北の陸から-自然と街と建築と-

北陸を中心とした、日本各地の自然・街・建築を題材とした写真を撮っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大特集】金沢の公示地価 2016年

ついに、2015年3月18日、2015年1月1日現在の公示地価が発表されました!石川県の地価は上昇地点が55箇所(前年38箇所)、横ばい地点が30箇所(前年30箇所)となり、上昇地点が大幅に増えました!

(2014年3月の金沢の地価(公示地価)についての記事はこちら )



石川県内の平均地価は0.1%下落し、前年度より1.2ポイント回復しました。改善幅は全国1位となり、急速に地価が回復していることを示しています。

また、石川県内の商業地平均地価は前年比1.6%の上昇となり、石川県の商業地平均地価が上昇に転じたのは24年ぶりのことです。

全国平均では、0.1%の上昇となり、8年ぶりに上昇に転じました。原因としては、訪日外国人観光客の需要が高まったことや円安基調が追い風となり、三大都市圏や地方中枢都市や観光地でも地価の上昇基調が高まったことです。しかしそれらを除く地域ではおよそ7割の地点が下落しており、地価の2極化が懸念されています。

また、北陸新幹線開業効果が大きく表れ、全用途で金沢市が1.9%の上昇、野々市市が1.1%の上昇となりました。

そして、最も注目すべきは、七尾市の和倉温泉、加賀市の山中温泉、片山津温泉、山代温泉、輪島市の朝市通りでも地価が上昇し、統計を取り始めて初めて、地価が上昇に転じました!


 

 



では早速、金沢市中心部の各エリアの地価を見ていきます!

(私は不動産屋ではありません。個人の趣味なのでご了承の上、ご覧下さい)

地価は1㎡あたりの土地価格です。

町名 価格 (上昇率) の順に書きます。

 

 

【金沢駅 兼六園口(東口)】

DSC03897

 

DSC03992

本町2-16-16 (商) 770,000円 [+13.2%]

本町1-3-32 (商) 235,000円 [+17.5%]

安江町15-57 (商) 145,000円 [+13.3%]

 

◆概要

金沢駅兼六園口(東口)の地価は、1㎡あたり770,000円となり、前年と比べて90,000円も上昇しました。駅東口側は、従来より開発されている土地であるのと、大型の土地が無いことなどがあり、売り手市場が広がっています。最近では新幹線開業による店舗需要も高まり、小さな物件でもすぐに埋まる状況です。

この本町2-16-16の地価は、石川県内最高地点であると同時に、北信越地区でも最も高い地価となっています。新潟県最高地点との地価(545,000円)の価格差は前年の125,000円から225,000円へと拡大し、金沢駅前の地価が大きく引き離しています。金沢駅東口では、いずれも地価上昇率が10%を超えており、土地需要が非常に高いことがうかがえます。目抜き通りに面していない本町1‐3‐32や安江町15-57でも地価が13%~17%上昇しています。

オフィスビルも非常に高い需要があり、金沢駅周辺の空室率は10%を割り込んでいるそうです。世界情勢も安定しているなら地価はまだ伸びるとの予測です。

 

◆今後

  • 金沢百番街Rintoのリニューアルオープン効果
  • プレミスト金沢本町(マンション)の建設
  • 北陸新幹線の開業効果のさらなる持続
  • オフィスの空室率低下
  • フージャースホールディングスのマンション計画

金沢駅兼六園口は開発そのものは少ないですが、町家やテナントビルに多くの店舗が集積しました。そして、金沢ブームにより観光客もひっきりなしに通るエリアになり、魅力が非常に高まっています。飲食店もさらに増えていきそうですが、出店スペースが少ないです。そろそろ新たな計画が出てきても良いかと思います。

 

 

 

 

 

 

【金沢駅 金沢港口(西口)】

 

DSC03926

 

広岡1-1-18 (商) 450,000円 [+31.2%]

中橋町5-20 (商) 150,000円 [+17.2%]

駅西本町6-3-14 (商) 94,500円 [+2.2%]

西念1-15-22 (住) 107,000円 [+4.9%]

広岡1-14-19 (住) 134,000円 [+6.3%]

駅西新町1-23-22 (住) 75,500円 [+0.0%]

 

◆概要

金沢駅金沢港口(西口)の地価は、前年に引き続き、プチバブルの様相です。前年に地価の上昇率が全国1位だった、広岡1丁目の商業地では、地価の上昇率が31.2%と、全国23380箇所の調査地点の中で上昇率が7位となりました!前年の全国1位よりは劣りますが、上昇率は前年のおよそ2倍となる31.2%というバブル期並みの上昇率を記録しました。1年で1㎡あたり107,000円も上昇しています。

富山県内最高地点の富山駅前の桜町1丁目の地価458,000円と比べるとその差は8,000円となり、来年は富山県内最高地点よりも金沢駅西口が高くなる可能性があります。

それでも、金沢駅西口は1㎡あたり45万円と、駅東口の1㎡あたり77万円と比べて、駅からの距離がほぼ同じでも、土地に割安感があります。大きな土地も比較的あることから土地取引も活発で、新幹線開業前の開発ラッシュに続き、今後はNHKの移転や、JR社宅跡地開発、マンションと商業施設の複合ビルの建設(マストスクエア金沢)、国際ブランドホテルの誘致など開発が目白押しで、来年は現在より地価の伸び率が拡大する可能性もあります。

そして、今回は広岡の住宅地でも6%程度の上昇、金沢駅南側の中橋町でも17%の高い伸びを示しています。金沢駅を中心として地価の上昇が著しいです。旧来の住宅地が広がる中橋町で17%の伸びを示したことは新幹線効果を位置付けるものとなっています。広岡の住宅地の地価は石川県内でも有数の価格となってきています。

 

◆今後

金沢駅西口は、全国的にも屈指の土地取引の活発なエリアとなっています。

今後もまだまだ上昇が続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

【武蔵ヶ辻】

 

DSC02966

彦三町1-14-27 (住) 143,000円 [+4.4%]

