北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小松駅周辺の都市景観が「アジア都市景観賞」を受賞しました!!

2015050509164
国連ハビタット福岡本部や福岡アジア研究所などが主催する「アジア都市景観賞」に「小松駅周辺整備事業~こまつの杜、サイエンスヒルズこまつ~」が受賞しました!!東海・北陸地方では初の受賞となりました。
 
 
 
 
 
 
 

アジア都市景観賞とは?


アジアの人々にとって幸せな生活環境を築いていくことを目標とし、アジアの優れた都市景観の形成に寄与し、他都市の模範となる優れた成果をあげた都市や地域などを募集選考す表彰する景観に関する国際賞である。
エントリー総数41件のうち、本年度の受賞件数な15件、日本での受賞は4件となっている。

報道資料:「小松駅周辺整備事業~こまつの杜、サイエンスヒルズこまつ~」2016アジア都市景観賞受賞 -小松市
 
 
 

過去にアジア都市景観賞を受賞した都市(国内)


・松江市
・松山市
・長崎市
・広島市
・玖珠町(大分県)
・倉敷市
・南魚沼市
・姫路市
・鹿児島市
・萩市
など、全国各地様々な特色を持つ都市が選出されています。
今年度も含めると、これまでに14のアジアの国や地域で79都市が選出されています。
 
 
 
 
 
 

小松駅周辺が選出された理由


20151123_0141
小松市によると、こまつの杜やサイエンスヒルズこまつなど、科学的な体験施設が立地する駅東側と、伝統的な町家が並ぶ駅西側の対比が評価されたとみられる、としています。
 
上の写真は小松駅西口の「れんが通り商店街」です。奥に見えるのが小松駅です。
石川県の「都市ルネッサンス事業」の一環で、外壁にレンガを用いた修景整備が行われ、全国でも珍しい取り組みで商店街の活性化につなげています。
 
 
 
 
 
 
 

科学的な体験施設が立地する小松駅東側


2015050509171
小松駅東側はかつての「コマツ小松工場」が立地していた場所であり、世界第2位の建機メーカーコマツの創業の地でもある場所です。
2010年に工場閉鎖後はコマツと小松市が一体的に工場跡地を整備し、新しい街「こまつの杜」が誕生しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015050509193

この曲線状の美しい建築は「サイエンスヒルズこまつ」と呼ばれる、科学館が核となった複合施設です。
建物がいくつもの丘になっており、屋根が屋上緑化されており、実際に屋根の上を丘を歩いているような気分で散策できます。
奥には晴れた日には霊峰白山を望むことが出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
2015050509198
館内には科学館の他、展示会にも使用できる日本海側初となる3Dドームシアター、見本市や展示会、イベントに利用可能なホール、ミシュランガイドにも掲載されたレストラン「リストランテジン」、インキュベート施設などが入っています。
北陸有数のものづくり都市、工業都市の小松市ならではの施設です。
 
 
 
 
 
 
 
 
2015050509202
隣りには、コマツの新人研修などで使用される「コマツウェイ研修センタ」があります。
旧コマツ小松工場の一部分も再活用されています。
 
 
 
 
 
 
 
2015050509210

コマツが整備した都市公園「こまつの杜」が駅に隣接しており、まるで公園の中にある駅のようです。
 
 
 
 
 
 
 
2015050509215
そして、シンボルとなる巨大ダンプカー930Eが構えています。
実際にチリの鉱山で稼働していたもので、時間が合えば運転席に乗ることも可能です。
 
 
 
 
 
 
2015050509216
そして、こまつの杜では里山が再現されており、自然と人との関わりを学ぶことが出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC04424
駅前のかつては建機の工場だった場所に現在は里山がある一方で、サイエンスヒルズこまつなど未来の技術者を育成する施設がある新しい街として発展している小松駅東口。
 
 
 
 
 
 
 
 


