、次に能登、金沢の順番になりそうです。





次回は金沢市中心部はどのように対策をとっていくべきか個人的見解を書きます~



iPhoneからの投稿

金沢駅西口地下道を考える!



金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

久しぶりの勝手に計画シリーズ。

先日、金沢駅西口の地下道を歩きました。無個性な地下道をひたすら歩くのはうんざりです。金沢駅西口に動く歩道があったらいいなと思いました。










金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

金沢駅西口地下道は全長170mで、金沢駅西口と広岡交差点、パークビルを結んでます。短いといえば短い距離ですが、地方都市で駅舎と街が170m離れているのは駅前に広がる街が「駅前」として機能しづらいと思います。









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

金沢駅東口は駅舎から都ホテルまで130mほどですが、もてなしドームや鼓門など視覚的に楽しめるものがあるのに対し、金沢駅西口は駅舎からパークビルまで200mほどですが、視覚的に楽しめるものがありません。金沢駅西口は現在、駅西広場を再整備中ですが、金沢駅東口のもてなしドームのように街へ直線で行ける歩行者動線に屋根が無いため、雨の日には不向きです。














金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

そこで、駅西地下道の車椅子スロープは隣に移設、車椅子スロープスペースに動く歩道を設置し、170mの距離を少しでも縮めることができればいいなと考えます。


そして、金沢駅西口には将来的にオフィスビルやマンション、専門学校が建ちます。






駅西の歩行者数は現在は、

パークビル+周辺オフィスビルに勤務するビジネスマン

が中心ですが、将来的にはそれらに加え

北國銀行新本店+大原学園金沢新校舎+NHK金沢放送局+JR金沢支社+マンション2棟+オフィスビル

が予定されており合計で一日数千人利用者が増える事も予想されます。




そのためにも動く歩道があれば行き来が便利で、利用者も見込めるのではないでしょうか?




金沢まちゲーション -kanazawa machigation-



モノクロ カナザワ Monochrome Kanazawa

金沢をモノクロで撮ってみるとなかなか味があるものですね。



今回はなぜかエキサイト翻訳で調べた英語対応です(^_^;)




金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

金沢駅
Kanazawa Station












金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

Kanazawa Station grand staircase









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa








金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

Many works of art overflow.










金沢まちゲーション -kanazawa machigation-


21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa Color activity house








金沢まちゲーション -kanazawa machigation-









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

Shiinoki State Guesthouse
It was a building of the Ishikawa prefectural office a long time ago.







金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

It was a building of Kanazawa University a long time ago.







金沢まちゲーション -kanazawa machigation-











金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

It is a cultural-exchanges institution now.











金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

The clock of a central park



金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

The brand street of Kohrinbo.





ラブロ片町が来年3月閉店



金沢まちゲーション -kanazawa machigation-






金沢市片町2丁目の商業施設「ラブロ片町」が来年3月16日で閉店する方向となった 。周辺の再開発事業に合わせ、同月末から解体準備に入る。大和(金沢市)の金沢本店が 香林坊に移転し、現在の業態となって25年が経過しており、老朽化が進んでいた。ラブ ロ周辺の再開発事業については7月にも都市計画決定し、準備組合が発足する見通しであ る。


 関係者の話を総合すると、大和の連結子会社でラブロ片町を運営する「ディー・アンド ・シー」(金沢市)がテナントに対して来年3月20日までに退去するよう、説明を開始 した。同16日に全館営業を終了し、同月末には解体業者に引き渡す。ラブロのカード会員に対しても来月以降、閉店でポイントを利用できなくなることを通知する。


 ラブロ片町は1934(昭和9)年、大和の本店として現在の正面入り口付近が完成し た。その後、増改築を繰り返し、72(同47)年に現在の10階建てビルとなった。8 6(同61)年に大和本店が香林坊に移り、ラブロ片町に業態転換した。


 現在、同ビルにはファッションや雑貨、飲食などの店舗をはじめ、石川県赤十字血液セ ンターの「献血ルームラブロ」、アートシアターいしかわ、金沢市の「金沢まちなか観光交流サロン」も入居。大和は同ビル内に本社を置いている。


 ラブロ片町周辺の「片町A地区」の再開発をめぐっては、地権者らによる再生推進協議 会が法定再開発事業を目指し、話し合いを進めている。


 関係者によると、再開発事業の都市計画決定案が5月にも開かれる金沢市都市計画審議 会に諮られる。了承されれば、早ければ7月にも都市計画決定する運びとなる。準備組合 は建物の設計や事業計画をまとめ、本組合設立を目指す。(北國新聞)
































ラブロ片町がいよいよ来年3月に閉店しますね。




























私は小松市の人間ですから、片町大和の頃はあまりわからないので、はじめはこんなボロボロな建物はさっさと再開発してほしいなと思ってましたが、Twitter等を見ていると、