武蔵町 1-15 (商) 550,000円 [+12.2%]

 

◆概要

武蔵ヶ辻の地価は大幅に上昇し、1㎡あたり550,000円となりました。北陸新幹線開業効果で近江町市場を中心として、連日人があふれる状態が続いています。観光客も近江町市場で海鮮丼を食べることがステータスのように訪れる割合も増えています。

彦三町の住宅地では、今年も住宅地の県内最高地点を維持しました。

 

◆今後

  • 北陸新幹線開業効果
  • 武蔵南再開発事業
  • 近江町市場複合ビル

武蔵が辻も金沢観光する際の中心となるエリアで近江町市場やめいてつエムザなど、大規模集客施設があります。

また、マンションと商業施設の武蔵南再開発事業や近江町市場の駐車場一帯を再開発する複合ビルの計画も検討中で、さらに賑わいあふれるエリアとなってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【香林坊】

 

DSC02914 

香林坊2‐4‐3 (商) 650,000円 [+8.3%]

 

◆概要

香林坊の地価は1㎡あたり600,000円となり、前年の上昇率5.3%より上昇幅が拡大しました。 香林坊は大和百貨店やブランド店が立ち並ぶエリアで、今春には、香林坊東急スクエアが開業予定でさらに賑わいが期待されるエリアです。新潟県最高地点の地価と比べると、去年は1㎡あたり45,000円香林坊の方が高かったですが、今年は95,000円に差を広げました。北陸最大の繁華街はまだまだ勢いがあります。

 

◆今後

  • 香林坊東急スクエアの開業 
  • プレミスト香林坊

今後の目玉は香林坊東急スクエアの開業です。香林坊109を大規模改装し、開業するもので、春と秋のリニューアルで全面開業となります。出店テナントによっては集客力が増大し、地価にさらなる好影響を及ぼしそうです。またプレミスト香林坊が完成予定でテナントの動向も気になります。富山県小矢部市のアウトレット開業の影響も想定したより受けておらず、地価も今後しばらく上昇するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

【片町】

 

20151010_0530

片町2-1-7 (商) 530,000円 [+13.2%]

片町2-24-11 (商) 308,000円 [+14.1%]

 

◆概要

片町2-1-7の地価は大幅に上昇しました!2014年には下落していましたが2015年には2.4%の上昇、2016年には13.2%の上昇と急回復しています!!

大幅に上昇に転じたのは、片町きららの開業効果でしょう。核テナントにはH&MとLOFTが進出し片町にも人が流れるようになりました。

片町はバブル期の10分の1以下まで地価が落ち込んでいたので、これから再び巻き返しを図れるのかが注目です。

 

◆今後

  • さらなる再開発の推進

片町きららに続く再開発の推進が急務です。実際に検討会が開催され、再開発に向けて動いているようです。

 

 

 

 

 

 

【竪町】

 

DSC03367

竪町30外 (商) 245,000円 [+11.4%]

 

◆概要

ついに、長年下落基調だった、竪町の地価も横ばいから急上昇しました!片町きらら開業で竪町商店街の歩行者も増えたような印象があります。

最近はブライダル店の出店が急増しており、竪町の新たな方向性に注目されます。

◆今後

・ホテル(2件)の開業

竪町にはホテルが2件開業することが予定されており、人の流れがさらに増えればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【観光地の地価】

住宅地の公示地価ですが、主に観光地としての需要が高まっているエリアも前年に引き続き上昇しました。

 

DSC02929

DSC04145

長土塀1-10-16 (住) 128,000円 [+3.2%]

東山 2-3-11 (住) 95,500円 [+6.1%]

 

◆概要

長土塀の地点は、長町武家屋敷から少し北へ行ったほうにある地点ですが、利便性も良く、観光需要もあることから上昇しました。同じく東山の地点も、ひがし茶屋街から少し北へ行ったほうにある地点ですが、観光需要とひがし茶屋街に近いことで取引価格が上昇しているのだと思われます。

◆今後

北陸新幹線開業後観光客が急増しているので今後も上昇するものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

*PICK UP!

北陸新幹線開業効果が石川県内各地に波及!!

20150923_0287

北陸新幹線開業効果で、地価の上昇は金沢にとどまらず、石川県の観光地でも見られました!

山代温泉 (商) 58,500円 [+1.7%]

山中温泉 (商) 57,500円 [+1.8%]

片山津温泉 (商) 24,500円 [+1.2%]

粟津温泉 (商) 34,500円 [+0.0%]

和倉温泉 (商) 51,000円 [+2.0%]

輪島朝市通り (商) 72,000円 [+1.4%]

 

DSC04549

これらの地点で横ばい・上昇したのは選定地点となって以来初めてで、特に輪島市、七尾市、加賀市で上昇地点が出現したのはおよそ25年ぶりのことではないでしょうか。北陸新幹線の駅があるのは現在金沢駅のみで、金沢ばかり好影響を受けているかと思いきや、県内全体へ波及していることがうかがえる結果となりました!

 

 

 

 

 

*今回の公示地価について

 

DSC03956

今回は、北陸新幹線開業効果が吉と出るか凶と出るか気になっていましたが、結果は金沢市中心部では上昇率が10%超え、駅西地区では上昇率が30%超え、石川県内でも24年ぶりに商業地がプラスに転じるなど、新幹線のすさまじい効果に圧倒されました。

そして、金沢駅東口が1㎡あたり770,000円となり、日本海側でもずば抜けてトップに君臨しました。そして、駅前のみならず中心部、特に片町や竪町で地価の上昇率が10%超えしたことには驚きました。去年は大型商業施設やアウトレットなど郊外で開業ラッシュが続きましたが、市街地は大きな影響はなくむしろ人が増えたような気がします。実際に、片町では片町きらら開業で人通りが増えました。香林坊でも香林坊東急スクエアの開業で人通りが現在よりも増える可能性はあります。

