北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオンモール新小松 建設工事 2016.11

2016110501470
イオンモール新小松 建設工事は、石川県小松市でイオンモールが建設する商業施設です。石川県内で2店舗目となるイオンモールで、完成すれば北陸最大級のイオンモールとなります。


◆イオンモール新小松の概要


aeonmall01

aeonmall02

(イオンモール小松沖の完成イメージ図((「(仮称)イオンモール小松沖」の開発計画について  を引用しました) ))

詳細は、(参考記事:名称はイオンモール新小松に決定しました!)に書きました。

2016021900777 
所在地 : 石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内、三田町
施設名称 : イオンモール新小松
敷地面積 : 約128,000㎡
延床面積 : 約 83,000㎡
総賃貸面積 : 約60,000㎡
駐車台数 : 約3,200台
開店予定日: 2017年春
設計:鹿島建設株式会社
用途:物販、飲食、映画館、駐車場
建築面積:約33290㎡
階数:地上4階 塔屋1階
棟数:本体棟、別棟22棟、計23棟
完成予定年月日:平成29年4月

 
 
 
 
 
 
 
 

◆正面の様子


2016110501413

正面の様子です。ヤマダ電機前から見ました。
仮囲いのフェンスは外され、外装はほぼ完成に近づいています!!
 
 
 
 
 
 
 
2016110501421
交差点ギリギリに屋上駐車場に伸びる橋の工事が進んでいます!
 
 
 
 
 
 
 
2016110501422
屋上駐車場に伸びる橋は1階から一気に4階の屋上へと伸びているため、イオンモールかほくやイオンモール高岡など北陸のイオンモールの中で最も急勾配?かつ、インパクトがあるものになっています。
 
 
 
 
 
 
 
2016110501428
正面は思ったより凝った作りになっています。
 
 
 
 
 
 
 
2016110501429
木材風のパネルが取り付けられていました。
 
 
 
 
 
 
 
2016110501432
非常階段も取り付けられたようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016110501434
イオンモール新小松のエントランス部分です。
 
 
 
 
 
 
 
2016110501435
拡大しました。エントランスはガラス張りの大屋根が設けられる予定です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016110501437
外壁工事はほぼ完了しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016110501440
西側の様子です。
 
 
 
 
 
 
 
◆裏側の様子
2016110501453
裏側の様子です。
 
 
 
 
 
 
 
 
2016110501454
巨大な非常階段がありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016110501455
裏側は非常にシンプルです。田畑が雪で覆われると同化してしまいそうです。
 
 
 
 
 
 
 
2016110501461


黒い部分はちょうど正面エントランスの裏側部分です。
 
 
 
 




 
 


2016110501462.jpg 
拡大するとこんな感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
2016110501463.jpg  3階にはちょうど霊峰白山の方向を向いて、カーテンウォールが取り付けられています!!
白山が一望できる展望台の役割となるのでしょうか??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2016110501464.jpg 
写真には納まらなかったのでパノラマで
 
 
 
 
 
 
 
 

◆遠景


 2016110501470.jpg 
遠景で眺めてみました。
このアングルからだとイオンモール新小松の大きさがよく伝わります。
建築面積はイオンモールかほくより小さい感じがしますが、3階建てのモールなので高さはこっちの方がある印象です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2016110501475.jpg 
さらに遠景で。
田園風景の中に現れた巨大モールという感じでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 20161105_0160.jpg 
アングルを変えて、北側から見た様子です。
クレーンがちらほら見えるところがイオンモール新小松です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◆同時に進む付近の工事


 2016110501415.jpg 
同時に、イオンモール新小松向かいでも工事が始まり、広大な駐車場と建物の基礎工事の様子が見えました。
もしかすると、ここが星乃珈琲店となる可能性が高いです!
 
 
 
 
 
 
 
 2016110501416.jpg 
星野珈琲店は南加賀地区初出店となります。
今年中の開業を目指しているそうですが、少し開業が遅れそうですね。
 
イオンモール新小松と同時期開業でしょうか?
 
 
先日、小松市在住の友人と話してくると◯◯がイオンに移転してくる、◯◯がイオンにできるなどの噂もちらほら聞こえているとのことでした。
まだ確証がある情報ではないので書きませんが、そういった話が地元でも出回っているのが非常に興味深いです。
 
 
 
 
 
 
 

◆過去記事


イオンモール小松 建設工事 2016.9
名称はイオンモール新小松に決定しました!
イオンモール小松沖(仮称) 建設工事 2016.2
(仮称)イオンモール小松沖 の概要が発表!2017年春の開業を目指す!
イオンモール小松(仮称)が着工します!2017年春開業を目指す!
小松市沖町周辺 2013.5.25
イオンモール小松 建設計画の行方…

スポンサーサイト

名称はイオンモール新小松に決定しました!