伝統的な町家が並ぶ小松駅西側


2015050509161
一方で、小松駅西口は江戸時代から繫栄した小松市の旧市街地で、現在も多くの町家が残っています。
個人的には町家が連なって残っている街をいくつも見てきましたが、小松市が規模としては一番じゃないかと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
20151123_0152
最近の古い町並みは観光地化されてしまって…
と聞くこともありますが、小松市は観光地化されておらず、当時の街並みが当時のまま残っているというのが特徴です。
 


 
 
 
 
 
 
私自身は建物(特にビル)が好きな面もありますが、こういった新旧の対比ができる街(金沢など)が特に興味があります。
その中で、小松市が新旧の対比が素晴らしい都市景観を作り上げたうえで、アジア都市景観賞を受賞するのは大変うれしいです。
今後は北陸新幹線小松駅が開業予定など新幹線開業に向けた都市計画が加速すると思われます。
さらに、イオンモール新小松の開業や公立小松大学(仮称)の開校等も控えたうえで、小松駅周辺の役割とは何か今一度考えたいところです。
 
今後も全国の都市景観の見本として発信していってほしいです。
 
アジア都市景観賞の授賞式は2016年10月30日に行われます。
 
 

参考記事


小松駅南ブロック再開発ビルが起工!大学キャンパス、ホテルを建設へ!

航空祭だけじゃない!小松市の一押しスポット!
こまつの杜を散策しました
小松市の新名所! れんが通り ①

スポンサーサイト

航空祭だけじゃない!小松市の一押しスポット!

20150921_1557
いよいよ、明日は小松基地航空祭2016ですね。
天気が少し心配ですが、無事開催されるようで一安心です。
 
さて、小松基地航空祭は毎年、全国各地から、小松市の人口(10万人)を上回る、見物客が訪れる、小松市最大のイベントです。
全国各地から、という点では石川県で最大のイベントといっても過言ではありません。
 
毎年、小松基地周辺はもちろん、小松駅も大混雑しますが、それ以外は観光客が少ない気もします。
だから、航空祭が毎年開催されるのを機会に、もう少し、小松市を知っていただけたら嬉しいです。
 
 

小松市は乗り物の街!


komatsu1
小松市は乗り物の街としてアピールしています!
それもそのはず、小松空港・小松基地、小松駅、北陸自動車道があり、新幹線も開業予定、市内のインフラはかなり充実しています。
それだけではなく、日野車体といすゞが合弁して設立した「ジェイ・バス」の工場・本店があり、観光バスを全国に向けて生産しています。
さらに、建機メーカー世界第2位のコマツの創業の地であり、油圧ショベルやブルドーザーなどを世界に向けて生産しています。
そして、上記の施設のおかげで、飛行機、戦闘機、電車、バス、建機など乗り物好きにはたまらない街になっています。
 
 
 
 
 
 
乗り物を見るためのおすすめスポット

1.小松空港展望デッキ


2016021800745
ここは言わずもがな有名スポットですね。
小松基地航空祭でも多くのカメラマンが集うスポットです。
北陸新幹線開業後はデッキが無料化され、訪れる人も増えました。
冬になると写真のように白山と旅客機・戦闘機が絡めて撮影できます。
 
 
 
 
 
 

2.航空プラザ


koukuuplaza
(引用元:http://kskkousya.com/index.php?mode=office&sub_mode=plant)
小型飛行機からジェット戦闘機まで18機の実機の展示と多数の模型やパネル、簡単な風洞装置などを使って航空機の歴史や仕組み、飛行の原理などをわかりやすく解説する航空博物館です。体験型学習器材として、本物のYS-11シミュレーターのほか4種類の簡易シミュレーターがあります。(有料¥100~¥500)

また、1階実機展示場には、天候に関係なく遊べる国内最大級の飛行機型遊具を備えた子供広場「ぶ~んぶんワールド」があります。
 
◆航空プラザ
http://kskkousya.com/index.php?mode=office&sub_mode=top&office_no=5
 
 
 