さて、今後も新幹線開業効果がどこまで続くのかはわかりませんが、できれば敦賀延伸、大阪延伸まで、この好調ぶりを維持したいものですね。

また、7月の路線価、9月の都道府県地価調査、来年3月の公示地価の発表が楽しみです。

 

 

 

 

ここまで読んでくれた方ありがとうございました。


スポンサーサイト

【大特集】金沢の公示地価 2015年

ついに、2015年3月18日、2015年1月1日現在の公示地価が発表されました!石川県の地価は上昇地点が38箇所(前年30箇所)、横ばい地点が30箇所(前年21箇所)となり、上昇地点と横ばい地点がさらに増えました。

(2014年3月の金沢の地価(公示地価)についての記事はこちら )



石川県内の平均地価は1.3%下落し、前年度より0.6ポイント回復しました。全国平均では、商業地が横ばいとなりました。原因としては、三大都市圏や地方中枢都市の地価の上昇基調が高まったもので、地方都市では依然、下落率が高い都市が多く、地価の2極化が懸念されています。

また、北陸新幹線開業を前に、金沢・富山での土地取引が活発でした。




では早速、金沢市中心部の各エリアの地価を見ていきます!

(私は不動産屋ではありません。個人の趣味なので、そのあたりをご了承ください)

地価は1㎡あたりの土地価格です。

町名 価格 (上昇率) の順に書きます。

 

 

【金沢駅 兼六園口(東口)】

DSC03897

 

DSC03992

本町2-16-16 (商) 680,000円 [+8.8%]

本町1-3-32 (商) 200,000円 [―(選定替え)]

安江町15-57 (商) 128,000円 [+3.2%]

 

◆概要

金沢駅兼六園口(東口)の地価は、1㎡あたり680,000円となり、前年と比べて55,000円も上昇しました。駅東口側は、従来より開発されている土地であるのと、大型の土地が無いことなどがあり、売り手市場が広がっています。

この本町2-16-16の地価は、石川県内最高地点であると同時に、北信越地区でも最も高い地価となっています。新潟県最高地点との地価(555,000円)の価格差は前年の63,000円から125,000円へと拡大し、金沢駅前の地価がずば抜けて高くなりました。町家が立ち並ぶ安江町でも地価が3%上昇するなど、周辺へと新幹線効果が波及しています。

新幹線金沢開業を見据え、駅前に1年間で居酒屋や飲食店が30~40店増えたそうです。そして、駅前の複合ビルポルテ金沢は、開業以来初の商業フロアが満室となり、オフィス空室率も低く大変好調であります。

◆今後

  • ファーストモータースが堀川町で飲食ビルを建設
  • プレミスト金沢本町(マンション)の建設
  • 北陸新幹線の開業効果
  • オフィスの空室率低下
  • 金沢百番街Rintoと金沢フォーラスの相乗効果

金沢駅兼六園口は開発そのものは少ないですが、北陸新幹線開業効果を最も受けることができるエリアで、金沢百番街Rinto増床の開業日と翌日で15万人以上を動員するなど商業面でも、金沢フォーラスとの2強となりそうです!飲食店も今後も増えていきそうですが、出店スペースが少なくなってきています。個人的には駐車場の集約化と、コインパーキングとなっている場所の開発を推進してほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

【金沢駅 金沢港口(西口)】

 

DSC03926

 

広岡1-1-18 (商) 343,000円 [+17.1%]

中橋町5-20 (商) 128,000円 [+8.5%]

駅西本町6-3-14 (商) 92,500円 [+0.5%]

西念1-15-22 (住) 102,000円 [+3.6%]

広岡1-14-19 (住) 126,000円 [+5.9%]

駅西新町1-23-22 (住) 75,500円 [+0.0%]

 

◆概要

金沢駅金沢港口(西口)の地価は、まさにプチバブルの様相です。広岡1丁目の商業地では、地価の上昇率が17.1%と、全国23380箇所の調査地点の中で上昇率が1位となりました!前年の広岡1丁目の地価も11.4%上昇しており、うなぎ上りに土地価格が上昇しています。それでも、駅東口と比べて土地に割安感があり、大きな土地も比較的あることから土地取引も活発で、昨年は北國銀行本店ビルホテルマイステイズ金沢JR金沢駅西第一NKビルが竣工、開業しました。加えて、大和ハウスのマンション2棟が竣工。そして、金沢駅西広場も完成し金沢駅西口の様子も激変したことは記憶に新しいと思います。

そして、今回は広岡の住宅地でも6%程度の上昇、金沢駅南側の中橋町でも8%の高い伸びを示しています。新幹線開業ということで駅から近いエリアは上昇率が高いですね。一方で、金沢駅とは少し離れた駅西本町や駅西新町では上昇基調はあまりないですが、ほぼ横ばいとなりました。

◆今後

まだまだ、金沢駅西口では建設ラッシュが絶えず、上昇率は緩やかになるかもしれませんが、地価の上昇はこの先もしばらく続きそうです。金沢駅西口の地価は上昇していますが、広岡1丁目の地価(343,000円)と本町2丁目の地価(680,000円)を比べてみると、駅から同じ徒歩圏内なのに対して、地価は金沢駅西口のほうがほぼ半値であることが分かります。この土地の安さから今後も土地取引において魅力的なエリアとなりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

【武蔵ヶ辻】

 

DSC02966

彦三町1-14-27 (住) 137,000円 [+3.0%]

武蔵町 1-15 (商) 490,000円 [4.9%]

 

◆概要

武蔵ヶ辻の地価は、昨年並みの上昇率を示し、1㎡あたり490,000円となりました。昨年春にル・キューブ金沢が開業し、昨年秋には、めいてつエムザにお土産店などを備えた新たな商業空間「黒門小路」が開業したことで、飲食店やお土産店がさらに増えました。

近江町市場では、昨年末からテレビ取材が毎日のようにあり、北陸新幹線開業により、観光客も近江町市場で海鮮丼を食べることがステータスのように訪れる割合も増えています。

彦三町の住宅地では、今年も住宅地の県内最高地点を維持しました。

 