イオンモールは、建設中の(仮称)イオンモール小松の名称を、イオンモール新小松とすることを発表しました!!
 
 
 20160902_0250_thumb.jpg 
 
 

イオンモール株式会社(以下、「当社」)は、石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内に開発中のショッピングモールの名称を、「イオンモール新小松」(以下、「当モール」)に決定しましたのでご案内します。当モールは、地域に住まわれる全ての皆さまに、新たな小松を発見し、ご提案するとともに、古くから小松市に根付く豊かな文化、資源、環境などを背景に育まれた当地のさらなる発展に寄与することをめざして「新小松」といたしました。また、当モールに於ける地域文化を活かした最初の取組みとして、「小松九谷工業協同組合」並びに「石川県九谷窯元工業協同組合」とのコラボレーションや、小松市内で開催される「どんどん祭り」への参加も決まりましたので合わせてご案内します。
~北陸最大級の商業施設~「イオンモール新小松」正式名称の決定及び「小松九谷工業協同組合」・「石川県九谷窯元工業協同組合」との連携について  ‐ イオンモール より引用)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小松市のイオンの変遷


モールの名称は「イオンモール新小松」になりましたが、「新小松」という名称はかつてのジャスコで使用されていた名前で、今回復活することとなります。
せっかくなので、小松市のイオンの変遷を図にしてみました。
 
aeon.jpg 
まず、現在の小松駅前バスターミナルとなっている敷地に、北陸ジャスコが「いとはん小松店」を1970年(昭和45年)4月3日に開店させたことが始まりとなります。店舗面積は約2,784m²だったそうです。当時は駅前の防火ビルを兼ねた複合ビル「こまビル」の一角に入った店舗でした。こまビルには専門店街があり、50店舗とともに営業していました。
 
そして、1991年(平成3年)12月12日に小松市郊外(平面町)に、「ジャスコブロードタウン新小松」として移転開業しました。
ここで「ジャスコ新小松店」が誕生しているわけです。ブロードタウンという意味はイマイチ分かりませんが、カタカナ+商業施設名は当時の流行だったのかもしれません。「新小松」というのは、開業当時周辺に何もないエリアだったので小松市の郊外拠点となる意味、小松店の移転開業という意味を込めたのだと思われます。
2011年3月1日には「イオン小松店」となり、「新」が店名からとうとう消えました!
 
そして、新たなイオンモールは、「イオンモール新小松」になり、「新」が復活することとなります!!
開業するエリア周辺(沖町地区)も元々は田園地帯で大型商業施設が無かったこともあり、1991年のジャスコ新小松店と状況が似ているかもしれません。
今後このエリアが小松市、南加賀の商業拠点エリアとなるでしょうね。
 
このブログで取り上げない限りは、まずスルーしてしまう出来事かもしれませんが、ここに書きとどめておきます(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イオンモール新小松の概要


所在地 : 石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内仮換地20街区
施設名称 : イオンモール新小松
敷地面積 : 約128,000㎡
延床面積 : 約 83,000㎡
総賃貸面積 : 約60,000㎡
駐車台数 : 約3,200台

コンセプト:『加賀ノ国文化ヲ嗜ム』豊かな時と美意識が息づく加賀文化で過ごす
開店予定日: 2017年春
設計:鹿島建設株式会社
用途:物販、飲食、映画館、駐車場
建築面積:約33290㎡
階数:地上4階 塔屋1階
棟数:本体棟、別棟22棟、計23棟
完成予定年月日:平成29年4月

 
 
 aeonmall01.jpg aeonmall02.jpg 
 
(イオンモール新小松の完成イメージ図((「(仮称)イオンモール小松沖」の開発計画について  を引用しました)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

内装イメージも公開!


 aeon0111.jpg 
~北陸最大級の商業施設~「イオンモール新小松」正式名称の決定及び「小松九谷工業協同組合」・「石川県九谷窯元工業協同組合」との連携について  ‐ イオンモール より引用)
 
イオンモール新小松の内装イメージも新たに公開されました!北陸では初めてとなる1~3階商業施設のモール型店舗です!
そして、イメージ図左側にあるのが、シンボルとなるモニュメント(仮称)九谷柱で、南加賀の九谷焼作家が制作した皿百枚を並べる高さ十七メートルの大きさのもので、1階から3階の吹き抜けに設置されます!
小松市を含む南加賀の一帯は九谷焼の一大産地で、小松市には陶石の採石場があったり、人間国宝の九谷焼作家 徳田八十吉の出身地でもあります。
 
北陸新幹線金沢駅舎のように地元の伝統工芸を人目に触れる位置に展示するのが流行なのでしょうかね。
(参考記事:【特集】 まるで美術館!伝統工芸品あふれる金沢駅の魅力!
 
 
 
 
 
 
 

出店予定の店舗は?