『ラブロ閉店さみしい』





『ラブロは高校生の時によく行ったなー』





『片町大和からの建物を壊すのはちょっと・・・』








というふうに特に金沢市民に親しまれた建物なんだなと、少し考え方も変わったりしました。
































片町大和からの建物と書きましたが、ラブロは増改築を何回も繰り返し、入口部分は昭和9年から現存するというのがなんともビックリした話ですね。昭和9年というともちろん戦前であり、今年で一部の建物の構造体が79歳になるのは金沢市のビルの中でも最古と言っても過言ではないでしょう。























ラブロは個人的にはフォーラス開業前までは人もたくさんいたので、ふらっと立ち寄ったりしてました。ABCマートやタワレコ、島村楽器など大手のお店がズラリと並び、金沢のファッションビルといえばラブロ片町だったような気がします。








しかし、運命の2006年。金沢フォーラス開業。

金沢まちゲーション -kanazawa machigation-






金沢の商圏がガラリと変わりました。老朽化したラブロ片町からフォーラスに移転するお店が続出、ABCマート、タワレコ、島村楽器、ユニクロなどもみんなラブロから撤退。2011年にはスタバも撤退。竪町の衰退もラブロからフォーラスへの人、店の大移動が原因でしょう。





























それからはラブロは一切行かなくなりましたね。Twitterのタイムラインを見ていても、








『ラブロは最近行ってなかったなー』





『ラブロってまだあったんだ』





『大学の時が一番行ったかも』








など、みんなラブロは最近は行ってないようでした。














まとめると、





『ラブロは昔行ったけど最近は行ってない。だけど、様々な思い出の場所なので閉店するのはさみしい。』





というような感じでしょうか。片町大和から79年間親しまれたビルが取り壊されるのは悲しい気持ちもわかりますね。何にでも誕生があれば終わりだってあります。このままでは幽霊ビルにもなりかけているので、再開発により新たな歴史を踏んでいくことも必要です。












































■再開発について■








片町再開発は道路を含めた面積6000平方メートルが想定されています。


現在は、商業施設+公共施設をベースにして、ベースのみの『基本案』、上層階ホテルの『ホテル案』、上層階マンションの『マンション案』の3案で協議されており、5月に結果がまとまるそうです。


(再開発3案についてはこちら http://ameblo.jp/kanamachi21/entry-11455366139.html
)













金沢まちゲーション -kanazawa machigation-






今回は、こういう施設があったらいいな、ということは割愛しますが、片町再開発は金沢市のみならず、県からも(金沢市が5120万円、石川県が1280万円補助金を出している)再開発です。











様々な新聞の記事を拝見しましたが、どの新聞にも書いてあったのが『キーテナント』という言葉です。


利用客の期待に応えられる『キーテナント』が誘致できなかったら再開発は水泡ということ。





キーテナント誘致は大丸や松坂屋のグループ『Jフロント・リテイリンググループ』と大和が中心となります。


Jフロントリテイリングは、商業ビルのパルコもグループに入っているのでファッション系テナントの誘致に期待できそうな面もあります。しかし、個人的な考えとして、仮に私が店側の立場だとしたら道も狭い上に人通りが減少傾向の場所に出店しようという気が起こるかが問題です。

















金沢まちゲーション -kanazawa machigation-








大きな話題を呼ぶテナントが決まれば、いいですけどね。





夏頃にラブロを見てこようと思います。





また情報が入り次第ブログを書きます。



2013.10.14 情報更新しました
こちら

旧石川県庁跡地整備工事 2013.4



金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

しいのき迎賓館に引き続き、石川県庁跡地整備Ⅱ期工事が続いてます。











photo:07


石川県庁跡地整備Ⅱ期工事は地下駐車場と芝生の緑地が整備されます。平成25年度完成予定です。










金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

しいのき迎賓館と地下駐車場(建設中)の間はガラス製の屋根が設置されました。









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

しいのき迎賓館の西側出入口には丸いガラス製の屋根も設置されました。









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

静岡駅前のような明るいガラス製の屋根は開放的でいいですね(^ ^)







金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

しいのき迎賓館周辺はセントラルパークとして進化していってます。









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

<おまけ>
かつて広坂通りにあった「お婦久軒」が21世紀美術館隣に「ofuku」としてリニューアルしました。ケーキがとっても美味しいと聞いたので今度寄ってみたいなと思いました。




金沢駅西の再開発レポート 2013.4

金沢駅西の開発状況です。



金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

「アットパーク金沢駅西」裏に建設中なのは大和ハウスのマンションです。

■ 概要 ■
『金沢 広岡Ⅱ 新築工事』
高さ 43m
延べ床面積 5353㎡
地上14階 地下0階







金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

現在は地盤調査が進んでました。確か6月着工予定です。








金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

こちらは、大和ハウスの『プレミスト金沢駅西口』です。プレミスト金沢駅西口の特徴は、金沢駅西口の最高の立地にありながら、どのタイプの部屋も専有面積100㎡を超えるということです。








金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

こちらは大原学園金沢新校舎です。
工事が進んでました。




NHK金沢放送局建設予定地は金沢市からNHKへ売却されました。北國銀行新本店ビルやJR金沢駅第三NKビルもそろそろ着工しそうです。


今後も楽しみですね!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。