◆今後

  • 北陸新幹線開業効果
  • 武蔵南再開発事業
  • 近江町市場複合ビル

武蔵が辻も金沢観光する際の要衝であり、北陸新幹線開業効果を直接受けることが出来るエリアであります。だから、賑わいを生むことによりさらに土地価格も上昇していきそうです。また、マンションと商業施設の武蔵南再開発事業や近江町市場の駐車場一帯を再開発する複合ビルの計画も検討中で、さらに賑わいあふれるエリアとなってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【香林坊】

 

DSC02914

 

香林坊2‐4‐3 (商) 600,000円 [+5.3%]

 

◆概要

香林坊の地価は1㎡あたり600,000円となり、久しぶりに60万円を回復し、前年より上昇幅が拡大しました。 香林坊は大和百貨店やブランド店が立ち並ぶエリアで、東急ホテルが昨年秋にブランドを格上げしたうえで改装オープンしました。新潟県最高地点の地価と比べて前年は8,000円の差で香林坊が僅差で抜きましたが、今年はさらに45,000円の差に拡大しました。北陸最大の繁華街はまだまだ勢いがあるようです。

 

◆今後

今後の目玉は先日報道された、香林坊109の大規模改装です。名称変更も視野に内外装をリニューアルするもので、出店テナントによっては集客力が増大し、地価にさらなる好影響を及ぼしそうです。またプレミスト香林坊では最高価格の1億円超の物件が完売し、まだまだ活気のあるエリアであることを感じさせます。富山県小矢部市のアウトレット開業でよっぽど影響を受けない限りは、地価も今後しばらく上昇するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

【片町】

 

DSC06285

片町2-1-7 (商) 468,000円 [+2.4%]

片町2-24-11 (商) 270,000円 [+0.0%]

 

◆概要

片町2-1-7の地価は下落から上昇に転じました!上昇に転じるのは約20年ぶりとのことで、長い暗闇からの脱却に期待を寄せています。上昇に転じたのはやはり、片町A地区再開発が進んでいることでしょう。片町A地区再開発は、ラブロ片町と周辺10棟の再開発で、地上5階建ての再開発ビルが建設されます。核テナントにはH&Mの進出が報道され、再開発ビルに注目が集まっています。

 

◆今後

  • 片町再開発ビルの開業

なんといっても片町再開発ビルの開業が期待されています。集客力がカギですね。そして、昼間のみならず夜の集客も欠かせません。片町復権に向けた起爆剤となって欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

【竪町】

 

DSC03367

竪町30外 (商) 220,000円 [+0.0%]

 

◆概要

ついに、長年下落基調だった、竪町の地価も横ばいになりました!テナントの入れ替わりが激しいものの、最近はブライダル店の出店が急増しており、竪町の新たな方向性に注目されます。

◆今後

片町再開発ビルの集客の流れを竪町ストリートに引き込むことが出来れば、地価も緩やかに上昇するのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

【観光地の地価】

住宅地の公示地価ですが、主に観光地としての需要が高まっているエリアも前年に引き続き上昇しました。

 

DSC02929

DSC04145

長土塀1-10-16 (住) 124,000円 [+2.5%]

東山 2-3-11 (住) 90,000円 [+1.1%]

 

◆概要

長土塀の地点は、長町武家屋敷から少し北へ行ったほうにある地点ですが、利便性も良く、観光需要もあることから上昇しました。同じく東山の地点も、ひがし茶屋街から少し北へ行ったほうにある地点ですが、観光需要とひがし茶屋街に近いことで取引価格が上昇しているのだと思われます。

◆今後

引き続き上昇していくものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

*PICK UP!

富山駅前でも地価が大幅に上昇し、富山県内地価最高地点に!

新幹線効果は、もちろん金沢だけではありません。全列車停車するJR富山駅前の地価は、前年比で大きく上昇しました!

 

DSC03618

 

桜町2-1-8 (商) 426,000円 [+7.8%]

桜町1-3-5 (商) 320,000円 [+3.6%]

桜町2-1-8の地点は、富山県内の地価最高地点ですが、前年の上昇率が2.6%上昇だったのに対して、今年は7.8%の上昇となり、土地価格も1㎡あたり30,000円余り上昇しました。

デパートや商店が立ち並び、富山市中心部の総曲輪地区の地価を見てみると、

総曲輪3-5-6 (商) 407,000円 [+0.0%

と横ばいでした。昨年度は富山駅前が1㎡あたり395,000円だったので、富山県内最高地点が総曲輪から駅前へと移転したことになります。そんな、開業に沸く富山駅前ですが、総曲輪地区でも複数の再開発事業が進行しており、来年、再来年からはその影響が地価にも出てくるものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

*今回の公示地価について

 

DSC03956

今回は、金沢駅西地区の地価の上昇率が顕著で、私の想像をはるかに超えていました。金沢駅西口が日本で最もアツいエリアになっていることは地方都市の疲弊が指摘されているこのご時世の中で、一地方都市の活況ぶりを届けられたのではないでしょうか。嬉しい出来事です。

そして、金沢駅東口が1㎡あたり680,000円、香林坊が1㎡あたり600,000円とどちらも高い上昇率で健闘していますね。普通、駅前が発展すれば旧来の中心部は衰退の一途をたどりますが、香林坊の地価上昇率を見て一安心です。今年は、コストコにアウトレット、イオンモールの大規模商業施設にラスパ白山やフレンドマートなどの中規模商業施設と開業ラッシュを迎えます。これらにどのように対抗していくのかも注目されます。実際に、片町では再開発ビル開業、香林坊では109大規模改装と対抗策はあるので、十分に効果が発揮されればと思います。

前年は消費税増税の影響が懸念されましたが、地価には何ら問題はなかったと言えるでしょう。今後も新幹線開業効果が続けばと思います。

また、7月の路線価、9月の都道府県地価調査、来年3月の公示地価の発表が楽しみです。

 

 

 

 

 

ついつい力が入ってしまい、久しぶりに記事の制作時間も伸びてしまいました(笑)

ここまで読んでくれた方ありがとうございました。


【特集】金沢の地価調査結果から見る7つのポイント 2014年9月


9月下旬、都道府県地価調査が発表されました!(公開が2ヶ月遅れてすいません(笑))

石川県の地価は上昇地点が39箇所、横ばい地点が37箇所となり、上昇地点と横ばい地点がさらに増える結果となりました。

(2014年3月の金沢の地価(公示地価)についての記事はこちら )



石川県内の平均地価は1.8%下落し、前年度より0.9ポイント回復しました。



金沢市中心部の地価について注目すべき点を今回は7つ紹介します。

(私は不動産屋ではありません。個人の趣味なので、そのあたりをご了承ください)

公示地価調査の時は特集記事を書いてますが、都道府県地価調査は去年も書いていないのでさらっと書きます。

 

1.金沢駅西口の商業地地価の上昇率が全国1位!!