出店予定の店舗は全部で150店舗程度あると思いますが、まだ正式発表がないため、現時点で求人誌に載っていた店舗のみ掲載します。
イオンモール内(2017年春オープン)
・カルディコーヒーファーム(輸入食品・コーヒー)
・カンテボーレ(パン)
・ミルフローラ(ジュエリー)
・ココキュリオ(雑貨)
・アイラッシュサロン ブラン(美容室)
・オンデーズ(眼鏡)
 
敷地内(2017年1月オープン)
・星乃珈琲店(カフェ)
 
となっています!
 
 
 
 
 
 
来年春が楽しみになってきました!!
 
 

◆過去記事(2016年9月の建設状況)


イオンモール小松 建設工事 2016.9

イオンモール小松 建設工事 2016.9

20160902_0264
 
イオンモール小松 建設工事は、石川県小松市でイオンモールが建設する商業施設です。石川県内で2店舗目となるイオンモールで、完成すれば北陸最大級のイオンモールとなります。






 
aeonmall01
 
aeonmall02
(イオンモール小松沖の完成イメージ図((「(仮称)イオンモール小松沖」の開発計画について  を引用しました) ))

詳細は、(参考記事:(仮称)イオンモール小松沖 の概要が発表!2017年春の開業を目指す!)に書きました。


2016021900777

◆(仮称)イオンモール小松沖の概要
所在地 : 石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内、三田町 
施設名称 : (仮称)イオンモール小松沖
敷地面積 : 約128,000㎡ 
延床面積 : 約 83,000㎡
総賃貸面積 : 約60,000㎡ 
駐車台数 : 約3,200台
開店予定日: 2017年春
設計:鹿島建設株式会社
用途:物販、飲食、映画館、駐車場
建築面積:約33290㎡
階数:地上4階 塔屋1階
棟数:本体棟、別棟22棟、計23棟
完成予定年月日:平成29年4月
 
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0225
取材するのは2016年2月以来、7か月ぶりとなってしまいました。
建物は建設工事が大幅に進み、外観は完成に近づいています!!
 
上の写真は屋上駐車場に伸びる橋となります。イオンモールではお馴染みの構造かもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0230
今まで何もなかった場所にこうやって大きな構造物が建つと非常にこのあたりも変わったなとしみじみ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0226 
イオンモール小松の東側の部分を撮影しました
最も東側に先ほど取り上げた屋上駐車場までの橋があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0234
イオンモール小松の中央部となるあたりです。
他のイオンモールと比べると非常にシンプルな外観となっています。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0236
イオンモール手前の道が片側1車線なので、開業時は大丈夫…?と思ってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0237
このあたりが、記事冒頭の完成イメージの2つ目にあたる場所です。
まだ外観に木材は見えませんが、取り付けるための骨組みが見えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0239
こちらはイオンモール小松の西側にあたる場所です。個人的予想ではこちらに映画館と飲食施設を集積させるのかなと思っています。
イオンモール小松沖 2017年春オープン の垂れ幕があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0242
イオンモール小松の敷地の最西端にあたる場所です。
この辺りは駐車場になるであろう場所です。写真右側にわずかにイオンモール小松の建屋が見えます。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0243
こちら側は屋上駐車場につながる橋は無く、外壁の貼り付け作業が行われていました。
まだ盛り土も多く残っていますね。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0248
場所を変えて、南側から見たイオンモール小松の様子です。
真っ白な外観に黒い横線がアクセントとなる建物です。
周辺は田園地帯なので非常に目立ちますが、稲が刈られ雪が積もれば、建物も周辺に溶け込むことでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0249
















広域的に撮った写真です。
こうやってみるとイオンモール小松の大きさが伝わるかと思います。
黒い横線によって2階建てに見えるかもしれませんが、3階建てで、おそらく商業施設部分は1~3階のモール型店舗になります。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0251
南側から見た様子です。なんだか、巨大工場にも見えてきます。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0252
非常に横に長いです!
 
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0253
裏側でもまだ重機が動いていました。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0254
ここだけ外壁が張られていないので、白山を望むことが出来るガラス張りの空間になるという個人的予想です。
クレーン車がいる辺りに設置予定の非常階段が無造作に置かれています。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0258
敷地西側の様子です。
ここからが最もイオンモール小松の大きさが分かるのではないでしょうか。
写真右側には屋上駐車場につながる橋があります。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0265
はじめは3階にも駐車場が設けられるかと思っていましたが、橋を見る限り、3階への駐車場入り口が無いので、3階も店舗になりそうです。
 
 
 
 
 
 
 
20160902_0266
北陸最大級の150店舗が入居するイオンモール小松、鉄骨が組みあがり、巨大なモールが出現しました!
 