 
 
 

3.こまつの杜


komatsu1




コマツの杜はコマツの創業の地である、コマツ小松工場跡地に整備された公園で、世界最大級のダンプカー「930E」がお出迎えしてくれます。
タイミングが合えばダンプカーの運転席に乗ることもできます。
また、隣の旧本社を復元した「わくわくこまつ館」では建機の仕組みが学べたり、モノづくり体験が出来ます。
 
周辺にも、コマツが世界のコマツとなるために支えた貴重な建機たちを見ることが出来ます。
 
◆こまつの杜
http://www.komatsunomori.jp/
 
 
 
 
 

4.土居原ボンネット広場


doihara_bonnet_thumb
(写真:小松市より引用)
JRより譲り受けたボンネット型特急電車「クハ489-501」が公園内に設置されています。
車両は特定非営利活動法人北国鉄道管理局によって管理・運営されています。
3月中旬から12月中旬の土・日曜日、祝日、夏休み期間中の水・金曜日には一般開放され、客室内への乗車が可能です。
住所:小松市土居原町772番地
 
◆土居原ボンネット広場
http://www.kuha489-501.jp/
 
 
 
 
 

5.ポッポ汽車展示館


poppo
(引用元:http://www.city.komatsu.lg.jp/5127.htm)
 旧尾小屋駅跡地に保管されていた尾小屋鉄道の蒸気機関車・気動車・客車の3両を移設、保管庫を新築し、展示館として整備しています。鉄道関係の資料も合わせて展示し、尾小屋鉄道の歴史も振り返ることができます。
日本最後の軽便鉄道に思いを馳せてみてはいかがですか?
◆ポッポ汽車展示館
http://www.city.komatsu.lg.jp/3754.htm
 
 
 
 
 
 

6.日本自動車博物館


hakubutukan
(http://ujita.co.jp/blog-ujita/2009/05/06/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%81%AE%E6%AC%A1%E3%81%AF%E3%80%80%E3%80%8E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%80%8F/より引用)
展示台数日本一の自動車博物館です。3,500坪の広大なスペースに、各国から集められた世界の名車を常時500台展示しています。
また、この施設のもう一つの特徴は世界のトイレ(15か国、40個)が設置されており、こちらも楽しめるのではないでしょうか(笑)
 
◆日本自動車博物館
http://mmj-car.com/
 

 
 
 
 
 

小松市はB級グルメの街!


小松市はB級グルメも有名です。まだまだ全国的には知名度は低いものの、味はA級で美味しいものばかりです。
 

小松名物 塩焼きそば


area1_sioyakisoba
(引用元:http://www.sio-yakisoba.com/images/area1_sioyakisoba.jpg
小松市には美味しい中華料理店がひしめく街って知っていましたか?その中でも私の一押しは塩焼きそばです。
麺、もやし、にんじん、ネギ、しょうゆは地元産で、塩にもこだわっています。
市内各店で、オリジナルの塩焼きそばが楽しめます。
 
◆小松名物 塩焼きそば
http://www.sio-yakisoba.com/
 
 




 

小松うどん


ti_tk_komatuudon
(引用元:http://www.komatsuguide.jp/index.php/article/detail/udon/
小松うどんは江戸時代に、あの松尾芭蕉にも送られていたうどんで、小麦栽培が盛んだった小松市の名産品です。
近年では、ブランド化し小松うどんののぼりが市内のあちこちで見られ、70店舗に上ります。
各店では「小松うどん8か条」を満たした、美味しいうどんが食べられます。
 
◆小松うどん
http://www.komatsuguide.jp/index.php/article/detail/udon/
 
 
 
 
 

温泉も有名!


航空祭へ行った後は是非、温泉へ!