まずは、金沢市史上初?の商業地地価上昇率が全国で1位になった場所がありました!!

P9140831

P9140812

そう、金沢駅西口です!!!

広岡1-1-18 315000円(15.8%)(商業地地価上昇率全国1位)

西念4-18-40 163000円(+5.2%)

広岡2-4-10 115000円 (+8.5%)

駅西本町1-14-29 220000円(+7.3%)

 

金沢駅西口は2015年3月14日の北陸新幹線金沢開業を見据えて、土地取引、オフィスビル、ホテル、マンションの建設が相次いでいます。

北國銀行新本店ビルホテルマイステイズ金沢JR西日本金沢支社の駅西地区への支社移転、大原学園の中心部からの移転、NHKの大手町からの移転複合商業ビルの建設など、話題が絶えない地区です。今後もさらに開発が進んでいくことでしょう。

金沢駅西口の魅力は、金沢駅西口が金沢駅東口に比べて土地代が半額という点にあります。金沢駅西口はかつてはレンコン畑や田園など、のどかな風景が広がるエリアでした。金沢駅高架化を見据えた土地区画整理事業で、金沢駅西口が1990年代に入って開設されました。バブル期には金沢駅西地区においても様々な計画・構想がありましたが、バブルがはじけるとともに開発計画が白紙になり塩漬け状態の土地がたくさん残りました。

近年まで金沢駅西口すぐにパチンコ店が出店していたり、高層ビルが建つ気配がなく、金沢駅東口のリニューアル後は新幹線を見据えて整備された金沢駅西広場も古めかしく見えていました。”駅裏”という印象が強かったように感じます。

状況が変化し始めたのが、金沢駅西広場の再整備が発表されたあたりからです。2012年ごろから建設計画が相次ぎ、凍結していたビルの建設も再開し、現在では駅裏という印象がなくなり、新都心へのゲートという印象が強くなりました。今後も売り手市場が続きしばらくは上昇すると思います。

 

 

 

2.金沢駅東口の地価が北信越地区において2年連続の最高価格に!

金沢駅西口の上昇率もびっくりしましたが、金沢駅東口の地価上昇率も驚きました。

063

182

本町2-16-16 655000円(+7.4%)

此花町8-8 235000円(9.3%)

 

金沢駅東口の地価も引き続き上昇。新幹線開業を見据えて開発しようと思っても売土地が見当たらない状況だそうです。極めて需要が高いのに対して供給がないために地価が上昇し続けています。

だから、駅前の本町のほかにも駅周辺の此花町でも高い上昇率となりました。

数年前までは新潟駅前が北信越の地価最高地点でしたが、現在では新潟駅前と1平方メートル当たり9万円の差をつけて1位になっています。独走状態ですね。

今後は、金沢都ホテルの動向が気になるところですね。数か月前の地元紙には建て替えや売却などは考えていないというようなことが書かれてましたが、そろそろ建て替えの時期だとも思います。

仮に売却となれば、過去に前例のない超1等地の土地取引になりますね。なんて妄想。

 

 

 

3.南町の地価がついに下げ止まり!

705

南町5-16 320000円(+0.0%)

ようやく南町が下落から横ばいに転じました。

北陸随一のオフィス街である南町はリーマンショック後、CBREが調査するエリア別オフィス空室率調査で全国トップの空室率となりました。現在は空室率は改善されてきているものの比較的老朽化したオフィスビルがたくさんあるので、金沢市の平均空室率の数字をあげる結果となってます。

ここで注目してほしいのは、今回商業地地価で全国トップの上昇率を記録した広岡の地価との比較です。

広岡1-1-18 315000円(15.8%)

南町5-16   320000円(+0.0%)

となり、1平方メートルあたりの価格がいよいよ、金沢駅西地区が逆転しようとしています。

明治時代から銀行が立ち並びオフィス街へと発展した南町から、レンコン畑が広がっていた場所から区画整理され金沢の新都心・副都心へと発展している駅西地区の広岡へ、地価までもがこの勢いでは逆転しますね。過去に  進む 南町→駅西シフト!その1 進む 南町→駅西シフト その2 を書きましたが、さらに駅西シフトが現実味を帯びてきました。

果たして、今後はどうなるのでしょうか。

 

 

 

4.香林坊の地価が引き続き上昇!

355

香林坊2-4-3 580000円(+3.6%)

香林坊では引き続き地価が上昇しました。最近では駅前の地価上昇が顕著な中、中心市街地でありながら地価が上昇し続けています。

最近では香林坊大和にアーバンリサーチが出店するなど話題ですね。付近ではマンションも建設中です

香林坊は金沢駅-武蔵が辻-香林坊-21世紀美術館-兼六園へのバス歩行者動線の中心を担っているため、観光客需要もあるのだと思います。中心市街地が人が減りがちですが、近年は裏通りを中心に町家や古い建物を改装した素敵なお店が増え、無機質な郊外型商業施設との差別化も図れていると思います。

 

 

 

5.広坂の地価が上昇に転じる!

