北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兼六園の紅葉② 2012.11.10

続きです。




photo:01
黄金色に輝く雪吊り






photo:02
東山地区の街並みと紅葉






photo:03
金沢の冬の風物詩の雪吊り






photo:04
いや~綺麗ですね。雪吊りが始まると石川県民ならそろそろ雪が降る頃かと思ってしまいますね。






photo:05
日本最古の噴水と雪吊りのコラボ!






photo:06
前田の殿様もこの風景を見たのかな?






photo:07
アオサギ






photo:08
綺麗ですね。瓢池(ひさごいけ)という池です。奥に見えるのは翠滝(みどりたき)です。




さて…ここの池にいる有名な鯉といえば…








ハートの鯉ですよね!
photo:09

汐見橋から。鼻の赤い部分がハートに見えるとか。
写真では動きが速くて撮影が難しいです。






photo:10
イマイチ分かりませんね(^_^;)






photo:11
ハートの鯉と遭遇率が高い橋の上には沢山の人がいました。




これで金沢の紅葉特集2012は以上です。2週間のお付き合いありがとうございました!



ここで一つお知らせです!
■ブログは一旦お休み(短期休業)とさせていただきます。次の再開日は2012年12月4日以降とさせていただきます。ご了承下さいませ■


iPhoneからの投稿

スポンサーサイト

兼六園の紅葉① 2012.11.10

兼六園へやってきました。


photo:01
夕暮れ間近でしたが、なんとか閉園前に大量に写真を撮りました。時間の関係で山崎山は行けませんでした。






photo:02
夕日に輝くもみじ






photo:03








photo:04
霞ヶ池と雪吊りと。






photo:05
卯辰山と雪吊りが夕陽で輝いてました!






photo:06







photo:07








photo:08
もみじは色づき始めでした。





photo:09
蓬莱島の紅葉






photo:10
徽軫灯籠の紅葉!日が沈んだ後で暗くなっちゃいました。








photo:11
時雨亭ともみじ






photo:12
兼六園全景






iPhoneからの投稿

本多の森の紅葉 2012.11.10

美術の小径を上がり、本多の森の上側エリアへ来ました。




photo:01

シンボルツリー 本多の森の石川県立美術館や石川県立歴史博物館のある空間は2010年度にリニューアルされました。






photo:02

寝そべっての一枚。この目線で撮るのが好きなんです(笑)





photo:03

石川県立歴史博物館と紅葉。明治・大正期に造られた美しく重厚な赤煉瓦と紅葉は金沢の歴史を感じさせます。石川県立歴史博物館ももうじきリニューアルに向けた工事へ入ります。






photo:04

石川県立能楽堂前の3色カラフルに色づいていたので撮りました。石川県立能楽堂は全国初の公立の能楽堂として造られました。

日が傾くのが早く、少し暗くなってたので能楽堂等の写真は割愛させていただきます。






photo:05

金沢偕行社の建物です。






photo:06

お隣の陸軍第九師団庁舎と2ショット。






photo:07

紅葉の広坂通りです。まるで山の中をドライブしているみたいです。


iPhoneからの投稿

美術の小径の紅葉 2012.11.10

美術の小径は以前、ブログでも紹介したことがあります(詳しくは)






photo:01
シャッタースピードを遅くしました。







photo:02
落ち葉と滝






photo:03
撮影時は流量が多かったです。





photo:04
落ち葉も滝も美しいです!






photo:05







photo:06







photo:07
ここのツツジがもみじならば綺麗なのに…と思いましたが、ツツジの時期に美術の小径へ行ってみれば良いんだなと自分で勝手に結論づけました(笑)






photo:08








photo:09
幽邃な空気が漂いますね。金沢いい街です。
iPhoneからの投稿

松風閣庭園の紅葉 2012.11.10

松風閣庭園は江戸時代初期に、古沼と自然林を生かして作庭された庭園で、霞ヶ池の周辺には多くの大木が植生し、本多の森と一体の樹林を形成しています。この豊かな樹林を背景にして、蓬莱島を浮かべる霞ヶ池は、奥行きと広がりを感じさせ、静寂で深遠な庭園空間を構成しています。また、旧加賀八家本多町下屋屋敷跡に位置する庭園は、本多家ゆかりの松風閣が移築され、かつて辰巳用水から霞ヶ関に導水されていた水路跡を遺すなど、旧加賀八家筆頭本多家の威光を今に伝えています。(金沢市ホームページより)




photo:01

加賀百万石の前田家を支え、家臣としては日本最大規模の5万石を誇った本多家の庭園です。






photo:02
黄色に色づく木がアクセントですね。霞ヶ池に反射して美しいです。






photo:03
灯籠と庭園がマッチしてとっても美しいです。撮影時はまだもみじが色づいてませんでした。






photo:04
ベンチでもあればじっくりと眺めていても飽きなさそう。






photo:05
ススキと庭園がマッチします。四季折々の松風閣庭園を散策したいですが、冬季は閉園されるそうなのでご注意下さいね。






photo:06
松風閣と石庭。






photo:07
見て見る限り松風閣庭園は思ったより奥行きがないですね。それなのに奥行きにあるように見えるのが工夫されてますね。






photo:08
松風閣庭園のパノラマ






photo:09
陶芸工房もあり、辺りは良い具合に苔生してます。






photo:10
また来年訪れようと思います。

iPhoneからの投稿

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。