小松市には粟津温泉、お隣の加賀市には片山津温泉、山代温泉、山中温泉があり、それぞれ違った風情があります。
4つの温泉を総称して加賀温泉郷と呼ばれ、それぞれの温泉街の中心部に「総湯」と呼ばれる共同浴場があります。
20150923_0287
 
20150923_0263

中でも、加賀市の山代温泉は温泉街が整備され、明治時代にあったとされる「古総湯」を復元、新たに建てられた「新総湯」と向かい合わせになっており、2つのお風呂が楽しめます。
 
 
 
他にも、那谷寺や日用神社など、一押しスポットが沢山ありますが、また更新したいと思います。

小松天満宮 輪中堤の工事が進んでいます 2016.2

2016021900848

小松天満宮では輪中堤の工事が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900853

梯川が氾濫を起こす危険な川であるため、上流から下流まで堤防の幅を広げる工事が計画的に行われています。

梯川に隣接する小松天満宮も例外ではなく、堤防の幅を広げる計画の範囲内となってしまいました。

一時は、小松天満宮の移転も想定されましたが、国の重要文化財である小松天満宮の移転に反対の声もあり、全国では初めてのケースとなる、分水路を建設し、小松天満宮を輪中堤で囲む事業が行われています。

 

もし、増水した際も梯川の本水路と分水路で水が分散され、効率よく水が下流まで流れるような仕組みとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900849

赤い欄干の橋がかけられました。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900850

分水路の工事の様子です。分水路外側の堤防もほぼ完成しています。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900852

輪中堤の様子です。落ち着いた色のブロックで固めてあります。

 

 

 

 

 

 

 

2016021900851

分水路の深さはこんな感じです。写真左側の土の山を移動させれば、梯川の本流と分水路が通水されます。

今年完成予定です。是非珍しい方式で治水対策を行っている小松天満宮へお越し下さい。

(古い記事ですが2011年に訪問した記事がありました。画像が小さいですがよかったらどうぞ→http://kanamachigation.blog.fc2.com/blog-entry-56.html


雪の白山 〜小松市から〜 2014.3.11

白山を小松市の3つのポイントから撮影しました。どの白山がお好きでしょうか?



まずは、小松空港滑走路 ランウェイ24エンドからの白山
有刺鉄線がいかにも小松基地の近くという感じがしますね(笑)




白山の御前峰(2702m)です。
空気が澄んでたおかげで、中腹の木々までくっきり見えました。






山頂付近を精一杯のズームで撮影。
雪に覆われてます。





本当に空気が澄んでる(^^)






続いては、小松基地正門近くからの白山です。約50年前までは手前の田園は、「今江潟」でした。今江潟、柴山潟、木場潟が加賀三湖と呼ばれてましたね。
今江潟は全面干拓、柴山潟も半分以上干拓されました。
だから、ここから望む白山は穏やかな日だと今江潟に映ってさぞかし綺麗だったでしょうね。





カントリーエレベーターと白山。
まるで、JAのポスターに使用できそうな一枚(笑)





さて、最後は木場潟からの白山
こちらは、加賀三湖の中で唯一干拓されなかった潟となってます。
写真は白山眺望の最も定番スポットからですね。白山と言えば木場潟からのこのアングルな気がします。

木場潟の水面と低い山々、その上に雪を被った山々が連なり、最も高い位置に雪に包まれた白山が見える光景は、いつ見ても美しく、堪らないですね。





最後に、白山眺望視点場の看板と絡めて…

この看板の撮影時期と被っているので、そっくり同じ景色が楽しめました(^ ^)



また時間あったら撮影に行きたいと思います。


小松市 清水山 2014.2.13

今日は時間があるので、小松市の一等三角点清水山に来ています。


現地でブログ書くのは初めてですね(笑)


photo:01



小松市内を一望できます。
風がそよそよ吹いて少し寒いですが、また気持ち良かったりしてます。



今日は視界が良好なので白山市や加賀市あたりまで見えますね^ ^




photo:02

以上、清水山即席レポートでした。


iPhoneからの投稿

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。