120

広坂1-1-48 330000円(+3.1%)

広坂の地価もいよいよ上昇しました。こちらも観光客需要がありますね。新幹線開業後はさらに観光客が増え、広坂通りの歩行者数も増えることでしょう。

 

 

 

6.石川県内住宅地地価最高地点が彦三町から本町へ!

P7120702

(住宅地)本町2-3-29 137000円(+5.4%)

(住宅地)彦三町1-14-27 135000円(+3.1%)

こちらも注目すべき点ですね。

去年、住宅地の調査地点に新たに本町が加わったことから、これは来年に逆転するな、と思ってたら案の定逆転しました。どちらも地価が上昇していますが、より金沢駅に近い本町の地価のほうが上昇率は顕著でした。

商業地・住宅地の地価最高地点の変遷を見てみると

商業地 片町→香林坊→本町

住宅地 石引→彦三町→本町

どちらも次第に金沢駅東口へと移動しているのが分かります。

地価からみるその土地の価値というのは中心市街地から駅前へシフトしていますね。

 

 

 

7.片町の地価は相変わらず下落

P9140854 

片町2-24-11 269000円(-1.8%)

片町2-24-11の地価は平成4年に前年比31.2%の上昇、平成5年に前年比2.8%の上昇を記録して以来、20年以上にわたり地価が下落または横ばいです。

片町の復権へのカギはなんといっても片町A地区再開発(ラブロ片町再開発)でしょう。

しかし、再開発で期待を裏切るようなテナント構成だと、新しいもの好きの石川県民は一度訪れて二度と来ないということもあり得るので、再開発のテナント次第で賑わいも大きく左右されると思います。

 

 

 

以上、2014年9月に発表された都道府県地価調査(2014年7月時点での地価)から見た金沢市についてのレポートでした。


【大特集】金沢の公示地価 2014年


ついに、公示地価が発表されました!今年はなんと!上昇地点が30箇所(前年8箇所)、横ばい地点が21箇所(前年14箇所)となり、アベノミクス効果が土地価格に現れるようになりました!上昇箇所が大幅に増え、下落率が随分縮小しました。
(
去年の金沢の地価はこちら)



石川県内の平均地価は2.2%下落し、前年度より1.2ポイント回復しました。三大都市圏では地価の平均価格が6年ぶりに上昇に転じ、全国的にも大幅に下落率縮小しました。





そして、金沢市内の地価について。地価発表直前の個人的な推測としては、
・金沢駅西口、東口は5%の上昇
・武蔵ヶ辻は2%上昇
・香林坊は3%上昇

・片町は横ばい
・竪町は1~2%下落

という予測をしてましたが、予想を遥かに超える結果となりました!
金沢駅西口→11%上昇
金沢駅東口→6%上昇
武蔵ヶ辻→4%上昇
香林坊→5%上昇
片町→1%下落
竪町→4%下落
(小数点以下は四捨五入しました)

金沢市中心部は私の予想を遥かに上回る地価上昇を記録しました!



では早速、金沢市中心部の各エリアの地価を見ていきます!


9月発表の地価基準点と異なるので若干違った結果となっている場所もありますがご了承ください。


自分なりの分析をしてあります。
私は 不動産屋じゃない のでもちろん間に受けないように趣味の範囲内でやっていることをご了承下さい。



地価は1㎡あたりの価格です。

町名 価格 (上昇率)

の順に書きます。





■金沢駅前(東口)■

photo:01

photo:12

{E63EE8FB-1C51-4AA4-A59A-5D8E4D26E128:01}




本町(商) 625000円 (+5.9%)


◎概要
金沢駅前の地価は62万5000円となり、2007年の61万円を上回る大きな上昇となりました!前回の上昇率6.3%には及ばなかったものの、およそ6%の上昇率なので依然と高い伸びです。

そして、新潟市の地価最高地点をさらに引き離した格好になります。

金沢駅東地区において前回調査引き続き需要が供給を大きく上回り、売手市場となっているため地価が大きく上昇しました。オフィス空室率も10%を切ってます。

さらに、マンション価格も金沢駅周辺の中古マンションを購入すると数年後には購入時よりも売却価格が上昇した、なんて事例も聞かれるようでプチバブルの様相ですね。

今後も新幹線開業まではとりあえず地価は安定的に上昇しそうです。

投機的な取り引きも今後は増えていきそうです。



◎好材料(最近の動き・今後の動向)
・プレミスト本町の計画浮上NEW
・百番街rinto拡張予定
NEW
・金沢駅コンコースリニューアル予定NEW
・金沢百番街おみやげ館あじわい館改装(~8月)
・北陸新幹線金沢駅舎外観完成
・オフィスの空室率10%前後で推移
・2014年3月北陸新幹線金沢開業

今後もマンション建設や北陸新幹線開業に向けた金沢駅大改造(商業施設の改装・増床)が行われる予定で、好材料が尽きませんね。






■金沢駅西■

{B9394FBE-0322-491B-8017-7774AB1AEAFC:01}


{7A2E5AD0-7AC3-4F48-B125-F8391F71AE7E:01}
広岡(商) 293000円(+11.4%)
広岡(住) 119000円 (+3.5%)
西念(住) 98000円(+3.7%)



◎概要
駅西地区は前年に続き、金沢市中心部の中で県内外の投資家から最も注目が集まっている地区で、地方都市の中でも指を数えるほどの開発ラッシュでまさに「バブル期」と同じような盛り上がりを見せてます。

そのため、広岡1丁目の商業地の上昇率は+11.4%となり、全国5833地点の商業地のうち全国4位、地方圏の商業地上昇率は全国1位になりました!!