気になるのはテナントですが、現時点では未発表なので分かりません。
しかし、求人情報を見る限り、星乃珈琲店がイオンモール小松に出店することが明らかになりました!
小松市では初めての出店となります。
 
イオンモール小松の開業を見込んでか、周辺では宅地開発も活発で80区画の住宅地が分譲を開始しています。
こういったように、大型商業施設を起爆剤にしてほしいところです。
 
2017年春の開業が楽しみですね!!
2016年2月の様子はこちら

イオンモール小松沖(仮称) 建設工事 2016.2

2016021900769

イオンモール小松沖(仮称)建設工事は、石川県小松市でイオンモールが建設する商業施設です。石川県内で2店舗目となるイオンモールで、完成すれば北陸最大級のイオンモールとなります。

 

 

 

 

 

 

イオンモール小松

(イオンモール小松沖の完成イメージ図((「(仮称)イオンモール小松沖」の開発計画について  を引用しました) ))

 

詳細は、(参考記事:(仮称)イオンモール小松沖 の概要が発表!2017年春の開業を目指す!)に書きました。

 

 

2016021900777

 

◆(仮称)イオンモール小松沖の概要
所在地 : 石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内、三田町 
施設名称 : (仮称)イオンモール小松沖
敷地面積 : 約128,000㎡ 
延床面積 : 約 83,000㎡
総賃貸面積 : 約60,000㎡ 
駐車台数 : 約3,200台
開店予定日: 2017年春

設計:鹿島建設株式会社

用途:物販、飲食、映画館、駐車場

建築面積:約33290㎡

階数:地上4階 塔屋1階

棟数:本体棟、別棟22棟、計23棟

完成予定年月日:平成29年4月

 

 

 

oki

今回も分かりにくいので、地図で示します。

 

まず、①地点から②地点まで順に撮影しました。

2016021900772

①地点です。フェンスがされ、クローラークレーンが稼働中でした。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900773

②地点方向へ歩いていきます。

イオンモール小松沖 2017年春オープンの看板がありました。

 

 

 

 

 

 

2016021900776

現場事務所などが設置されていました。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900783

②地点を少し南下した場所です。

地盤改良工事が行われていました。

 

 

 

 

 

 

2016021900789

③地点から眺めてみました。東西の広い範囲で工事がされていることが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900791

③地点から①地点を望みます。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900793

再び①地点方向。このあたりは計画が決まってからおよそ5~6年放置された土地であったため湿地化していました。

そのため、地盤改良工事が欠かせませんね。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900794

まだ着工されたばかりのイオンモール小松沖。

150テナント+映画館という南加賀地区最大の商業施設が誕生することとなり、商圏にどのような変化をもたらすか注視されます。


イオンモール小松(仮称)が着工します!2017年春開業を目指す!

イオンモール小松(仮称)が2017年春を目指して着工します!

 

◆概要

名称 イオンモール小松沖(仮称)
設計 鹿島建設株式会社
用途 物販、飲食、映画館、駐車場
敷地面積 約122600㎡
建築面積 約33280㎡
延べ床面積 約83410㎡
階数 地上4階 塔屋1階
棟数 本体棟、別棟22棟、計23棟
着工予定年月日 平成27年12月16日
完成予定年月日 平成29年4月

 

035

2012年3月に撮影した現地の写真です。

小松市沖町の大型商業施設計画は、当初は「アピタ」を運営するユニーが進出予定でしたが、地権者の意向を踏まえ「イオン」が進出することとなりました。イオンモールの計画は2006年ごろに発表され、当初は2008年ごろ開業と噂されていましたが、地権者とのかかわりや、駐車場確保のため農地転換等に時間がかかり、2015年10月にようやく動き出しました。

 

ここ5年は上の写真のような状態が長らく続きましたが、ようやく着工するため、仮囲いに覆われた状態とのことです。

 

 

概要を見てみると、南加賀地区に初となるシネコン(映画館)が出来ます!

敷地面積、延床面積と階数を見る感じだと、イオンモールかほくクラスの商業施設になるという個人的な予測です。

店舗数は130~140店舗(1店舗当たりの面積によっても左右されます)、1~3階が商業施設、4階が映画館かなって感じです。

棟数を見ると、本体棟のほかに、別棟22棟って一体…?って感じです。このあたりは完成イメージ図を見ない限り分かりません。

 

016

2012年の様子です。長らく建設予定地はこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

017

「ほんとにイオン建つんけ?」小松市民の多くは必ずこう思っているはずです(笑)

今度こそは建つようですよ。イオン来る来る詐欺(笑)に何度騙されたことかw

 

 

 

 

 

 

029

沖周辺土地区画整理事業はイオンの区画を残して、ほとんどの保留地が埋まってきている状況です。

開業すれば、小松市はおろか、周辺の商圏地図も変化することでしょう。

 

また詳しい情報が入り次第、お伝えします


このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。