1年前のブログで、『地価も安定的に上昇し、数年後には1㎡あたり30万円を超えることもあるかもしれません。』と書いたのですが、1年で29.3万円となり数年後どころかあっという間に30万円超えをする事はほぼ確実ですね。

そして、住宅地も大変人気です。大和ハウスが建設した、「プレミスト金沢駅西口」「プレミスト金沢駅西口Ⅱ」はいずれも販売開始から2~3日で売り切れる大人気ぶりで、大和ハウスが今年度分譲したマンションの中で2~3日で完売した物件は金沢駅西口の2棟のみだそうです。

さらに、ホテルやオフィスも建設ラッシュが続いています。(金沢駅西口ホテル建設ラッシュ!)
金沢駅までの距離が東口も西口も変わらないのに金沢駅西口の土地は金沢駅東口の地価に比べて半分以下の価格で買えるのが魅力的です。そして大きな土地も余っているので、建設ラッシュが続いています。

今後もさらに地価が上昇していくと思われます。



◎好材料(最近の動き・今後の動向)
・北鉄と大和ハウスの複合商業ビル建設計画(ABホテルと立体駐車場)
NEW
・金沢駅西口 愛知県の事業者のマンション建設計画NEW
・金沢市が駅西暫定駐車場に外資系ホテル誘致を視野NEW
・JR社宅跡地医療ビル建設予定NEW
・広岡2丁目ビル 凍結解除 複合ビル建設再開NEW
・高田産業が長田町にホテル建設NEW
・金沢駅西広場 全体供用 (春竣工予定)
・北國銀行の新本店ビル (秋竣工予定)
・JR金沢駅第3NKビル (春竣工予定)
・JR社宅跡地再開発
・北陸新幹線金沢開業
・NHK金沢放送局移転計画
・プレミスト金沢駅西口 (建設中)
・プレミスト金沢駅西口Ⅱ (建設中)

本当に計画目白押しで、いろいろ書きたいのですが書ききれないのでこのくらいにしておきます。(
http://s.ameblo.jp/kanamachi21/entry-11781586155.html)




■武蔵ヶ辻■

photo:03

{00E52145-B167-413D-93FB-48E9E23C7F76:01}



{526018B8-F513-4186-AD98-889765EB49D2:01}

武蔵町(商) 467000円 (+4.2%)
安江町(商) 124000円 ( 0.0%)
彦三町(住) 133000円 (+3.1%)

玉川町(住) 141000円(+2.2%)

◎概要
武蔵ヶ辻エリアでは、4月中旬に「コメダ珈琲店」、5月中旬に「餃子の王将」、秋には「すしざんまい」がオープンし、地価が横ばいから上昇に転じました。

さらに、商業・マンション・事務所の複合ビル「ル・キューブ金沢」が今春開業するのでその期待感もあるかもしれません。

ル・キューブ金沢 は献血ルームがラブロ片町から移転し、居酒屋、整体、レストラン、和菓子、雑貨、食品など様々なお店が出店予定です。

まだ武蔵ヶ辻はポテンシャルが高いので今後も上昇傾向になるのではないでしょうか?

さらに、彦三町は住宅地の地価で石川県内トップになりました。金沢駅から近く近江町市場にも近いので、周辺エリアは衣食住揃った利便性がかなり高いエリアになってます。

玉川町では、北陸エリア初展開の業者によるマンションが着工し、首都圏の方々の移住需要もあるそうです。特にセカンドライフとして移住してくるようです。


◎好材料(最近の動き・今後の動向)
・ル・キューブ金沢 今春開業NEW
・武蔵南地区で再開発計画浮上
NEW
・フージャースコーポレーションが玉川町に「デュオヒルズ 金沢玉川町」を建設中
NEW
・ファーストモータースが尾張町に「ファーストレーベン近江町」を建設中NEW






■香林坊■


{E40FD915-36E9-4D3C-96F1-69054C83BFD3:01}




香林坊2丁目(商) 570000円(+4.6%)


◎概要
香林坊でビームスやジャーナルスタンダードがオープンした効果がまだまだ続いているそうです。そして去年6月には香林坊で13階建てのホテルが開業し、周辺が洗練されたエリアに一変しました。今後も地価の上昇が続くと予想しています。

地価上昇率は4.6%と依然高い伸びを示しており、新潟市の地価最高地点の新潟駅前562000円/㎡を超え、中心部でも新潟の地価を逆転する結果になりました。


先日、尾山神社と金沢城をかつて結んでいた鼠多門と鼠多門橋の復元の計画をするという発表がありました。

{C7C8667D-25A0-49DF-8D7E-DB3F26B16025:01}


勝手に落書きレベルで作成した画像ですが、かつて右側に鼠多門があり尾山神社と金沢城が橋で結ばれてました。復元されれば長町~尾山神社~金沢城~兼六園という新ルートが誕生し、香林坊にも好影響が出るのではないでしょうか?

そして、大和ハウスが新たに「プレミスト香林坊」を建設すると発表し、低層階は商業施設となります。金沢のランドマークにしたいと意気込んでいるのでテナントも気になるところです。


◎好材料(今後の動き)
・香林坊アトリオ北國銀行跡地開発?NEW
・プレミスト香林坊 (計画中)NEW
・金沢商工会議所 (建設中)
・南町パーキング 竣工
・玉泉院丸庭園整備(することにより、動線が変わる可能性も)
・中央公園再整備事業 完了







■大手町■

photo:06



大手町(商) 141000円(+2.2%)


◎概要
大手町は商業地ですが、優良住宅地として人気が出ています。前年に引き続き2.2%の上昇でした。今後も2%前後の安定的な伸びが期待できそうですね。







■片町■

photo:07



片町2丁目1-7(商) 457000円(-1.1%)
片町2丁目24-11(商) 270000円(-2.5%)



◎概要
片町は前年に引き続き下落となりました。
下落率は縮小しましたが、香林坊の賑わいが片町まで波及していないようです。
しかし、ラブロ片町が閉店し再開発事業が新年度から本格化されます。完成イメージ図も発表され、着工されれば期待感も出てくるのではないでしょうか?


◎好材料
・片町A地区再開発事業 本格始動 
NEW







■竪町■

photo:08



竪町(商) 220000円 (-3.9%)


◎概要
竪町も下落しました。そして、下落率は前年より0.1ポイント悪化。東京ストアーやユザワヤが閉店、跡地の活用は未だに出来ていません。特に竪町入り口は老朽化ビルが多く、客も遠のいている感じがします。
しばらく大きな開発が無い限り地価は下落傾向が続くでしょう。


◎好材料
・タテマチハーバーの集客NEW
・竪町で複合ビルの検討?
◎懸念材料
・テナントの入れ替えの激しさ






*その他の地価上昇スポット(金沢市)*

・長土塀(住)
121000円(+1.7%)

photo:09

・東山2丁目(住)
89000円(+1.7%)

photo:10


◎概要
どちらも、観光地需要が高まって地価上昇に繋がりました。特にひがし茶屋街では、飲食店等の出店が続いています。最近は町家を改装したお店開業が人気ですね。
そして、数年前より賑わいが増し、新幹線開業で今後も上昇するエリアだと思います。



*今後の注目?スポット*

「野々市市」

金沢のベッドタウンは魅力的?

◎概要
野々市市は2010年の国勢調査で5万人超となったため2011年11月11日に市制施行されました。

野々市市は高齢化率15%、人口増加率2.66%で全国1位、全国住みよい街ランキング2位など、若者が多く活気あふれる街になってます。

そして、住宅地の地価は0.2%上昇し、石川県内の自治体では16年ぶりに上昇したそうです。

今後もイオンが出店計画するなど金沢のベッドタウンとしてロードサイドが賑やかになり住みよい街になって行くことでしょう。





*今回の公示地価について*

photo:11

今回は私の予想以上の良い結果でした。まずは、広岡1丁目の地価の11.4%の伸びは驚かされました。去年、「来年は金沢駅前の地価上昇率が2008年以来の10%超えになるのかならないのか楽しみです。」と書きましたが、現実になっちゃいました。
地方の商業地で上昇率がトップだったことは地方で最も注目されたエリアということでしょう。
金沢駅周辺では路線価の3倍の値で取り引きされることもあるそうなので、金沢駅周辺は新幹線バブルが再熱しています。全国ニュースでも金沢駅西口が報道されていました。今後も投資家の注目を浴びるエリアになるでしょう。
そして、金沢駅前の地価が大幅上昇し2007年を超える地価となったこと、香林坊の地価が新潟の地価最高地点(56万円)を抜いたことが金沢の活気を物語っていると思うのです。土地は生き物です。地価は街の賑わいの指標の一つとされています。
新幹線開業後も開発の継続をすることにより地価は緩やかに上昇していくことでしょう。

消費税増税の影響が心配ですが、影響が少なかったら今回と同様な上昇率を示すのではないでしょうか?



そしてまた2014年9月の基準地価、来年の公示地価発表が楽しみです。





ここまで読んで下さった方ありがとうございました。



iPhoneからの投稿

【大特集】金沢の再開発 2014 後編

続きです~

前編及び、全体版はこちらからご覧になれます!アクセスお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
金沢の再開発 2014 全体版 http://blog.livedoor.jp/kanazawacom/archives/35354340.html




「勝手に大胆に2013年を予想」の結果!

金沢百番街おみやげ館改装で一部店舗がコンコースに移転?
→今年移転予定

金沢地方裁判所の竣工により総ガラス張りの庁舎が桜の新名所に?
→ガラス張りの建物と桜が見事に合い、個人的には新名所に(笑)

画像1



再開発により金沢市中心部にタワークレーンが最大5~6本に?
→通算だと、ル・キューブ金沢、北國銀行、プレミスト×3、大原学園、ホテルトラスティ金沢香林坊、だから6本でした!同時には建たなかったですけどね(^_^;)
画像1


ラブロ片町再開発の概要が固まる?
→商業・公益施設になるという概要が固まり、特定業務代行方式で進められることも決まりました!

金沢駅周辺で更なるマンション開発情報がでる?
→金沢駅東口で済生会金沢病院跡地が大和ハウスのマンションとなる事が新聞で報道されました。

金沢駅周辺のオフィス空室率が1桁に?
→金沢駅周辺のオフィス空室率は一時、9%台となりました!その後は2次空室などで10%~11%でしたが、依然として低い空室率でした。

NHK移転の概要が固まる?
→NHK金沢放送局の竣工までのスケジュールが判明しました。さらに土地の売買も行われました。

香林坊アトリオに主力路面店誕生?
→うーん…残念。こちらは、今年の予想に持ち越したいと思います(笑)

香林坊、金沢駅前では地価が更に上昇?金沢駅西でも地価が上昇に転じる?
→香林坊では地価が5%以上上昇し、金沢駅東口は県庁所在地の中で最も高い上昇率を示し、地価で新潟駅前を抜き、北信越で最も地価が高い地点となりました!金沢駅西口でも好立地のエリアは5%ほど上昇しました。
画像1


まともに当たったのは9つ中、5つでした!正答率55%でした~










さて今年も、
「勝手に大胆に2014年を予想!」

・金沢駅周辺や香林坊の地価がさらに上昇⁉武蔵ヶ辻も横ばいから上昇へ⁉

・駅西口が建設ラッシュ、次々と竣工し、金沢駅西口の景観がガラッと変わる⁉

・金沢駅周辺でさらにマンション建設構想浮上⁉

・香林坊アトリオに主力路面店誕生⁉

・しいのき迎賓館と中央公園が一体となったイベントの開催へ⁉

・ラブロ再開発の完成イメージ図発表⁉同時に核テナントも⁉

・金沢駅周辺で新たな再開発プロジェクト浮上⁉

・オフィス空室率はさらに減少、特に金沢駅周辺では去年に引き続き需要が高まる⁉



あくまでも勝手な予想です。特に金沢駅周辺は変貌を遂げそうで楽しみです。


最後になりましたが、今回の記事に画像転載を許可してくださった サーティワン さん は 「金沢みらいnavi」というサイトを運営しています!
金沢を中心としたグルメ情報や温泉情報など盛りだくさんで、見ているだけで楽しめるサイトとなっています!
ぜひ、金沢みらいnavi にアクセスを(^^)
http://www.kanazawa-mirainavi.com/


画像1

今年も良い年になったらいいですね\(^o^)/


iPhoneからの投稿

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。